マガジンのカバー画像

しばイッヌ展覧会

365
しばいぬたろうの記事更新のお知らせはこのマガジンフォローからどぅーぞ。
運営しているクリエイター

毎日投稿365日目。誰かの頭のなかは、誰かの読み物になる。

とにかく、まいにち何を書こうか考える日々だった。 はじめる前に決めたことは2つだけ。 ・500~1000文字前後は書こう。 ・ただの日記にならないようにしよう。 書きはじめたころは、下書き4つとか書けたな。 有料会員になって、4日分を予約投稿したりして。 こりゃあいい、と思っていたけど、下書きをそんなに書けたのは15日目くらいまで。 「書き溜め」って、そうそうできないよ。 それからは1日1記事をコツコツと。 20日、30日と慣れていくと、いろんな人の記事と比較ばかり

スキ
62

毎日投稿364日目。スキをいただいた皆さまに「ありがとう」を伝えたい。

あしたでとうとう365日目を迎えるわけだが、その前にどーしてもやりたかったことがある。 それは、いままで「スキ」をいただいた皆さまに「ありがとう」を伝えることだ。 というこで、皆さま、ありがとうございます。 …いやいやいや、これだけで終わらせたくない。 正直、毎日投稿するうえで、毎回のように「スキ」を押してくださる方々には、たくさん救われてきた。 本音をいえば、やっぱりSNSで表現する以上、そりゃあ「スキ」が気にならないわけはない。 多いか少ないか、もそうだけど「

スキ
90

毎日投稿363日目。PV(ビュー)・スキ数を公開します。※初期のも載せちゃうよ。

こういうのやってみたかった。 久しぶりに目次とか作っちゃう。 ・年間の全体 うん、これがイチ個人として多いのか少ないのか、まったく分からない。 ・年間のスキ数ランキング 1位~10位までで「書くこと」「文章」に関する記事は6つ。 noteは「書く人々」のためのプラットフォームなのだということが分かる。 わたしも「書く」関係の記事、見つけたら読んじゃうもの。 ・年間のPVランキング 1位~5位の記事は、「アマ 意味」「ティッシュ 生乾き」「アイヌ タブー」などとG

スキ
16

相手を褒めないと、自分も褒めてもらえないよ。

なかなか周りを褒めない部下がいる。 その子、といっても25歳くらいの男性なのだけど、その子は広報で働いている(わたしは広報のお手伝いもしている)。 その子は周りの社員よりも数年のキャリアがある。 たとえば誰かが自社サイトに載せる記事の初稿を書いて、その子に提出したとする。 できの良い内容であったとしても、その子は、 「ありがとうございます。では次に進めます」 で終わる。 わたしはいつもそれを見ていて、もったいないあなあ、と思う。 その子は自分が褒められると、とて

スキ
51

「どうも」じゃねぇだろうって。

たとえば「牛乳を買おう」と買い物に向かい、スーパーに着くとセール品やらおいしそうな総菜やらに目を奪われて、あれこれ買ったあげく、家に着くと牛乳がない。 たまーにそんな現象が起きる。 これは老いか?老いなのか?と思う。 20代のころはそんなことなかったのになあー。 きょうは1回目のワクチン接種だった。 病院の受付に向かうと、すぐさま「14時の方ですかー」と、看護師さんが声をかけてくれた。 予診票と引き換えに「ではこれを持ってお待ちください」と24番の札を渡された。 接種会

スキ
26

「おまえはもっと、グレーを大切にしなくてはいけない」

ここでいうグレーは白と黒の中間色、「灰色」のこと。 決して宇宙人のことではないし、HOWEVERが大ヒットしたロックバンドのことでもない。 わたしは20代のころ、「あの人、嫌いなんですよね」というセリフを平気で言う人間だった。 それはプライベートでも、しごとでもだった。 たとえば人間関係は「好き」「嫌い」の2択でしっかりと分けていた。 好きなともだちなら24時間いっしょに遊べた。 でも、そのともだちのともだちが苦手な人だと、その輪の中には入れなかった。 しごとで「好

スキ
24

映画やドラマを観たあとは「共感」探しの旅に出る。

おなじ映画・ドラマを何週もする方というのは一定数、いらっしゃる。 同僚にも何人かいて、100話以上もあるアニメを「5周してます」なんて方もいらっしゃる。 わたしはどーしてもこの楽しみ方ができない。 たとえば映画なんて、1日に2本も観れない。 2連休なら、1本観たら良いほうだ。 なので、いざ観るとなればどの作品を観るのか、セレクトは重要だ。 なので、それで面白かったとしても、その後の映画鑑賞チャンスで、過去に観た作品をもう一度観ようとは、到底思えない。 なにか新しい作品

スキ
35

「積ん読」に罪の意識はいらないゾ。

ゾ、って。クレヨンしんちゃんのタイトルみたい。 毎日投稿をするようになってから、確実に読書へのモチベーションは高まった。 そして、それは買った本の積みあげた高さにも比例する。 そして、あきらかに買っただけで読んでない本も増えた。 世間ではこれを「積ん読(つんどく)」という。 この「積ん読」ということばは、たとえば「ぴえん」とか「おはようでやんす」など、最近できたことばだと思われがちだが、そうではない。 このことばは、すでに100年以上も前の雑誌には使われていた。 太古

スキ
26

スケジュール調整はなぜ楽しいのか。

スケジュールを立てるのは楽しい。 しごとでもプライベートでも。 しごとでは、事前に1ヶ月のスケジュールを立てている。 同じ業務をしているスタッフ同士で、エクセルの共有シートに入力している。 休みの前の日、次の日はこの業務で...とポチポチ。 業務自体はそんなに好きなわけじゃない。 でも、スケジュールを立てている瞬間だけはやけに楽しい。 イヤケが差すくらいの業務量に「も~、まいったなあ~」とぼやきながらも、スケジューリングしているときだけは、なぜか楽しい。 旅行もそうだ

スキ
16

もしかして、自分は100歳まで生きないとか思ってる?

「あんたもしかして、自分は絶対に100歳まで生きないなんて、思ってやしないだろうな」 ふと、自分のなかの自分がそう語りかけてきた。 そうだ、もしかしたら、わたしは100歳まで生きるのかもしれない。 まいにちストレスと戦って、そこまで健康的な食事もしてないし、だから、だいたい87歳くらいで寿命をまっとうするのかなあ。 おぼろげに、そんな想像をして生きていた。 でも、全国の100歳以上の高齢者は、51年連続で過去最多を更新しているらしいよ。 2000年頃は「2万人」くら

スキ
37