元トゥクトゥクドライバーのカフェTEMPLE COFFEE(ノマドワーカーのカフェ巡り)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

元トゥクトゥクドライバーのカフェTEMPLE COFFEE(ノマドワーカーのカフェ巡り)

画像1

アンコールワットの街・シェムリアップには、『テンプル』と冠したレストランやホテル、バーなどが多数ある。

元々トゥクトゥクのドライバーをしていたLee Korngvong氏とLee Kongsren氏の二人の兄弟は、シェムリアップの中心街にあるオールドマーケットの横の通りにあるパブを観光客が見つけやすいように小さなチラシをデザインした。

今ではすっかり有名になったこの場所を「パブストリート」と呼ぶようになったのは、このチラシからなのだ。

2002年、Lee兄弟はこのパブストリートに、テンプルブランドの一号店であるテンプルバー(のちにテンプルクラブに改称)を立ち上げる。

その後もパブストリートを中心にして、シェムリアップで5つのホテル、10以上のレストラン、マッサージ店、カラオケ店を運営展開する一大グループとなった。

ところがシェムリアップは現在コロナ禍で、観光客はいない。。。

そんなシェムリアップで有名なテンプルグループのカフェが、プノンペンに進出してきた!
それも一気に、5店舗も!!

画像2

前置きはこのくらいにして、こんばんは。
ノマドワーカーのヒデホマです。

ということで、早速、噂のテンプルカフェでノマドをしてきた。

5店舗ある中でも、ノンペンのカフェストリートSt51通りの旗艦店。
門が前から、迫力がある。

テンプルグループの本気度が違う!

画像3

中に入ると、さすがコロナ時代に作られたカフェだけあって、広々としている。席と席の間もしっかりとソーシャルディスタンスが守られ、ゆったりとしたレイアウト。

カフェラテ$2.15。

なかなかリーズナブルだ。

画像4

このカフェの特徴は、まさに『インスタ映え』カフェ。

レイアウトは、日本人もびっくりのハイセンス小物が飾られまくっている。
日本でもこんなにおしゃれで、ゆったりとしたカフェは代官山にもないんじゃないか?(たぶん)

画像5

画像6

画像8

カンボジアらしく、しかしオシャレでレトロなデザインの小物たち。
これが、今最先端のカンボジアデザインと言っていいだろう。

『カンボジア文化のはカフェから生まれる』と言っても、過言ではないかもしれない。

さすがシェムリアップで、外国人観光客向けに磨き上げられたセンスだ。

そのセンスをプノンペン在住の新興富裕層向けに、チューンナップされたのがこの店舗と言ってもいいだろう。プノンペンの若者のトレンドを、シェムリアップの文化が飲み込もうとしているのだ!?

画像7

画像10

屋上は、バースペースになっている。

夕方になったら、ビアガーデンになるのであろう。
灼熱の日中には絶対に座りたくないが、日が落ちたあとにビールを飲んだら最高かもしれない。

画像9

しかし、私の目的はノマドワーク。

いかにここで作業が捗るかということだ。
正直、オシャレだが、椅子は座りずらい。。。机もグラつく。

長時間ワークにはちょっと、イマイチ。

ノマ度は★★★☆☆

多分、客の回転率をあげるためにワザとなのではないだろうか?
Leeブラザーズなら、それくらい仕組みそうだ。

しかし、カンボジアの新鮮な刺激を受けに来るには、とても良いカフェな気がする。

ぜひ、プノンペン起こしの際は、仕事をしに来てみて欲しい。

Temple Coffee n Bakery St51
住所:Street51 Phnom Penh, 12200
営業時間:  24時間営業(定休日なし)
電話番号:+855968986000

そのほか、おすすめノマドカフェはこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
中村 英誉@アート・デザインで世界を変える!

いつも読んでくれてありがとうございます!! サポートして頂いた金額は、一般社団法人ソーシャルコンパスの活動に使わせて頂きます!もしくは、いっしょに何か面白いことをやりましょう!! 連絡待ってます!

オークンチュラン
一般社団法人ソーシャルコンパス代表・SDGsアーティスト カンボジア在住9年 #NFT #SDGs #失敗談 #旅育 #ソーシャルビジネス #ワッティー #ノマド #アジアのアート http://socialcompass.jp http://whitecanvas.pro/