ゆーき

兼業ライターの高橋祐希です。『ヘドバン』『EURO-ROCK PRESS』誌にてコラム連載中。シンコー・ミュージックMOOK「ドリーム・シアター 〜シーンズ・フロム・30ディグリーズ」執筆。AERIAL名義でソロミュージシャンとして即興ノイズ/アンビエント音楽もやってます。

2020年にヤバかったアルバムを振り返る

あけましておめでとうございました。 2020年が終わりましたね。例年同様、素晴らしい名盤・傑作が大量にリリースされた一年でした。この記事では「ベスト◯◯」とか「良か…

2020年おすすめ新譜まとめ:10月〜12月編

10月〜12月に私がツイート紹介したバンド/ミュージシャンの新譜Bandcampリンク(一部は公式YouTubeリンク)をまとめました。毎度のごとくメタルとプログレッシヴロック界…

2020年おすすめ新譜まとめ:7月〜9月編

毎月第一金曜日にBandcamp売上が全額アーティストへ還元される「Bandcamp Friday」、今年いっぱいは継続することが発表されております。10月は日本時間10/2(金)16:00から…

2020年おすすめ新譜まとめ:4月〜6月編

Bandcampにて売上をアーティストへ全額還元するキャンペーンが、7/3(金)にも実施されます。日本時間7/3(金)16:00〜7/4(土)16:00です。 4月〜6月に私がツイート紹介したバ…

Mötley Crüeを「音楽的に」振り返る(本論)

前回の序論では1981年〜1991年におけるMötley Crüeをざっと振り返りました。今回は本題として、それ以降のMötley Crüeを考察します。 ●1994年のMötley Crüe 1991…

Mötley Crüeを「音楽的に」振り返る(序論)

私はガキんちょの頃にMötley Crüeに衝撃と影響を受けてそのまま今に至り、Twitterのアカウント名を「yuki_sixx」などという恥ずかしい感じにしてしまっている人なのです…