職業写真®︎【公式】石渡 大史

写真/映像ディレクター /法人向けの写真撮影/動画制作を通じて 企業のブランディングを…

職業写真®︎【公式】石渡 大史

写真/映像ディレクター /法人向けの写真撮影/動画制作を通じて 企業のブランディングを支援をしている撮影会社です。(株)サーチフェリーコンサルティング代表取締役

マガジン

  • 自由なアイデアを発想するために取り組んだこと

    枠組みに捉われず、自由にアイデアを発想をするために取り組んでいることを紹介しています。

  • 月刊 職業写真®️

    1か月の出来事のハイライトや記事に出来なかったことをまとめてご報告する記事になります。

最近の記事

男性のポートレートは生き様が現れる。

表参道にある青山・スパイラルにて 日本を代表する写真家・操上和美の写真展 『50,50 FIFTY GENTLEMEN OF EYEVAN』 ※(株)EYEVANのイベントページはこちら 早々に仕事を切り上げ ギリギリの最終日に 表参道の会場まで行ってきました。 最初に一言、感想です。 会場に入るや否や、想像していた以上に ゾクゾクっと鳥肌が立ちました。 写真展でこんな感覚は初めてでした。 今回の写真展は、被写体50人すべてが男性。 職種は俳優、ミュージシャン、 ス

    • 大事な決断は早朝。やると決めたなら、出来るまでやるしかない。

      早朝のキャンプ場。 まだ誰も起きて来ないこの時間が至福のとき。 忘れかけていたことを思い出したり、 頭の中の引き出しにあるものを 掛け合わせて新しいことを思いついたり、、、。 (写真は北軽井沢にあるoutsidebase) そう言えば、 その早朝にこんなことを決めました。 起業当初からやっている あるルーティン業務がどうしても億劫で、 それに相当時間も取られ、 また自分の気分で業務量が いつも変わってしまうため、 効率が悪いだけでなく、 毎回ストレスも溜まってしまう。

      • なんかうまく行きそうな気がする。は自分を奮い立たせる魔法の言葉。

        職業写真®︎の石渡です。 今回は、仕事するときにいつも プレッシャーとどう向き合っているかを 少し記事にしてみたいと思います。 撮影の現場では、 毎回同じ環境と状況で 撮影が繰り返すような現場は 一度もありません。 そう、毎回違うんです。 場所も時間も被写体も 撮影のコンセプトも クライアントの要望も全部違います。 いつもド新規。 ポジティブな方なら、 いつも新鮮でいいね。という人もいますが、 わたしの頭の中は、 いつも初めてのことばかりなので これ、出来るの?か

        • 両親を撮ろうと帰省した話。

          スナップ写真って とても素敵だなぁと思います。 大事な思い出と記録になるので たくさん撮ってほしいなぁと思います。 と、こんなことを言いながら、 実は私、写真は仕事として 撮ることばかりで、 プライベートで撮り歩きすることなんて ほとんどありません。 意外だなぁと思われる方も いらっしゃるかと思いますが、 カメラもレンズも重たくて・・・。 というのが理由。 プライベートで出かける時は いつもスマホを持つくらいで、 ほぼ手ぶらで行きたい派。 なので、カメラマンなのに

        男性のポートレートは生き様が現れる。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 自由なアイデアを発想するために取り組んだこと
          職業写真®︎【公式】石渡 大史
        • 月刊 職業写真®️
          職業写真®︎【公式】石渡 大史

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【プロの仕事術】撮影現場では相手を待たせないことを徹底しているという話。

          職業写真®︎です。 今回は撮影現場って どんな雰囲気なんだろう って思っている企業の担当者様に 読んでもらえると嬉しいです。 大きな撮影現場から、 当社のように少人数で回す撮影現場等、 規模によって、役割も色々ありますが、 事前準備を徹底して、 現場ではクライアントに対して 待たせない。 不安にさせない。 という考え方はどこも共通です。 仕事していると 当たり前のことかも知れませんが、 出来るディレクターやカメラマンがいる 現場は、どの業界よりも こだわって徹底している

          【プロの仕事術】撮影現場では相手を待たせないことを徹底しているという話。

          いい感じに撮って欲しい。と言われると、実はプロになるほど困ってしまうという話。

          職業写真®︎です。 クライアントと話をすると 毎回と言っていいほど よく出てくる話です。 撮影するよりも 大事なやりとりなので 記載してみました。 いい感じに撮ってほしい。 最初の要望を伺う打ち合わせで だいたい言われることって こんなことです。 (クライアント) うちの社員を いい感じに撮って欲しいんです。 (当社) どんな依頼でも嬉しいです。 お問い合わせ頂き、 ありがとうございます。 と、始まるんですが、 で、いい感じって何?。 私の聞き魔(ヒヤリング)

          いい感じに撮って欲しい。と言われると、実はプロになるほど困ってしまうという話。

          職業写真®︎公式note始めました。

          はじめまして。職業写真®︎です。 この度、noteを始めることにしました。 初めての方向けに、自己紹介をいたします。 職業写真®︎って何だ? 簡単に一言でいうと、 法人向けの写真撮影/動画制作を通じて 企業のブランディングを支援をしている 撮影会社です。 また、こんな語り方で紹介することもあります。 当社の強みにしている、企業の魅力を引き出すヒヤリング力と最新の撮影技術を組み合わせ、クライアントと一緒に企業の新たな魅力の発見と整理、そしてそれを形にして情報発信を支援す

          職業写真®︎公式note始めました。