Sho Shimizu

株式会社フクロウラボのしみずです。アプリマーケティングを支援する会社の社長です。

Sho Shimizu

株式会社フクロウラボのしみずです。アプリマーケティングを支援する会社の社長です。

    マガジン

    • 社長の部屋

      • 58本

      フクロウラボ 代表の清水が書いているnoteです。社長の人柄を知ってみたい方やフクロウラボ についてもっと知りたい方はぜひどうぞ!

      • 社長の部屋

        • 58本

    最近の記事

    行動をデザインする

    こんにちは。 全社mtgで話した、「行動デザイン」に関して言語化してみたのでnoteにまとめてみました。脳みそ垂れ流しスタイルで書いたので、簡潔にまとまった記事ではございません。ごめんなさい。 伝えたいことメルカリの上級執行役員・河野秀治さん執筆記事より引用します。 「行動デザイン」という日本語が存在するのか分かっとりませんが、「期待する形で、人に届けて・動かすこと」と解釈しています。 行動デザインを考える上で、大切なこととしては「社歴や役割問わず全従業員に、適切に届

      • 「大きさを考える」、「分けて考える」

        こんにちは。 久しぶりにnoteを書いてみました。数年ぶりにお仕事をするパートナー会社のひとに「note書かないんですか」って言われたので。あと、noteを定期的に書いていたときのほうが自分自身がよいパフォーマンス出ていた気がするので。 文章を書くことで仕事のリズムを作っていきたい。 前提:なぜ、noteに記すのかぼくが所属させていただいている会社で全従業員で毎月ふりかえりのmtgをしています。 口頭で細かいニュアンス含めてお話しさせていただいたことを、noteにログ

        • 君の人生を背負う覚悟ができたよ

          こんにちは。 「君の人生を背負う覚悟ができたよ」とは、8〜9年前に渋谷にあったスタートアップの社長が、インターン生に対して放ったコトバです。 他企業に新卒として入社するか、インターンとして働いていた会社に入社するか迷っているところで、渋谷のスクランブル交差点で、社長がインターン生に対して「君の人生を背負う覚悟ができたよ」と言った(らしい)。 「君の人生を背負う覚悟ができたよ」というコトバがドラマチックで、「君の人生を背負う覚悟」なんて大層なことばを言い切るのすごいな、社

          • 経営合宿をやってきたよ!やあ!やあ!やあ! by 調べるお @takanori1976

            こんにちは。 イーストベンチャーズの大柴さん(別名・調べるおさん)にnoteを代筆していただきました。 代筆していただいたお礼に、被リンクあげますね。 ここから調べるおさんの文章でございます。コロナが世の中を席巻する前の2020年1月から1年半ぶりに開催されたフクロウラボ経営合宿。今回もゲストとして参加させていただきました。シーミーさんからは「ガヤなんだから、言いたいことを言え」と言われていたので、それなりに発言してきました。 最終日の「まとめ」の時間。各自がタスクの

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 社長の部屋
            Fukurou Magazine 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            観客席に座っている「お客さん」ではなく、ロッカールームにいる「当事者」である

            おはよう。 社内の全社mtgで話したことのログとして残しておく用noteです。 毎月、全従業員で月ごとの振り返りmtgを実施しています。その中で話した内容で、参加いただくスタンスについて書いた内容です。 内容従業員数が◯◯◯人いるのですが、人が増えると関わる濃度が低い部署や業務内容については理解や共感することの難易度が上がってきます。脳内で「自分とは関係ないこと」って徐々に認識していきます。にんげんはそんなもの。 ぼくが全社mtgで主な発表者となるのですが、その場のノ

            やりきる

            こんにちは。 今回の記事は社内向けのnoteになります。社内報的に、考えていることをつらつらと思考をなぞるコンテンツです。 最近、行動指針をメジャーアップデートを最近しました。それぞれの行動指針(FUKUROU WAY)に関して、どのようなニュアンスなのか、ぼく個人の考えている部分を吐き出して書きなぐりました。 行動指針のうちのひとつ、「やりきる」という指針について書いてます。 バリュー/行動指針/補足テキストをまとめた社内資料 なぜこのような言葉にしたのか「やりき

            限定合理性における不和(問題)が増えてるんで減らしていきたい

            こんにちは。社内向けのnoteとなります。 情報の透明性を担保して、コミュニケーション密度と効率を上げて、結果としてわかり合いのシンクロ率を上げたいな。その結果、気持ちよい状態を作り、顧客への価値提供を増やしていきたいんで、よろしく。という記事です。 限定合理性における不和(問題)が増えてるんで減らしていきたいっていう背景。背景やなぜ実施提案したのか考えていることを吐き出しておきます。 ■ふ‐わ【不和】(goo辞書より引用) ・仲がよくないこと。 ・個人と個人、団体と団

            極限まで徹底して成果を出した、その先に、限界が見えた時、初めて「戦略」が課題になる

            こんにちは。 記事ヘッダー画像は、なかやまきんに君さんが筋トレしてる動画キャプチャーです。件名は、ラクスルCOO福島さんの言葉です。 とにかく反省して、悔しくて、書き綴ったポエムです。記事文章は読み流してもいいので、後述するなかやまきんに君さんの、動画はだけでも見てもらえると幸いです。 【1】パートナー企業の徹底力を聞いて、非常に反省した。 「パートナー企業の徹底力を聞いて、非常に反省した。」という内容です。 他社さんの徹底力すごいな、行動実例やとにかく目標達成するた

            ガバナンスとは、 適切にリスクテイクしやすくするために、社内外で握りを作ること

            こんにちは。 記事のヘッダー画像である、Rentio小松さんという方のツイートを見て、「ああ、分かりやすい表現だな」と思いまとめたnoteです。 このツイートを軸に思考を広げて、稚拙ながら自分なりに解釈し、一緒に働いて頂いている従業員のみなさんに届けやすいトーンで、全社mtgで話した内容をまとめた社内向けドキュメントになります。ガバナンスというモノの理解度がまだまだ弱いのでどなたか教えていただけるとこれ幸い。 ここから発表したスライド(14ページ) 結論から先に伝えて

            企業文化はマネージャーがつくる

            こんにちは。 会社のカルチャーに興味関心が強いのですが、ある時に全マネージャーとのmtg時に10分ほどお話した内容をnoteで記しました。 詳細化してまとめた、社内向けのnoteになります。 キッカケ:企業文化はマネージャーがつくる 遅ればせながらベン・ホロウィッツ氏のWho You Areを読んでいました。 前著のHARD THINGSは正直面白いとは全く思わなかったのですが、Who You Areは面白かったです。 書籍内の一文を引用およびキャプチャーを貼ります

            マネージャーの仕事は、組織で成果を出すこと

            こんにちは。 社内で新任マネージャーという役割を受け取っていただいたヒトに対して、伝えたことをログとして残しておきます。 伝えた背景や狙いを詳細化することで、期待する役割の組織におけるシンクロ率を向上を期待して筆を取りました。 組織で成果を出すことマネージャーの期待役割として、「組織で成果を出すこと。手段(山の登り方)は何でもいい」と話しました。 1プレイヤーとして成果出して引っ張る/メンバーのモチベーションマネジメントに注力するなど、得意なorやりやすいアプローチは

            「伝える」ではなく、「受け手に届ける」

            こんにちは。 2021年2月に実施した全社mtgにおいて話したことをnoteにまとめました。 ぼくの解釈「伝える」ではなく、「受け手に届ける」コミュニケーションをしよう。期待する形で適切に受け手に届けるために意識したほうがいいことを論じました。 まず、「伝える」と「受け手に届ける」の違いを僕なりの解釈をは下記キャプチャーになります。 「受け手に届ける」ようなニュアンスになっているか、受け取る側に期待する形で適切に届いたかどうかまで確認することが伝える側は全うすると良い

            可能性を自分の不勉強のせいでつぶすな

            こんにちは タイトルの言葉が、サイバーエージェント藤田さんが本当に発言したのか引用元が分からなかったけど、タイムリーにぶん殴られた感覚に陥れられた気持ちを吐き出したポエムです。 言葉のパワーが強いな。 社会に対して、顧客に対して、一緒に働いて頂いているメンバーに対して、自分の不勉強/実力不足のせいで、顧客やメンバーが本来享受できる可能性やメリットをつぶしてしまっているのではないかと感じる。 自分が認識していないところで、可能性を閉ざしていることは多分にある。期待に答え

            シーミー2020 written by 調べるお

            あけましておめでとうございます。East Venturesの大柴(a.k.a.調べるお)です。シーミーさんのnoteに今回は他人である僕が記事を書いていきます。 なぜかと言うと、年明け早々、シーミーさんからこんなメッセがきたから。 *** このシーミーさんのnoteの第一回目に僕がなぜか記事を書いた。その辺のいきさつについては割愛しますが、ちょうど一年が経ち、再びの執筆依頼。しかも毎年恒例になりそうだ。 こうなったらシーミーファンが毎年この記事を楽しみにするくらい頑張

            廊下に出てからとやかく言うな

            こんにちは。 サイバーエージェントの人事部門の役員、曽山さんがブログで紹介していたのをキッカケに読んだ書籍より参考にしたことの抜粋です。 タイトルは書籍内での言葉です。 言いたいこと・【1】mtg中に決めきること ・【2】mtg中に自分の意見をしっかりと提示すること ・【3】決定事項(自分は反対だったとしても)の実行に積極的に取り組み、とやかく言ったりくつがえそうとしたりすることなく、全員がその実現に向けて力を尽くす。 【1】mtg中に決めきること彼らには、明確な合意

            うつむいてるくらいがちょうどいい

            こんにちは。 お笑い芸人のパーパー・ほしのディスコの歌がかっこよかったことをキッカケにしたnoteです。 クリープハイプってバンドは名前は聞いたことあったけどあまり聞いたことはありませんでした。ほしのディスコがキッカケで少し興味がでてきました。 ※記事最後にYouTube動画を貼ってます 仕事をするということ僕は、給料が発生している時点で責任が伴い、雇用形態問わずプロとして仕事をしろ、という発言をします。顧客にとって、会社での雇用形態や勤続年数は関係がないためです。