shingo_moriya

サッカー、フットサル、フットボールに関わること、ビジネスの仕組みなど書いてます。 ライター/フットサル運営者/投資/熱量をロジックで伝える。 ご縁がありますように。 公式twitter:https://twitter.com/shingo_moriya

shingo_moriya

サッカー、フットサル、フットボールに関わること、ビジネスの仕組みなど書いてます。 ライター/フットサル運営者/投資/熱量をロジックで伝える。 ご縁がありますように。 公式twitter:https://twitter.com/shingo_moriya

    マガジン

    • サッカーの様々な仕組みを徹底分析【part3】

    • サッカーの様々な仕組みを徹底分析【Part2】

    • サッカーの様々な仕組みを徹底分析

      主にサッカーとビジネスの仕組みを独自の視点で解説していきます。 公式サイト:http://shingo-moriya.com 公式twitter:https://twitter.com/shingo_moriya LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40eto9655g

    • 毎週月曜日の物語

      毎週月曜日に、サッカーやビジネスのお話ではなく、 感じたこと経験したことを物語としてお伝えすることが出来たらと思います。

      • サッカーの様々な仕組みを徹底分析【part3】

      • サッカーの様々な仕組みを徹底分析【Part2】

      • サッカーの様々な仕組みを徹底分析

      • 毎週月曜日の物語

    最近の記事

    甲子園、大阪桐蔭4番のおばあちゃんと遭遇した5分間のお話。

    こんにちは、守屋です。 今朝、仕事の関係で三宮に行かなければならず、なんばから乗り換えで阪神なんば線快速急行を持っていた。ちょうど近鉄線(つながっているけどなんば終着)から降りてきた一人のおばあちゃんがホームでとなりになり、こちらを見ていた。 「甲子園、次の電車で行けるん?」 と聞いてきたので「行けますよ。」と答えた。Twitterの別アカウントで投稿した内容がこちら。 8時36分発の阪神なんば線。この時期に甲子園に行くのは(正確には観戦のために行けるのは)家族か、学

    スキ
    6
      • スポーツが教えてくれたことが「暴力で人は変われる」だったとき

        こんにちは、守屋です。 最近、こんな記事が目に止まりました。 男児は木村容疑者からサッカーを教わっており、母親と男児は「サッカーの時間に遅れたから怒られて殴られた」と話しているという。母親の顔にもあざがあることから、県警は木村容疑者が親子に暴力を振るっていた疑いがあるとみて、調べている。  逮捕容疑は5月下旬、自宅で男児の顔を平手で数回たたくなどし、両目打撲の傷害を負わせたとしている。 奈良県立山辺高サッカー部で元Jリーガーの興津大三監督からパワーハラスメントを受けた

        スキ
        17
        • 表面に反応してしまう習慣の怖さ

          こんにちは、守屋です。 時間をかけて情報を探しに行く 学生時代の自由研究ではありませんが、分からないこと、知らないこと、気になることを現地に足を運び、実際に目で見る。耳で聞く、身体で感じる。 そんな風に時間を割いて情報を知るということから、離れていく人も多いのではないでしょうか。 ニュースやSNSのキャッチなコピーに反応し、内容も読まずに批判や賛同してしまうこと、一度は経験があるかも知れません。 実際に発信する側もそのような表面を意識し、キャッチを重要視して内容は薄

          スキ
          11
          • 没頭する感性、低下していませんか?

            こんにちは守屋です。 「1日、1日と生活していく中で、さまざまなことをそれなりにこなそうとすれば、どうしてもバランスを取ろうとするため、ひとつのことに深く取り組む、すなわち没頭することができない。そして、それを一定の期間継続すると、没頭するという感性を忘れてしまうのである。」 他の事をかえりみず、一つの事だけに熱中すること。 没頭 多種多様な生き方と共に、多彩なサービスが蔓延している世の中では何かに没頭するという感性は意識して磨かなければ低下してしまうかも知れません。

            スキ
            20

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • サッカーの様々な仕組みを徹底分析【part3】
            shingo_moriya
          • サッカーの様々な仕組みを徹底分析【Part2】
            shingo_moriya
          • サッカーの様々な仕組みを徹底分析
            shingo_moriya
          • 毎週月曜日の物語
            shingo_moriya

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ”教える”と”伝える”を教わる子どもの成長

            こんにちは守屋です。 あるサッカー少年団では、コーチ不足ということもあり高学年の子どもたちが低学年に教える日が平日に月1回はあります。 コーチが2時間の練習のうち、1時間は遅れてくるため、その間は子どもが子どもを教える時間となります。もちろん親が校庭で見守っています。親の承諾もありコーチは練習メニューを6年生に渡して取り組ませていました。 最初は2人1組。ウォーミングアップから基礎メニュー。1対1やパス練習などを中心に2、3メニューを消化したところでコーチが登場するパタ

            スキ
            9

            もしも相手との温度差を感じてしまったら

            こんにちは、守屋です。 これを読んでいるあなたは、どんなときに人との温度差を感じるでしょうか。 ある小学生の子どもを持つ家族は、分散登校日の前日でも子どもが準備しようとしないことに苛立ちを覚えて怒ってしまいました。当日、子どもは「学校に行くのは面倒だから行きたくない」と駄々をこねてしまい、母親は怒りがピークに達してしまい責任放棄も考えたと言います。 あるサッカー部の生徒は、久しぶりの全体練習に喜びを感じていました。自宅で過ごす時間の中で、youtubeで普段は見ない体幹

            スキ
            4

            無観客試合の直後、オンラインで選手の鼓動に触れることは可能になるのか

            こんばんは、守屋です。 先週、ドイツブンデスリーガが再開されました。 試合は無観客で開催され、ゴールの際にも選手は一緒に祝うことを推奨されていないという条件があるものの、試合を待ちわびていたサポーターにとって試合がある日常は、スタジアムに足を運ぶことができなくても、嬉しいのではないでしょうか。 日本でも多くのスポーツが再開する方向で進んでいるものの、条件付きになるのは混乱を避けるため、仕方ないことのように感じます。 クラブの価値をもう一度掘り起こし、お金をいただくに値

            スキ
            9

            【Fリーグ】ポルセイド浜田、山本監督にZoomでお話を伺い、思考を探ってきました。

            こんばんは、守屋です。 ご縁がありFリーグDivision2、ポルセイド浜田の山本尚希監督とZoomを通じてお話を伺う機会を頂きました。事前にアンケートにもお答え頂いたのですが、印象的だったのが「いま、一番知って欲しいことはなんですか?」に対する回答。 良い部分では無く、ありのままの現状です。 この言葉を通して感じた山本監督のありのままと現状を、少しでも多くの人に伝えることができれば良いなと思います。 何よりもメッセージ性が高い部分に関しては動画で、山本監督本人の声で

            スキ
            8

            10万円の給料と、バイトをしながらサッカーを続ける前に知っておく大切なこと

            こんばんは、守屋です。 「プロといっても、給料は驚くほど低かったです。チームメイトがいくらで契約をしていたかは知りませんが、全員が何かしらの副業をしていました。私の月収はアルバイト込みで20万円弱でした」(服部氏)  月収の内訳は、チームからの支給が週に1回のスクールコーチ代込みで12~13万円、他チームのスクールコーチ代が3~4万円、空き時間にしていたテレアポのアルバイトが1~2万円だった。 社会の底辺化するJリーガー…給料12万、平均25歳で引退 「スペックなし」で

            スキ
            232

            学生に伝えたい。サッカーにおける、準備に費やす時間を考える

            おはようございます、守屋です。 だから僕は、この時間をポジティブに捉えようと思っている。 今までできなかったインプットの時間を増やそうと、家族との時間、政治や経済の勉強、語学そして基礎を中心としたトレーニングの時間に充てている。 誰もが同じ状況に置かれてる今、見据えているのは必ず終わりが来た日、コロナウイルスとの戦いが明けたあとのことだ。 この時間で新しいエンジンを備え、ガソリンを入れ直し、タンクを満タンにする。そして明けた瞬間にロケットスタートを切り、かつバテずに走り続

            スキ
            15

            今後、起こりうる町のサッカー少年の出場機会問題

            こんにちは、守屋です。 子どもたちが試合に出ることに資格などいらない。そうではなく、試合に出るというのは、所属している選手みんなにある権利だ。そして子どもたちの成長には十分な出場機会が必要というのは、育成における考え方の何よりのスタート地点だ。 全員出場は理想ではなく最低条件 育成年代の「出場機会」問題 ドイツで15年以上指導している中野吉之伴さんが書かれたコラムのテーマ「育成・新スタンダード」から抜粋しました。 育成年代の出場機会問題このような事態の中で、多くのサッ

            スキ
            12

            他人の世界ではなく、自分の世界に入ること

            おはようございます、守屋です。 最近、気が付けば時間を忘れて没頭することが多くなったなと感じています。このような事態の中、不謹慎かも知れませんが自分と向き合う時間を多く作ってくれたことに感謝の気持ちを持つようになりました。 今までも定期的に自分を見直す機会を作るようにしていましたが、今回はほぼ強制的に行動を制限されることで自分と向き合わざる得ない。そんな状況にこのタイミングで巡り合えたのも何かのご縁なのかと感じているところです。 目に見えるものへの断捨離はもちろん、本当

            スキ
            6

            恥をかけるというのは、とても強い。

            こんにちは、守屋です。 今日のような事態の中、自宅の中で部屋の整理整頓はもちろんのこと、今までなんとなくで課金していたようなもの、断捨離をする良い機会になっているのではないでしょうか。 物やサービスが溢れた世の中で、本当に必要なものは何か?と考えるきっかけと同時に、いま自分にできることは何か?を考える時間にもなっているはずです。 そんな自分もnoteを再スタートさせていますが、本業とは別でコミュニティ運営をしています。普段からそちらの方でブログ、SNS、youtubeな

            スキ
            8

            自分から病気になった人間を治す薬はない

            こんにちは、守屋です。 自己修養をもっぱら立身出世の手段とみなすのは、実に愚劣な考えだ。ところが現実には、いくら自己修養に務めても思ったほど早く立身出世できないので落胆し、やる気をなくしている人間が多い。このような連中は、どんぐりの実を植えればそれが一瞬にして樫の大樹に成長するものと期待しているようなものだ。          自助論から抜粋 著書では「教育を受ければ自分の子どもは、前より楽な暮らしができるだろう」という、表面的な部分だけを捉えてしまうことを例に書かれてい

            スキ
            4

            些細なことでも褒めること、忘れていませんか?

            こんにちは、守屋です。 最近、誰かを褒めていますか?なにより、自分自身を褒めているでしょうか。 人は褒められることによって、自分の良さ、知らなかった長所、人に喜ばれる自分の言動や行動を知る機会になります。 現在、ドラゴン桜という漫画がnoteで期間限定で無料公開されていますが、その中で「ホメ方テクニック十ヵ条」が紹介されていました。 褒められることが嬉しいとき 自信がないとき、不安が先行しているとき、些細なことでも自分のことを褒めてくれる人がいると安心します。 それ

            スキ
            15

            ”習慣”がもたらす、恐ろしさと素晴らしさ

            こんにちは、守屋です。 以前、こんなブログを書いたのを思い出し、読み返していました。 習慣と先入観によって、行動を制限してしまうこと。もしかしたらこれを読んでいるあなたにも思い当たる節があるかも知れません。 習慣(しゅうかん、英: habit)とは、 日常の決まりきった行いのこと。長い間そうすることによって、そうすることがあたかもきまりのようになったこと。 (心理学用語)反復によって習得し、少ない心的努力で繰り返せる、固定した行動のこと。 習慣 習慣の恐ろしさ日常の

            スキ
            11