てらさき ゆうすけ

『子どもが、「学びは楽しい」と思える社会の実現』 そんな想いを実現させるために、生きています。 今の自分のビジョン ・学びの場である「学校」で「学びは楽しい」と思える環境を作る ・「学校」と「社会」「地域」が繋がる環境を作る とりあえず、自由につぶやきます。

てらさき ゆうすけ

『子どもが、「学びは楽しい」と思える社会の実現』 そんな想いを実現させるために、生きています。 今の自分のビジョン ・学びの場である「学校」で「学びは楽しい」と思える環境を作る ・「学校」と「社会」「地域」が繋がる環境を作る とりあえず、自由につぶやきます。

    マガジン

    最近の記事

    学校の本来の姿

    学校の本来の姿とは、どんな姿なのだろう。 先日、「Most Likely to Succeed」を観た。 そこには、私が見てきた学校の姿とは全く異なる姿があった。 大事なことは、学校がどのような場であるべきなのかということを問い続け、試行錯誤し続けているということだと感じる。 先生も生徒も保護者も葛藤している。全員にとって自分ごとである。 神奈川県茅ヶ崎市の小学校が通知表をなくしたというニュースがあった。 「通知表をなくす」ということは、あくまで手段である。 通知表を

    スキ
    5
      • 多様性

        「多様性の科学」という本を読んだ。 多様な人がいる組織の方が強い。 画一的な組織では、気付けないことがある。 では、今の日本の学校は、「多様な人がいる組織」と「画一的な組織」のどちらを望んでいるのだろうか。 もしも前者を望んでいるのであれば、普段の学校生活もそういう組織でなければならない。多様性に価値を置き、多様な人がいるということが当たり前だという感覚を、学校生活の中でも作らねばならない。 全員が同じゴールに向かって、同じ方法で、一斉に学んでいく授業スタイル。その

        スキ
        6
        • 教員不足

          教員不足がすごい状況だ。 教員を辞めた身でなかなか言いづらい部分もあるが、事実である。 “社会人採用の特別免許制度活用を” 文科省も声を上げている。 そして、教員採用試験の定員割れも起きている。 教員の数を増やすことは、喫緊の課題だ。 そうでなくても、時間外労働が多く、過労死ラインを超えている教員もいる。 そんな状況では、子どもを大切できないし、子どもの学びたい意欲を促進することも難しい。 どこから解決すれば良いのか、やるべきこともやれることもたくさんある。 これに

          スキ
          6
          • 「運」とは何か

            「運がいい」と「運が悪い」 この違いは何か。 そもそも、「運」とは何か。 新しい仕事を始め、たくさんの人に出会い、よく考える。 「運」 まず、「軍」は、車の上に旗がなびいている様子。 その将軍の乗る兵車の旗の動きによって、全軍の動きが決まる。 運る(めぐる) では、その旗を動かす、つまり方向を決めるのは、誰か。 それはきっと時と場合による。 だからこそ、できるだけ、自分が旗を振りたい。 そして、良い運りあわせをつかみたい。 だから、自分の行動次第な部分が大きい

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 35歳からのはじまり

              35歳になり、新しいチャレンジを始めました。 30歳で小学校の先生になり、「先生」という仕事が、どれだけ魅力的が分りました。一方で、「先生」として求められる仕事に対する難しさや大変さも痛感しました。そんな、あっという間で、長時間費やして、最高に幸せだった5年間。 色々考えた結果、 『子どもが、「学びは楽しい」と思える社会の実現』  これが自分のmission。 そして、35歳の今、違った角度から「教育」に携わると決めました。 株式会社教育と探求社 「自分らしく、

              スキ
              13