見出し画像

Shabasana

インフラを声で🎤支えるアナウンサー・ヨガ講師の奥窪峰子です。

Shabasana シャバアサナ 屍のポーズ 

ヨガは、このポーズに始まり、

このポーズに終わります。


全身の力を抜いて、少し離れたところから

自分を見つめる姿勢です。 

睡眠の一歩手前のリラックス。


ときに激しい感情や、身体の萎縮に、

どんな風に動けば、楽に力が抜けて、

心地良くいられるのか?

Asanaアーサナが、肉体の動きのなかで、

心の静かさをみつけるのなら、

Shabasanaは、動かずして、心静かに、眠らずに

ただ呼吸を続ける‥

深いポーズです。


起こることは、起こること!

環境や、相手のせいにしたくなる気持ちを、

我慢するのではなくて、

それはそれとして、

怒っている私や、悲しみにうずくまる私、

自分のなかにある火種から、

離れると決意できる私に気づくこと。

反省や自責などは、必要ありません!

たとえ激情にあふれようが、

動かない屍の姿勢で残された

自分の心のなかに、

安心のスペースを作り続けること。

愛はスペースです。

上体を起こしても、

心持ちが変わらず生きていけるように、

毎日、練習、練習、ですね🧘‍♀️




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ナマステ🙏
5
インフラを声で🎤支えるアナウンサー 奥窪峰子です。(元NHKキャスター)   神戸でレスキュー隊にヨガを教えています。 インド・ヨガアーユルヴェーダ省の設立に伴い、国家資格を取得(日本初&世界2例目)。   公開待機中の多国籍な映画に出演。 全てのきっかけは、登山⛰
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。