稲垣收 自己紹介

稲垣收 自己紹介

ライター、翻訳家、インタビュアー、ときどきフォトグラファーの稲垣收です。

大学を出て出版社に3年勤めた後フリーになり、サンフランシスコに行って3か月ほど滞在。サンフランシスコ国際映画祭を取材しロシア人の映画監督らをインタビューしたり、旅行ガイドブックの取材をしたのち帰国。

その後は留学関係の本を編集したり、ガイドブック取材で欧米に行ったりするうち、1999年に”東西冷戦の象徴”だったベルリンの壁が崩壊。ドイツやチェコ、ハンガリー、ポーランド、ルーマニアに「東欧5カ国のビールと文化」という取材を頼まれ、冷戦終結後の東欧で続いていた激動に触れ、「東欧やロシアを取材したい」と思うようになりました。

そこで、1990年の10月3日の東西ドイツ統一の日に、ベルリンに再び行って、統一の陰で起こっていたデモや、さまざまな問題を取材。

さらに、崩壊直前のソ連にも行き、モスクワでホームステイしながら「内側から見たペレストロイカ」的な取材をし、グルジア(現ジョージア)、バルト3国も取材。1991年8月には、ソ連でクーデターが起こり、ゴルバチョフが保守派に拘束されたのですが、その時もモスクワに潜入してエリツィン達が立てこもったロシア議会ビル周辺で取材。

その後はビデオ・ジャーナリストとしても、しばらく活動し、グルジア内戦、モルドヴァ内戦、チェコとスロバキアの分離などのドキュメンタリーを5本製作。

旧ユーゴのクロアチア内戦やイスラエルとパレスチナなどの紛争地も取材。

旧ソ連諸国には20回ほど取材旅行。

***

また、もともと格闘技好きで、自分でもキック、空手、総合格闘技などをやっており、格闘技取材も1992年から開始。最初に週刊プレイボーイの取材でロシアのヴォルク・ハン(内務省特殊部隊の格闘技教官で、当時はリングス・ロシア所属のサンビスト)の家まで行って取材しました。その後は、1993年にデンバーで行われた第1回UFCも取材。

ゴング格闘技、格闘技通信、Kamiproなど格闘技専門誌で20年ほど原稿を書いてました。

以前は総合格闘技「UFC」の解説をWOWOWで10年ちょいやってました。

***

インタビューした著名人は、世界的投資家のジム・ロジャーズ、元ロシア第一副首相のエゴール・ガイダル、名曲『スタンド・バイ・ミー』の歌手ベン・E・キング、LINUXを作ったリーナス・トーバルス、映画監督のアラン・パーカーなどの他、格闘家ではヒクソン・グレイシー、ホイス・グレイシー、桜庭和志、ヴァンダレイ・シウバ、エメリヤーネンコ・ヒョードル、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、フランク・シャムロック、ランディ・クートゥア、ダン・ヘンダーソン、マウリシオ・ショーグン、ドン・フライ、佐山聡、前田日明など多数。

ベン・E・キング

ベン・E・キングさんにインタビューした後、LP『スタンド・バイ・ミー』のジャケットにサインをいただき、記念写真も撮らせてもらいました。今は亡きキングさん、とても気さくで優しい方でした。R.I.P.

画像2

ラスベガスで取材した時に撮ったヴァンダレイ・シウバの写真。


***

【著書】

『学習まんが人物館 杉原千畝』(シナリオ担当、小学館)

『極真世界王者フィリオのすべて』(アスペクト)

『男と女のLOVE×LOVE英会話 』(Jリサーチ出版)

『稲垣收の闘魂イングリッシュ 旅行編』(Jリサーチ出版)

『闘う英語』(エクスナレッジ)

『留学 その現実と成功への道』(研究社)

https://www.amazon.co.jp/s?k=%E7%A8%B2%E5%9E%A3%E6%94%B6&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss

【訳書】

『アウト・オブ・USSR』(ジャック・サンダレスク著、小学館)

『俺たちのニッポン』(エバレット・ブラウン著、小学館)


【構成担当】

『国家と移民 外国人労働者と日本の未来』(鳥井一平著、集英社新書)


#稲垣收

#格闘技

#旧ソ連

#戦争取材

#英語

#ベン・E・キング







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Shu Inagaki

サポートは必要ありません。代わりにシェアかコメントをお願いしま~す♪

スキありがとうございます! よかったらシェアしていただけると嬉しいです
稲垣 收@ShuInagaki 出版社に3年勤務後、89年よりフリーライター。露クーデター、ドイツ統一、ソ連崩壊、ユーゴ内戦、パレスチナ等取材。格闘技取材も30年。元WOWOW UFC解説者(10年)。ヒクソン・グレイシーからジム・ロジャーズまで世界中のオモロイ人にインタビュー。