見出し画像

マクドナルドで物価調査|世界一周食べ歩きの旅7日目@ポートランド

きのうは深夜3時まで日本との会議があり、そのまま意識を失うように眠りについたポートランド生活も、気がつけば7日目。

今日は月曜日ですが、こちらではレイバー・デー(Labor Day)という祝日でホテルの朝食会場が賑わっていたので、そそくさと必要なものを取ってきてお部屋でモーニング。

日本みたいな白い食パンはアメリカやヨーロッパにはありません。


1. 鉄道ストライキで旅程がぐっちゃぐちゃに


今日は朝からずっと雨模様なので、ホテルの部屋にこもって、この先の旅程調整をすることに。

次の目的地であるニューヨークは予定通りであることを願うばかりですが、ニューヨークのあとに2週間滞在するイギリスが、鉄道ストライキの影響で組んでいた予定がぐっちゃぐちゃに!

ロンドンからスコットランドのエディンバラまでは何とか予定通り北上できるものの、エディンバラからマンチェスターとリバプールを経由してロンドンに戻る鉄道が全滅...どうやってロンドンまで戻れば良いんだ?

いろいろ調べた結果、仕方がないのでマンチェスターとリバプール行きは諦めて、予約していたホテルにキャンセルの連絡を入れていく(キャンセル料が高い...ぐぅぅ)。

最終的には、ストライキの期間中でも唯一運行する路線と運行日にあわせて、エディンバラから来た道を戻ってイングランド北部のヨークに寄り道をする行程に変更。

ヨークって何があるんだろうか?
というか、なんで今回の旅はこんなにもトラブルが多いんだろうか?

とか考えていても埒(らち)があかないので、気分転換を兼ねてお昼ご飯を食べに行くことに。

2. マクドナルドのバーガーが1個860円の世界


雨だし寒いし遠くまで行きたくないので、今日のランチはホテルからいちばん近いマクドナルドへ。

注文したのは、日本では販売が終了しているチーズ・クオーター・パウンダー(Quarter Pounder with Cheese)。

牛肉100%のパテが1/4ポンド(113g)、アメリカンチーズが上下に2枚入っていて、日本のチーズバーガーの具材を3倍ぐらいにした感じ。普段マクドナルドは食べないのですが、これはこれでおいしかったです。


ちなみにお値段は1個860円。街中のバーガーショップの半額程度ですが、日本との物価の違いを感じさせられますね。なおこのマクドナルドのアルバイトの時給は2,300円でした。

円安とインフレのダブルパンチの影響もあるけど、やっぱりアメリカ経済の強さを感じざるを得ない物価差。ハンバーガーを食べながら、日本での自分のビジネスの展開と戦い方を考えるいい時間になりました。

(8日目に続く)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!