決戦街トーキョー
見出し画像

決戦街トーキョー

 ヒリつくパルスが神経を走り抜け、巨大な脳髄の中でハルトは吠えた。なぜならそれは、失われた都民たちの慟哭だからだ。

「たかが!」

 右腕を振りかざし、

「人口三百万風情がッ!」

 拳を打ち抜く。

 街律者ハルトの拳に連動し、巨大な……余りにも巨大な体躯が唸りを上げる。

 それは人類の希望にして妄執。
 人型の大いなる都市。
 街律に従い命を喰らう、覇道の決戦兵器。

 その名も!

決戦街トーキョー

第一話
砕け散る星は血の色

 
 トーキョーは獣のように咆哮した。その赤熱する拳が大気を燃やし、決戦街ドバイの胸部を打ち砕く。

 拳を戻すのと同時。ハルトは踏み込む。巨大な脚が山脈を踏み砕き、粉塵吹き荒れる暗黒の中、雷光が二体の巨人を照らし出す。

 熾烈。星系を巡る戦いは熾烈を極めていた。

 トーキョーは今、包囲されている。上空。荘厳なる光を纏い、宇宙空間に集結する敵性決戦街たち。地上。迫りくる決戦街ドバイ。

 この刹那で一千万都民と三百万ドバイ市民、どちらかが滅ぶ。荒く息を吐き出し、左手を前に。右腕を引き絞って腰へ。容赦など……

 するはずもない!

「奪うぞ……お前たちの命を」

 一千万都民の生体力によって、トーキョーの右拳が峻烈なる輝きを放つ。

 拳を、前へ。

 瞬間、すべての音が、景色が消えた。螺旋の輝きがドバイを粉砕。沸騰した大地をも巻き込み大気圏を突破。灼熱が渦を巻き……トーキョーは、巨大な顎を開けてドバイ市民の命を吸った。

「フ、ハハ……!」

 ドバイの絶望が、街律者の叫びが神経を駆け巡る。世界が揺らぎ、渦巻く灼熱を貫いて、無数の光芒が降り注いでいく。ハルトは嗤っていた。神々しくも苛烈な、巨人たちの……決戦街たちの降臨が始まったのだ。

 灼熱を貫き降下する巨人たちの中に。奴だ。奴はいる。君臨している。荒々しく。雄叫びをあげるかのごとく。輝く翼を広げ!

 その直撃は、惑星の自転すら歪めるであろう。

「決戦街、ニューヨーク……ッ!」

 壮絶な予感に震え……過去の記憶が蘇る。

【続く】

#逆噴射小説大賞2020

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
しゅげんじゃ

きっと励みになります。

やったぜ!
ただひたすら功夫あるのみ。