見出し画像

メンヘラを拗らせた結果こぼれた本音が大問題で泣いた話

ある日。

ようやく家族と正面から話をする事ができた。
お互いに話すことを避けていたし、私はもう正常とは思えない精神状態。
家族もこれはいけない、と切り出してくれた。

「夜は眠れないし、一度眠ったら起きられない。起きた時はいつも悪夢の記憶がある。極め付けはいきなり涙出てくる」現状をボソリと伝えた。

今これを書いている瞬間も実は辛い。(本当は、私こんなんじゃないのに・・・いや、でも私が今こういう状態なのは事実で・・・認めることから始めるとはこういう状況のことなのかもしれない。)


病院へいこう、と言われながらも行きたくないと落ち込み
仕事探してるから、といいながら涙があふれてきて
ずっとこの状態を「わたし今メンヘラヤベェ」なんて自虐してたけどもう笑えないところまでこのジョークは使い果たしていた。


「男の人と一緒に仕事する事がいやだ・・・」

ずっとずっと心に引っかかっていた言葉が出てきた。認めてはいけないような気がしてどうにか押し込んでいたのに、ついに言葉となって私の外へ出てきてしまった。


前職で、嫌な思いはした。でも体を触られたりするといった類の嫌な思いはしていない。
友達が、っていう距離でそういうセクハラを受け会社をやめた人がいるくらいだから「私なんか」って頭ではわかってる。
自分よりひどい、嫌な思いをした人、している人なんて万といる。


でも、職場に男の人がいるのか、面接をしてくれる人が男だったら嫌だな、と考えるだけで嫌で嫌で仕方がなくて26歳にもなってお母さんの前でボロボロ涙が止まらなかった。


「あんたよりひどい思いしている人いっぱいいるでしょう」
わかってる。わかっていても、社会に戻る恐怖に泣いちゃう理由はそこなんだ。
無理だと思い距離を取り、それから拒絶に至った。私の閾値(シキイチ)は世間では我慢するべきだというレベルなのかもしれないけれど、そういうのは測り用がないのだ。


「どうしよう」
答えのない恐怖に落ち込む
でも銀行の残高を見ればさらに落ち込む
「どうしよう」


男性恐怖症、ってわけじゃない。恋愛だってこれからしていきたいと意気込んでいるし、今現在仲良くしてくれている友人や先輩の事だってとても大切だ。


だから、私は今普通じゃないのだ、と理解した。
だっていま、誰とも連絡が取りたくなくて、外に出るのも面倒になって、LINEの通知は溜まる一方だし、SNSのログインもほとんどできていない。
好きな人たちの拒絶を始めようとしている自分を急いで羽交い締めにした。

いまの私は間違っている。でも行動が伴わない。
ああどうしよう、とまた泣きべそになる事が情けない。
でもこうやって情けないとかって自分を追い詰める事が今の私の心にはよろしくないというのでしょう?
そういう思考が病気だというのでしょう?
私はどこで間違った、どうやって起動を修正したらいいのだろう。
夜ベッドに入ったらぐっすりと眠って悪夢の記憶がない朝を迎えたい、ああ眠たい。


迷惑をかけている、謝らないと。
そう思うと心が焦り、今日こそは連絡をしないとっていうのを繰り返して繰り返して、連絡をできていない人たちがいる。誰も悪くないのに、だ。前の会社の約2名が悪いだけなのに


こんないっ時の心の風邪で、今日まで築き上げてきたものは砂でできていたのではないかと思うほどサラサラと風で飛ばされていっているような妄想が走る。


こういった思考の、マイナスループって無限だ。有名作家になれるんじゃないかと思うくらい止まらないネガティブワールドだ。


喉のあたりにつっかえた大きな空気の塊が、時々吐き気を催す。
吐き気の圧で涙腺が刺激される。
涙を堪えると喉の奥が熱くなる。


ようやく、現状を言葉にできた。
こうやって言葉にできるようになると、状態は改善しているとTwitterでみた。


だからね、この前小さな会社なんだけど、女社長で社員も女性しかいない会社の面接を受けてきたんだ。まだ結果は来ていなくて、期待するとこれもまた心臓に悪いから何も考えないようにしているのだけれど。


このリンク先が届いた方々へ。
本当にごめんなさい。言い訳文です。言い訳がましいですが、言い訳させて欲しい状況でした。本当に、ごめんなさい。
次の仕事が決まったら、また一緒にご飯に行ったりしてくれると嬉しいです。


大丈夫、私は自分の心が弱いということを元々知っていたから、大したことではない。メンヘラを拗らせただけ。ちょっと泣ける映画とか泣ける本とか読んで、溜まってる涙液絞り出して、落ちたぶんまた、這い上がるだけ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

フォトエッセイ充実のために広角レンズ購入に使わせていただきます。2020年中がもくひょう。

今日一日がハッピーになりますように。
7
1993年うまれ。本を読んだり書いたり、カメラを持って旅をしたり、どこかの体育館でバスケをしているただの人。 ブログhttps://sorano123.hatenablog.com/