CS60(7)-花粉症がよくなる-次世代整体/量子デバイス
見出し画像

CS60(7)-花粉症がよくなる-次世代整体/量子デバイス

SHIBAーシバブログ

こんにちは。シバです。

今回は、実際にあったお客様の事例ご紹介します。

施術事例:20年来悩まされていた花粉症が施術で改善

この方、Eさんは30代会社員の方です。

・子供の頃から花粉症に悩まされていた
・仕事が忙しくストレスの多い生活を送っている

花粉症で悩まされる人も多く、代表的なスギ花粉症は日本特有のもので、まさに「国民病」と言えるかもしれませんね。花粉症は以下の症状があります。

・くしゃみ
・鼻水
・鼻づまり
・目のかゆみ
・目の充血

花粉症とは、花粉を吸い込んでしまうことで、症状を引き起こすアレルギー性鼻炎アレルギー結膜炎の一種です。

画像5

花粉症の時期になると、

・鼻のムズムズや目の痒みで仕事に集中できない
・鼻で息ができなく口呼吸になり苦しい
・くしゃみが何度も出るのでまわりにも迷惑をかけてしまう

などなど、日常生活に支障をきたすだけでなく、「まわりにも気を使うので精神的にも疲れてしまう」とEさんはおっしゃっていました。

画像2

花粉の飛散時期を調べてみたところ
・スギ→3月〜5月
・ヒノキ→4月〜6月
・シラカンバ(北海道)5〜6月
・イネ(本州以西)ほぼ1年間
・キク科8〜10月

どの花粉に反応してしまうかは、その人によって異なりますが、日本ではほぼ1年中、何らかの花粉が飛んでいることになりますね。

なぜ花粉症になる人・ならない人がいるの?

花粉症の発症メカニズムを説明する時に、「アレルギーコップ説」を用いられることがあります。誰もが体の中にコップを持っていて、その大きさはそれぞれその方の体質によって異なります。

画像4

そのコップの中に、「アレルギー体質」「加工食品の取り過ぎ」「大気汚染」「ストレス」「アレルゲン」などが積み重なっていき、ある一定の量になるとコップから溢れ出します。それが花粉症の発症です。

昨年まで花粉症ではなかったのに・・・今年からいきなり花粉症になったという人は、今年になってコップから溢れてしまって、花粉症が発症したということですね。

免疫を高めることでアレルギー反応を抑える

Eさんは子供の頃からアレルギー体質で悩まされていました。花粉症は、免疫機能の異常によって発生します。そのため、免疫機能が正常に働くことで、アレルギーの症状を抑えることができるのです。

今回、Eさんには量子デバイスCS60を身体全体に充てていきました。日頃のストレスも感じていらっしゃったこともあり、施術ではリラックスもでき、日頃のストレスの緩和にもなりましたと感想をいただきました。毎年悩んでいた花粉症も改善されてきているということです。これまでもマッサージやカイロにも通っていらっしゃいましたが、CS60の施術を受けた後は、「身体の軽さが違う」とコメントもいただいています。

先ほどの「アレルギーコップ説」の話にもあったように、花粉症の原因には、ストレスや食生活の乱れも含まれます。日頃から、ストレスの軽減や食生活の見直しも必要なことですね。


量子デバイスCS60の良い点、として

・特別な薬を処方しない=副作用の心配がない
・電磁波や放射線を充て、皮膚や臓器を傷つけることがない
・短い時間で、通常のマッサージでは抜くことが難しいような「細胞の芯」から循環を促す(=予防になる)
・着衣したまま施術可能
・短時間で抜け感が素晴らしい

といった言葉をよく頂きます。

「良くなる」だけでなく、このような条件もあるのでよりご満足頂いている理由となるかなと思います。

ご興味のある方はぜひ、ご来店お待ちしております!

画像3

量子デバイスCS60の原理はこちら→★
量子デバイスCS60開発秘話はこちら→★

マッサージに行っているけれど、「痛みが改善されない」「身体の不調が続いている」「仕事から来るストレスを軽減したい」、「健康を維持したい」そんな方はぜひお試しください。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

詳しくはこちらのページへ(お客様のお声を掲載しています)

職場も家族も笑顔になる 自分に変わる (1)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SHIBAーシバブログ
元会社役員→妻:治療家☺→自身も治療家へ☺体に安全な最先端機器を使う治療好き☺あらゆる機器を試した経験あり。健康情報配信中。出没地域:武蔵小山。次世代型機器:量子デバイスを使う整体師 #CS60 #CS60目黒 #武蔵小山 元会社役員で現役整体師の健康ブログ