左京草六

1994年から2000年の掛けて定職に就かず長い旅行へ出ていた時の事を書いていきます。 https://www.instagram.com/so6.travel90s/
    • 元旅行者の視点から

      社会のどこにも所属しない長期旅行者(バックパッカー)として数年間を過ごした経験から見える社会問題について書いてみたいと思います。

    • 旅行記1994~2000 Ⅶ (74)~(81)

      1994年から2000年の掛けて定職に就かず長い旅行へ出ていた時の事を書いていきます。 最終回は1999年9月インド・リシケシュにて帰国を決意後、2000年4月に帰国するまでインド・ナイニータール郊外にて瞑想の日々を送りネパール・バングラデシュを訪れカルカッタより日本へ。さらに帰国後の生活まで。

    • 旅行記1994~2000 Ⅵ(63)~(73)

      1994年から2000年の掛けて定職に就かず長い旅行へ出ていた時の事を書いていきます。 Ⅵは、1998年11月カイロへ入りエジプト・ヨルダン・イスラエル・シリアなど中東からトルコへ入りイラン→パキスタンと東へ戻って行き1999年7月4度目のインドへ入国。

    • 旅行記1994~2000 Ⅴ(55)~(62)

      1994年から2000年の掛けて定職に就かず長い旅行へ出ていた時の事を書いていきます。 Ⅴは、1998年6月デリーからイスタンブールへ飛び、トルコから東欧(ブルガリア・ルーマニア・ハンガリー他)・西欧を回り、11月アテネからカイロへ飛ぶまで。

    • 旅行記1994~2000 Ⅳ (43)~(54)

      1994年から2000年の掛けて定職に就かず長い旅行へ出ていた時の事を書いていきます。 Ⅳは、1997年9月三たび日本を出発、中国・上海から新疆ウィグル自治区→パキスタン→インドへ入り翌98年6月まで滞在した記録。

    • すべてのマガジンを表示

世界の観光地

2年余り続いている新型コロナウイルスの流行により、日本国内の観光地も閑散とした状態が続き、最近になってようやく徐々に緩和の方向へ向かっていることもあり、 テレビ…

4日前

元旅行者の視点から(12)~環境問題

旅行していた頃には環境問題には無関心でした。 北京で、夜、同じ宿に居たアメリカ人旅行者と歩いていた時、闇にぼんやりと黄色の電灯があるだけで、でもそれがちょうど良…

10日前

元旅行者の視点から(11)~貨幣価値

何年もの長期間旅行ができた最大の要因は、日本と、旅先の主な国々とで、貨幣価値の差があること。これに尽きます。 為替レートは需要と供給のバランスで決まるので、資源…

2週間前

元旅行者の視点から(10)~荷物について

このブログで、長い期間旅行をしていた自分を、 どういう言葉でくくるのか、は悩みの種の一つで、 辛うじて、「旅行者」とか「長期旅行者」とか表現しているのですが、 一…

3週間前

元旅行者の視点から(9)~時間の使い方

僕が数年単位で日本を離れて旅行していた90年代は、まだ、成人男性は、社会人は、こういう風に行動しなくてはいけない、という価値観というか社会通念のようなものが残って…

1か月前

元旅行者の視点から(8)~時間の流れ

海外では列車やバスが時間通りに来ません。 インドでは昼12時の列車を夕方5時まで待ったり。 乗っても、夜中に降ろされて、朝までホームで待ったり。 バスも、時間通り来…

1か月前