見出し画像

最近、俺のブログおもしろくないなぁ。

 「鮪のシマハラ」店主のnote。このブログは「マグロで飲食業界を変えていく。」私たちの挑戦記です。マグロに挑戦するおっさんの生き様で繁盛する。私たちの一丁目一番地なのです。

 創業準備期間から投稿を始め、120タイトルを発信してきました。手前みそで恐縮ですが、熱烈なファンも存在したりします。お店の営業にも大きな力になっています。

 このブログにはルールがあります。それは嘘がないことです。本気の挑戦です。なにも恥ずかしいことはありません。低空飛行の売上、爆笑の原価率、身の丈以上の借金。すべてを記してあります。

 もちろん私の想いや考え方、決めたルールにも嘘はありません。それで多くの仲間が去っていったことも隠すことのできない事実として投稿してあります。

 すべての方にとって魅力的なブログでないことは重々承知しています。では、どんな方に読んでもらいたいのか。

 それは挑戦している方です。負け続けている方です。逃げ続けてきた方です。転職しようか悩んでいる方、なんで俺の人生はうまくいかないんだろうとむしゃくしゃしている方、などなど。「私と同じ、とんでもなくダメな方たち」に読んでもらいたいです。

 ダメな自分自身を自己否定しても誰も得をしません。ダメな部分もひっくるめて自分自身です。そうそう立派な人間など存在しないのです。みんな同じ穴のムジナです。傷を舐めあいましょう。愚痴りましょう。開き直りましょう。這い上がるチャンスをベット中で祈りましょう。私もそんな人生です。それでよいのです。

 その結果、今日はダメだったけど明日は頑張れそうだ。逃げてばかりの自分が、今回は一歩踏み込めそうだ。人生なんて楽勝だ、商売はもっと簡単だ。そう思ってもらうためのブログです。本当なんです。人生なんて楽勝です。一緒に、なりたい自分になりましょう。いや、なりたい自分などそもそも存在しないのかも・・・

 そんな自信満々ブログの内容が、最近おもしろくないのです。はい。少しも刺さりません。まったく魅力的ではありません。書いている私がそう感じているのだから間違いありません。

 なぜでしょう。初期の投稿には、なんかこう力がありました。自分で読み返しても力がもらえる。そんな投稿すらあります。人から評価されたくなった文章は、魅力を失いました。他人を意識した想いは、響かなくなりました。う~ん。難しい。本当に難しいです。

 継続とは、なんと難しいのでしょう。続ければ続けるほど、余計なことを考えてしまいます。勝手に自爆してしまうのです。商売も同じです。継続の難しさ。今日と同じスタンスを迷うことなく何年も続ける難しさ。痛感しています。

 ブログを書き始めたころ、メンター経営者からこう言われました。半分の人間は、100も投稿できない。300投稿できれば普通。1,000投稿できるほどの想いがあれば、そのビジネスは必ず成功する。

 やります。まずは300投稿です。もう迷いません。読む人がゼロになっても、私の一方的な発信は続いていきます。誰のためでもなく、自分自身のために。今日も駄作を書き上げます。でも・・・やっぱり・・・読んでもらいたいなぁ。私の毒が皆さんを染めていきますように。

追伸 質より量で、毎日書くのがよいのでしょうか。それとも推敲した渾身の投稿を不定期がよいのでしょうか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアもお願いします。
14
2004年単身上海に渡り上海天家飲食管理有限公司創業。頑固マグロおやじの店「天家」を最盛期には直営11店舗FC3店舗年商20億まで成長させる。2018年中国の事業を譲渡し帰国。日本でもマグロの魅力を多くの人に伝えるため、「鮪のシマハラ」をオープンさせる。