祭りからはじまる、平和教育
見出し画像

祭りからはじまる、平和教育

ころあい小学部

ころあい自然楽校では、今サマースクールをしています。

いつもとは違うメンバーがたくさん加わって、にぎやかな夏です。

全部で15人の子どもで、サマースクールの間にどんなことがしたいかを話し合って、決めました。

その中で「夏祭りをしたい」という声が上がり、射的の出店がでることに。

射的って、割りばしでっぽうなのかなーと思ったら、どうしてもBBガンがいいと一人の男の子。

私は正直言って、BBガン、ものすご~く嫌でした。だって、人を殺す道具ですよね。考えすぎかもしれませんが、そんなものがおもちゃなのが、そもそも嫌だし。そんなのを持っている子どもたちを見たくなかったのです。

でも、嫌だから禁止では、だれにとっても、何の学びにもなりません。

なので、なぜそんなにBBガンがいいのか、聞いてみることにしました。すると、割りばしでっぽうはどうしても狙いが定まりにくいけど、BBガンだとすごく狙いやすくて面白いとのこと。

うーむ、なるほどー。そりゃ、当たりやすいと面白いよね。

話し合いの結果、とりあえずBBガンを買ってみることにしました。

祭りの朝、BBガンを真ん中において、みんなでサークルになりました。

そこで、8月6日、9日、15日とホワイトボードに書きました。

「あ!戦争の日だ。」と子どもたち。

子どもたちが昔の戦争について、知っていることを話してくれた後に、

画像1

最近ニュースになっていた、アフガニスタンの人たちが、アメリカ軍の飛行機にぎゅうぎゅうになって乗り込んで、逃げ出していた写真の話をしました。

逃げられた人もいたけれど、逃げられなかった人もいる。

家族が、ばらばらになったかもしれない。

離れ離れになる家族は、飛行機の中で、外で、どんな気持ちだっただろう。

みんなと同じぐらいの子ども。

学校で勉強しているところに、銃を持った兵士がやってきたかもしれない。

おうちに、銃を持った人が来て、家族を殺したかもしれない。

そういう道具である銃を、面白がって、平気で玩具にすることが嫌なんだと伝えました。

しーんと黙り込み、BBガンを見つめるみんな。

私は輪ゴムでっぽうにしておく。という子や、やっぱりせっかくあるし、BBガンを使ってみたいなという子。

私も、打たせてもらいました^^

BBガンを打つと、BB弾が散らばります。そのことについても、マイクロプラスチックになると、心配している子がいたので、みんな、BB弾を落とさないように、一生懸命管理していました。

銃などのおもちゃは、子どもにとって、とても魅力的な玩具だったりしますし、身近に当たり前のようにあるものかもしれません。

遊んだらだめなのか!?と言われたらそうではないし、楽しんだらいいと思います。

でも大切なのは、知っている、考えていることかなぁと思います。

目の前の1つのBBガンの後ろに、今その恐ろしさに苦しんでいる人がいることや、プラスチックで汚れていく地球が見えること。

世界は、つながっています。

モノのうしろにつながる世界を、人を、想像できる人でありたいね^^

そして、戦争がこの世からなくなることを、切に願います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ころあい小学部
兵庫県稲美町にある、ころあい自然楽校小学部の様子を綴っていきます。私たちはイエナプラン教育の考え方をもとに、子どもが学びの当事者となって、幸せに学べる学校づくりを目指しています。