僕の好きな漫画

17
記事

僕の好きな漫画18「シグルイ」

佐藤秀峰が影響を受けた漫画、好きな漫画をご紹介する「僕の好きな漫画」第18回目です。今回ご紹介するのは原作:南條範夫・作画山口貴由「シグルイ」です。

月刊漫画誌『チャンピオンRED』に、2003年8月号から2010年9月号まで連載され、単行本は全15巻あります。最近、Kindleを利用するようになって、いろいろな漫画を読むようになったという話はここでも何度かしておりますが、先日、その話を作画スタ

もっとみる

僕の好きな漫画17「いつかティファニーで朝食を」

佐藤秀峰が影響を受けた漫画、好きな漫画をご紹介するコーナー「僕の好きな漫画」第17回目です。今回ご紹介するのはマキヒロチ著「いつかティファニーで朝食を」です。

最近、Kindleを利用するようになって、久しぶりに漫画熱(読むほう)が高まってきたことは、すでに書いておりますが、ついに連載中の作品に手を出してしまいました。作品が話題になっていることはなんとなく知っていて、Kindleで死刑問題を扱っ

もっとみる

僕の好きな漫画16「モリのアサガオ」

佐藤秀峰が影響を受けた漫画、好きな漫画をご紹介する「僕の好きな漫画」第16回目です。今回ご紹介するのは郷田マモラ著「モリのアサガオ―新人刑務官と或る死刑囚の物語」です。

この作品は2004年から2007年まで漫画アクションに連載され、日本の「死刑制度」をテーマにしています。死刑を執行する側とされる側、残された家族。刑務官や死刑囚、被害者家族の苦悩や葛藤がリアルです。平成19年度度文化庁メディア芸

もっとみる

僕の好きな漫画15「鈴木先生」

佐藤秀峰が影響を受けた漫画、好きな漫画をご紹介する「僕の好きな漫画」第15回目です。今回ご紹介するのは武富健治著「鈴木先生」です。

「鈴木先生」(すずきせんせい)は、武富健治による漫画作品。武富さんの出世作ですね。「漫画アクション」2005年6月7日号より2011年1月18日号まで連載され、単行本は全11巻が刊行されています。2007年、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その後2011

もっとみる

僕の好きな漫画14「タイガーブックス」

第14回目となりました。今回ご紹介したいのは手塚治虫著「タイガーブックス」です。

手塚治虫さんというと、言わずと知れた「漫画の神様」。僕が今更何か書くこともないのですが、やっぱり好きな作家さんだし、一度は触れたいなぁと。

拙著「ブラックジャックによろしく」は、手塚治虫さんの「ブラック・ジャック」を念頭に置いたタイトルとなっています。連載開始前、担当編集者に「タイトルのどこかに『ブラックジャック

もっとみる

僕の好きな漫画13「漂流教室」

僕が好きな漫画、影響を受けた漫画を紹介するコーナー「僕の好きな漫画」第13回目となりました。今回ご紹介したいのは楳図かずお著「漂流教室」です。

前回、さいとうたかをさんの「サバイバル」をご紹介した際、文中で「時折、漫画界に現れる終末サバイバル作品は、大体、この『サバイバル』と楳図かずおさんの『漂流教室』が原点なのではないでしょうか」と書いたので、今回はこの作品について触れてみようと思った次第です

もっとみる

僕の好きな漫画12「サバイバル」

今回ご紹介するのはさいとう・たかを著「サバイバル」です。

さいとう・たかをさんと言えば、言わずと知れた劇画界の巨匠です。代表作「ゴルゴ13」の主人公「デューク東郷」は、日本人なら知らない人はいないキャラクターと言っていいでしょう。あのぶっといまゆ毛とクールな瞳は一度見たら忘れられません。その過剰で濃すぎる個性ゆえ、幾度となくお笑いやギャグのネタに使われていますよね。

↑この目と眉。

ご本人の

もっとみる

僕の好きな漫画11「銀と金」

この記事は漫画家・佐藤秀峰の好きな漫画、影響を受けた漫画、作家などを紹介するコーナーです。

前回は僕の漫画家としての師匠の高橋ツトムさんの「地雷震」という作品について書きましたが、続く今回はもう1人の師匠、福本伸行さんの作品について触れたいと思います。ご紹介するのは「銀と金」という作品です。

僕が福本さんの職場に就職したのは1996年。20歳の頃でした。当時、連載していた作品は「天 ~天和通り

もっとみる

僕の好きな漫画10「地雷震」

今回は僕が絵を描く上で最も影響を受けた高橋ツトムさんの「地雷震」をご紹介します。

まずはWikiより

「『地雷震』(じらいしん)は、高橋ツトムによる漫画作品。『モーニング』(講談社)1989年20号に読み切り版が掲載された後、『月刊アフタヌーン』(講談社)1992年11月号から2000年1月号にわたり連載された。コミックス全19巻。2003年に文庫版全10巻、2009年に新装版全10巻も発行さ

もっとみる

僕の好きな漫画9「BLUE」

さて、第9回目です。
今回ご紹介するのは山本直樹さんの「BLUE」という作品です。

山本直樹さんと言えば1980年代、90年代を代表するエロ系の作家さんです。

デビュー当初は「山本直樹」名義でストーリー性のある青年漫画を描く一方で、「森山塔」、「塔山森」名義でエロ漫画を描いていました。
しかし、キャリアを積むにつれ徐々にその境目はなくなり、単なるエロ漫画ではない、単なる青年漫画でもない独特のエ

もっとみる