見出し画像

体の声を、きいてあげていますか?

上野聡一朗【ことばで生きやすさを手に入れる】

何かちょっと普段と違う感じで
「あー、何かちょっとつかれてるかも・・・」
と感じる時って、ありませんか?


そういう時って、実は
自分が思っているより
ずっと疲れてたり、


風邪など、実は
実際に具合があんまりよくない、
なんていうこと、あるんじゃないかなと思うんです。


おどかすわけじゃなくて。


今年みたいに、6月にいきなり暑くなって、
いったん涼しい日が続いて、暑さも一段落かと思ったら
また暑さがぶり返して、みたいな時はなおさら。


体は、それについていくのに
自分の意識では思ってもいないほど
負担がかかってるかもしれませんので。


何が言いたいかというと、
とにかく、ちょっとでも「あれ、何かおかしいな?」
と感じたら、ゆっくりする。様子を見る。
自分の体の調子に敏感になってあげる。


これが大事なんじゃないかなと思うんです。


何を学ぶのも
何をがんばるのもすごく大切なことだと思うんですが
体はその元となるものだと思うので。


逆に、ナーバスというか
気にしすぎてもどうかと思うのですが


マスク等のことも含めて、気持ちの面でも体の面でも
おそらく、今まで経験したことないくらいの負担が
知らず知らずのうちにかかってるっていう方も
少なくないんじゃないかと思うので。


とにかく、ムリはしない。
自分の体に敏感になってあげる。


逆説的かもしれないですが
望みをかなえたり
より、自分自身を向上していくためにも


これって、すごく、
大切なことなんじゃないかなって
思うんです。



画像1



自分の体の声を
きいてあげていますか?



画像2



もし、何かのお役に立てましたらありがたいです。


最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。


あなたの、ますますの生きやすさを応援しています!


※あわせて読むといい記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
上野聡一朗【ことばで生きやすさを手に入れる】
社会人になった頃から生きづらさを抱え続ける。2009年に自分自身と向き合う勉強を本格的に始め、生きづらさを解消。今は「どうすれば生きやすく、イキイキ楽しく過ごせるようになるか」をテーマに発信を続けている。著書に「真実を生きる」がある。「スゴイ☆デキる!会話力レッスン」主宰。