shimakoya

2020年4月より【島子屋】プロジェクトが始動! 非認知能力や探究学習をキーワードに、屋久島のあたらしい教育の仕組みづくりをおこなっています。

shimakoya

2020年4月より【島子屋】プロジェクトが始動! 非認知能力や探究学習をキーワードに、屋久島のあたらしい教育の仕組みづくりをおこなっています。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    【随時更新】島子屋の軌跡

    こんにちは!島子屋のちーちゃんです^^ 情報整理のため、これからはこちらに島子屋のコンセプトやこれまでの活動をまとめたいと思います(随時更新していきます)! 島子屋のコンセプト 離島だから「できない」から 離島だからこそ「できる」教育へ 島子屋は、「離島のあたらしい放課後をつくろう」をモットーに、子どもの非認知能力(ひにんちのうりょく)を伸ばす場づくりの調査プロジェクトからスタートしました。 非認知能力とは、学力テストなどでは数値化されない、子どもの将来や人生に良い影

      • 【参加者募集スタート】初開催!島子屋たんきゅうキャンプ森林編

        世界自然遺産の屋久島。 同時に、固有の杉をはじめとした木材利用がさかんな島でもあります。 「自然を大切に」 子どもたちはさまざまな機会で耳にしていることと思いますが、 世界自然遺産として「守るべき自然」がある屋久島で、なぜ木を切る必要があるのでしょうか。 ・・・ 島子屋たんきゅうキャンプ森林編は、森林(もり)を知り、木を利用する意義を学び、木をつかう術を身につけるためのプログラムです。 夏休みの島子屋たんきゅうキャンプの中でも、 木材は子どもたちにとても人気がありました

        • 「ふつうじゃない」「正解がない」「見守らない」島子屋がつくった本気のキャンプ

          こんにちは!島子屋のちーちゃんです。 1年間のプロジェクトがおわり、しばらく活動をお休みしていましたが この夏休みに、「島子屋たんきゅうキャンプ」を初開催することになりました。 みなさん、小学生のキャンプといえば、どんな体験を思い浮かべますか? 各種アクティビティやキャンプファイヤー、野外炊飯…などでしょうか。 最近だと英語やプログラミングなど、学習要素があるものも多くみられます。 「島子屋たんきゅうキャンプ」は、そんな数あるキャンププログラムのなかでも、いわゆる一般的

          • あたらしいロゴができました!

            島子屋@ちーちゃんです。 遅ればせながら、今年もよろしくおねがいします! 私たちは、「離島にあたらしい放課後をつくろう」をモットーに 1年間の調査活動をおこなっています(調査設計はこんなかんじ)。 地道な文献調査で 非認知能力について調べたり… 文献調査をもとに、オンライン勉強会をしたり… (オンライン勉強会で扱った文献のまとめは各note記事にて!) 昨年はプログラム開発ののち、テスト事業まで形にすることができました(感動) テスト事業の様子は絶賛工事中の島子屋HP

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 島子屋オンライン勉強会
            shimakoya
          • 文献紹介
            shimakoya

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            島子屋を支える2つのサイクル

            こんにちは!ちーちゃん@島子屋です。 わが子たちの寝かしつけをしていたら、急に文章が舞い降りてきたので そのままの勢いで投稿しています。笑 11/25(水)、チーム島子屋でオンライン勉強会vol.8 を開催しました。 島子屋のクイック自己紹介はこちらからどうぞ! 島子屋は、世界遺産の島・屋久島で 「子どもたちにとって本当に必要な教育はなにか?」を模索し、 非認知能力に着目し、あたらしい放課後をつくるべく活動しています。 現在は、半年間の文献・先行事例調査を経て、テスト事業

            お父さん・お母さんの声を聴こう〜10/14(水)島子屋オンライン勉強会vol.7〜

            こんにちは!ちーちゃん@島子屋です。 約1ヶ月ぶりの更新ですね! 島子屋では、「離島のあたらしい放課後を創造する」をモットーに 屋久島で非認知能力×放課後のあり方を模索する調査活動をおこなっています。 島子屋のざっくりすぎる自己紹介はこちらの記事をどうぞ! 非認知能力ってなに?という方はこちらをお読みください^^ 先日、島子屋の活動の一環として 屋久島町内の対象校区の小学校・全世帯を対象に 「子どもの放課後にかんするアンケート調査」を実施しました。 今週のオンライン勉

            ただいま絶賛建設中?!〜9/4(金)島子屋オンライン勉強会vol.6〜

            こんにちは!ちーちゃん@島子屋です。 私たちは非認知能力にかんする学びを深めるため、定期的にオンライン勉強会を開催しています。 島子屋の自己紹介的な記事はこちらからどうぞ! さて先日の勉強会では、これまでの勉強会やリアル戦略会議での話し合いをふまえ、問いを立てて対話の場をつくりました。 (台風前にもかかわらず、参加してくれたみなさんありがとうございます…!) 今回は文献の紹介ではなく、対話の場を経て感じたところを綴るエッセイのような記事になっています。 子どもたちの

            8/12(水)島子屋オンライン勉強会Vol.5~自然遊び×非認知能力〜

            こんにちは、屋久島のちげです。 今日はオンライン勉強会の報告記事です。 今回はこの本をもとに「自然あそび」と「非認知能力」を深めていきたいと思います。 非認知能力の再定義非認知能力とは 自分が「こうしたい!」と湧き出た思いを実現するためにアイデアを出して実行し、それを達成したことで得たもの どうして非認知能力が自然あそびで身につくのか1.人は自然に身を置くと開放的になり、素直になれる  皆さんも、自然の中にいると笑顔になったり、声が大きくなったりすることはありませんか?

            【後編】子どもに○○は厳禁?!〜島子屋オンライン勉強会vol.4〜

            こんにちは!島子屋のちーちゃんです。 先日の4回目となる島子屋オンライン勉強会。 前編につづき、後編では「モチベーション」を扱います! ちなみに前編ではマインドセットについての本を解説しました。 興味ある方はぜひご覧ください^^ そして、今回の参考文献がこちら。 「モチベーション3.0」ダニエル・ピンク、2010、講談社 豪華二本立てで解説している「マインドセット」と「モチベーション」。 どちらも数値化できない内面の力=非認知能力という点では同じですが、意味合いは異

            【前編】豪華二本立て!非認知能力の個々について学ぼう〜島子屋オンライン勉強会vol.4〜

            こんにちは!島子屋のちーちゃんです。 先日の4回目となるオンライン勉強会の様子をお伝えします! チェックインの時間では、みんなのGOOD&NEWをおしえてもらいました。 新種の長い長いゾウムシの名前に大盛りあがり!笑 なごやかなムードで勉強会がはじまりました^^ さて、今回のテーマは「マインドセットとモチベーション」。 島子屋に興味を持ってくださっている方だけでなく、 子どもとかかわる上での心のあり方について知りたい方にもおすすめです! 今回つかった文献は 「マインド

            島子屋の地図のつくりかた!〜7/11(土)オンラインにて戦略会議をおこないました〜

            こんにちは!島子屋のちーちゃんです。 島子屋では、2週間に1度のペースでオンライン勉強会を実施しています。 先日はそのオンラインの場で、島子屋の戦略等について再確認する会議をおこないました! 参加してくれたみなさんありがとうございます^^ 今回は、島子屋の核となる部分の考え方を、オンライン会議の内容を補足する形で紹介したいとおもいます。 島子屋に興味を持ってくださっている方はもちろん、 教育やまちづくり、それにかかわらずとも何かしらの事業をすることに関心のある方はぜひ読

            6/27(土)島子屋オンライン勉強会Vol.3~哲学対話✖️非認知能力〜

            島子屋では「非認知能力」と「探究学習」をキーワードに 屋久島だからこそできる放課後支援のあり方を模索しています。 3回目の勉強会はやっくんが担当しましたー! 今回新たなメンバーも少しずつ加わってます。 まずは、チェックインで、自己紹介とGOOD &NEW。 それぞれの近況を話した後、 ちーちゃんから、島子屋の概要や前回までを話してもらいました。 ↓島子屋の詳細はこちら↓ 今回の勉強会の目的は 「非認知能力の解像度を上げる」 「非認知能力の関係性を知る」 です。 まずは、

            【後編】子どもの将来は親の〇〇で決まる!?〜「ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦」を読み解くために〜

            こんにちは!島子屋のちーちゃんです。 さて前回につづき、教育界の話題の新刊 ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦 貧乏人は教育で抜け出せるのか? ポール・タフ著 みすず書房 について解説していきたいとおもいます。 前編では本書を理解するためにハーレム・チルドレンズ・ゾーン(HCZ)の概要と チャーター・スクール制度についてさらっと説明しました。 読んでみたい方は以下の記事をどうぞ! 後編では、本書でキーポイントとなる論文をいくつか紹介していきますね。 子どもとかかわ

            【前編】話題の新刊!〜「ハーレム・チルドレンズ・ゾーンの挑戦」を読み解くために

            こんにちは!島子屋のちーちゃんです。 ゆるゆると月2〜3のペースでオンライン勉強会をつづけている島子屋ですが、 その最大の目的は、社会を変えるための調査活動の実施にあります。 「屋久島、離島だからこそできる教育ってなんだろう?」 を切り口に、現在さまざまな文献や論文を読み込んでおりまして、 せっかくなのでその一部を紹介したいとおもいます^^ 島子屋のことをもっと知りたいという方は以下の記事をどうぞ! さて、先日の勉強会で取り上げた 私たちは子どもに何ができるのか 非認知

            6/6(土)島子屋オンライン勉強会Vol.2~子どもに何ができるのか〜

            どーも、今回は ちげ@屋久島 が書きます! 島子屋では「非認知能力」と「探究学習」をキーワードに 屋久島だからこそできる放課後支援のあり方を模索しています。 今回は2回目のオンライン勉強会です! 今回新たなメンバーも加わって新鮮です。(興味のある方はお声かけくださいなー) 前回はチェックインで、あつーいトークになったのはいいものの、時間が押し押しになってしまったので、今回はサクッとチェックイン。 「24時間以内のハッピーニュース」とともに「非認知能力への興味」や「この勉強会

            5/23(土)島子屋オンライン勉強会vol.1〜非認知能力とはなんぞや〜

            こんにちは!ちーちゃん@屋久島です。 島子屋では「非認知能力」と「探究学習」をキーワードに 屋久島だからこそできる放課後支援のあり方を模索しています。 さて記念すべき第1回目の勉強会。 まずはじめに対話の時間として 「教育に興味をもったきっかけ」 「屋久島にこんな教育あったらいいな」 2つのお題で参加者のみなさんに語っていただきました。 ・ ・ いや〜アツかった! 勉強会よりもだいぶ長くなっちゃいましたね笑 でもそれが心地よくも感じられました。 自分の体験やビジョ