無空真実
家飲みいぇーい!
見出し画像

家飲みいぇーい!

無空真実

A:焼き鳥、塩でいい?
  この前、買ったのがまだ残ってたから解凍しておいたの。

B:おっ、いいね。
  涼しくなってきたからビールが飲みたいと思っていたんだ。
  ゴールデンコンビ、嬉しい。

A:良かった。
  春が来たら乾杯ビール、暑くなったらバーベキュービール。

B:そうそう、そして寒くなったら熱々の料理と一緒にビール。
  季節の変わり目を感じるとなんだかビールが飲みたくなるんだよ。

A:いつも飲んでいる気がするけどね。
  あっ、きゅうりと梅干し和え冷蔵庫で冷やしているんだった。
  先につまんでる?

B:ええ、いいよ。出来上がったら一緒に食べようよ。
  君だけ働かせて僕だけホイホイ飲むのはちょっと気が進まない。
  何か手伝える?

A:別にいいのに。なら買ってきたお刺身お皿に移し替えてくれる?

B:あぁ、いいよ。パックよりお皿のほうがなんだか豪勢に感じるもんね。

A:そうなのよ。こんなに綺麗に盛り付けられているけど、やっぱりね。

B:うーん、こんな感じかな。
  あっ、何かいい匂いしてきた。

A:うふふ、あなたがいい匂いっていう時はだいたいニンニクの匂いよね。
  グリルで山芋焼きながら、ニンニクホイル焼きもしているの。
  もうそろそろね。

B:ニンニクってどうしてこうも食欲そそるかねぇ。
  おっと、そういえばチーズとオリーブの実もあったよね。
  いつでもつまめるようにちょいと出しておこう。

A:うふふ・・・なんだかマルチな食卓ね。スティック野菜もあるわよ。

B:いいじゃないか。
  週に一度の家飲み、コロナのお陰でもう当たり前になったね。

A:本当ね。前はよくお店に行っていたけど、家でまったりのんびり。
  映画見たり語ったり、食べたいもの作って食べて。
  これはこれでいいのよねぇ。

B:君の居酒屋メニュー好きなんだ。作ってくれてありがとう。

A:あなたもいつも皿洗いありがとう。
  お酒飲むともうなーんにもしたくなくなっちゃうから助かるわ。

B:お互い様だよ。おっ、ガーリックほくほくだ。

A:うまくいったわ。味噌マヨディップ、小皿によろしく。

B:任せておいて。もうそろそろだね。君もビール?

A:うーん、私はハイボールにしようかな。

B:了解。それも僕が作ります。

A:今日はなんだかハリキリお手伝いね。

B:うん、普通の夕食とは違う団らんが嬉しくて。

A:簡単なものばかりで手抜きだけど、私も家飲み楽しみにしているんだ。
  よしっ、焼き鳥も出来た。お待たせ。

B:うひゃぁ、一気に並ぶと気持ちが良いもんだ。
  いろんな匂いが混じって幸せ感じるよ。
  あっ、エプロンつけっぱなし。

A:あらっ、お腹空いて焦っちゃったみたい。
  デザートに柿もむいてあるからね。

B:ぜーんぶ、ありがとう。

A:あなたもお手伝いありがとう。

B:今週もお疲れさまでした。

A・B:かんばーいっ、いただきますっ!



無空真実の電子書籍です。よろしくお願いします。


#ほろ酔い文学

この記事が参加している募集

ほろ酔い文学

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
無空真実
心身ともに自由に生きていくことをモットーに。旅、ハイキング、合気道、瞑想と自己啓発をこよなく愛し、旅行記、空想会話、詩、ショートストリーなどを書いています。生きている道中、いろいろあるけど楽しいがいいっ https://muku-room.com/