見出し画像

I Love SIWA no.002 ヤーネス敦子さん

I Love SIWA 会員番号 002
お名前 
ヤーネス敦子(やーねすあつこ)
お仕事 SIWA 営業担当

私の愛用品 「SIWA マルチクラッチバック
使用年数 4ヶ月とちょっと

わたしの使い方 
斜めがけしたりウエストポーチにしたり。ファッションに合わせて、TPOに合わせて使えるので毎日使っています!もうこの子は相棒です。(*色に合わせたナオロンで出来た紐もちゃんとついてます!)

画像1

SIWAとの出会いについて
前職で営業の仕事をやっていた時、確か5年ほど前のことですが、その時にSIWAに出会いました。
その頃は、レコード会社の営業で、パソコン、各ジャンルのバイヤーごとに資料やサンプルを手持ちしたりして商談に毎度臨んでいて。移動も多いし、なんとか軽くてガシガシ使えてそしてオシャレな大容量のバッグはないものかと常に探していました。

そんな都合のいいものないよな~と思って探していたら、ありました。SIWAが。女性が使っても様になるシンプルで気が利いた大容量の〝和紙〟バッグ?!確か最初はネットショップで見て、即購入。その時は「トートバッグMサイズ」(ブラック)を購入し届いてみたら本当に軽い、雲みたい。ブラックは中の和紙の白い部分と染色した黒の部分のコントラストがあるためSIWAのシワがすごくわかりやすい。1年使う中でどんどん味が出てきて、毎月会うバイヤーさんにも「育ってきましたね~」と言われるようになっていました。

それから他の色も欲しくなってきてダークブルーとブラックをもう一つ購入し、1年ごとに交互に使っていましたね。今回ご紹介したマルチクラッチバッグはSIWAには入ってからはいつも持っていて、資料やサンプルなどは「SIWAのトートバッグ Sサイズ」などを使って作業のときはすぐ動けるように使い分けをしています。意外にA4ファイルも入って使い勝手がいいんです。


私にとってのSIWA
SIWAのチームに入る前も今も変わらず好きです。
SIWAを名乗るにはまだまだ新参者すぎますが、チームのみんなと話していて「この人たちが作り上げてきたSIWAなんだなぁ」と再認識し納得。
中の人たちが素敵なんです。その仲間になるには、、足りないところがありすぎるのでこれからの課題なんです(笑)

全然違う業界から飛び込んできたっていうのもあって、私はSIWAの営業ですが、ベースはいちSIWAファン!としてお客様へSIWAをお届けするお手伝いができればいいなぁと思っています。

画像2

地元長崎でのランタンフェスティヴァルでも散策時に愛用

これからのSIWAについてひとこと
関わっているたくさんの人たちが作り上げてきた新しい形の和紙のSIWA 。手元にあるSIWA達を大切じっくり育てていきたいとこれからも思います。

今回の「I Love SIWA」紹介アイテム
「マルチクラッチバッグ」詳しい紹介はこちら



この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとう!よろしければSNSのシェアをお願いします
22
千年続く和紙の産地、山梨県市川三郷町にある和紙メーカー大直と工業デザイナー深澤直人さんと一緒に作った毎日使える和紙製品ブランドSIWAの公式noteページです。 https://siwa.jp https://www.instagram.com/siwacollection/

こちらでもピックアップされています

I LOVE SIWA
I LOVE SIWA
  • 28本

SIWAユーザーのみなさんをご紹介してゆく連載「I Love SIWA」です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。