深夜ガタンゴトン

2014年に劇作家の裕本恭が立ち上げた創作ユニット。 2017年1月の公演を最後に実質活動休止状態に。 2020年「新しい気づきのプラットフォーム」をコンセプトに、「現代社会で本音で生きる」を合言葉に2020年活動再開。東京の小劇場界隈を中心に活動。

深夜ガタンゴトン

2014年に劇作家の裕本恭が立ち上げた創作ユニット。 2017年1月の公演を最後に実質活動休止状態に。 2020年「新しい気づきのプラットフォーム」をコンセプトに、「現代社会で本音で生きる」を合言葉に2020年活動再開。東京の小劇場界隈を中心に活動。

    マガジン

    • 「消え残る」創作ノート

      2020年8月13日〜16日に上演される深夜ガタンゴトン3年ぶりの新作「消え残る」の創作ノートです。

    • 深夜ガタンゴトンマガジン

      • 17本

      立教大学の劇団しどろもどろで同期だった男3人で「演劇と〇〇」を主なテーマにnoteで配信していきます。中小企業改革をしながら創作を続ける裕本、営業マンをしながらWeb製作勉強中の高橋、ドイツ在住のしゅんちゃんで記事をお届け。 「日々の営みのなかにある演劇」に気づけるそんなマガジン。

    • ぬるい体はかたくなる 創作日誌

      深夜ガタンゴトン第2号公演「ぬるい体はかたくなる」の創作日誌です。企画、執筆、稽古から本番まで。ひとつの作品が出来上がるまでを余すことなく書いていきます。

    最近の記事

    趣味の演劇サークルつくります!(第1回イベントのお知らせ)

    趣味で演劇をやろう「マイペースに演劇」をコンセプトに趣味の演劇サークルを立ち上げます。 月に1回〜2回程度、リアルやオンラインで集まり、台本を読んでみたり、動いてみたりするサークルです。他にも一緒に観劇に行ったり、面白かった演劇の感想を言い合ったり、趣味演劇の人が集まれば良いなと考えております。 こんな方お待ちしております ・趣味で演劇をやってみたいなという方 ・演劇の話をする仲間が近くにいないという方 ・新しい趣味を探している方 ・演劇をする場所を求めている方 ・共通の

    スキ
    1
      • 雑記 とりあえず書いてちょっとだけ共感してもらうぐらいがちょうどいいんですよ

        ほんとに久しぶりの更新です。 深夜ガタンゴトンの裕本恭です。 なかなか書き物が進まず、ちょっと骨休めにつらつらと…… 最近、久しくSNSを更新しなくなりました。Twitterでどうでもよいことはつぶやいたりしますが。 最近は下手なことを書くと思わぬところから叩かれると思っていたので全く書けませんでした。 いいえ違います。 何か意味のあることを書かなければ書く意味がないというバイアスがもの凄くあったんです。 すぐに世間の空気とかそういう風潮というもののせいにしがち

        スキ
        1
        • 2020年ありがとうございました

          どうも裕本です。 Twitterを開くと、鬱々とした言葉が立ち込めてきます。でも今年は仕方ないんじゃないかなぁと。それだけ大変だった年ってことだと思います。 さて、2020年を振り返り、今年お世話になった方々にささやかながら御礼の言葉をしたためることができればと思い、筆を取りました。 深夜ガタンゴトンの2020年は、ちゃんと振り返ると充実した1年だったんじゃないかなぁと思ってます。それもこれも大変な最中、めげずに一緒に創ってくれたアーティストさんのおかげですし、気にかけ

          スキ
          5
          • 公演無事に終了いたしました。

            どうも裕本恭です。 深夜ガタンゴトン2020年夏の公演「消え残る」は、無事に全日程終了し、最終日から2週間を迎えました。 関係者、お客様からも体調不良や新型コロナウィルスに感染したというような連絡は来ておらず、無事にやっと公演を終えたと言っても良いと思います。 感染症対策や運営対策などのナレッジの共有として、今後ぽつぽつとこちらに資料をまとめて行こうと思います。 取り急ぎ、ここに感謝の言葉を記しておきます。 この状況下、会場まで足を運んでくださった全てのお客様に感謝

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 「消え残る」創作ノート
            深夜ガタンゴトン
          • 深夜ガタンゴトンマガジン
            深夜ガタンゴトン 他
          • ぬるい体はかたくなる 創作日誌
            深夜ガタンゴトン

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            演出の企み

            どうも、裕本恭です。 今日は演出の企みについて。 今回、感染症対策として、舞台と客席面を透明なビニルシートで仕切ります。実は、俳優間にも透明なビニルシートを演出的に設置しようと考えております。 今回のお話は「覚悟」と「距離」の話とも言えます。 SNS上では自由気ままにそれぞれの「正義」が語られておりますが、多くの人間がそれを発信できるのは、「自分に触れられることはない」と感じているのではないかと思います。 どんなに綺麗事を話している人間も実際の人間関係には苦労してい

            スキ
            2

            今作の参考図書紹介

            どうも、裕本恭です。 自己紹介も終わり、やっと創作ノートらしくなってきます。 どうしても今回、作品の性質上、個人の話によりがちなので、今日は客観的な資料をご紹介します。 さて、今作はちょっと名前の売れているAV女優が登場します。 今回、AV女優のことを調べるのにいちばん参考にした書籍はこちら。 鈴木涼美著の「AV女優の社会学-なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか-」です。 わりと有名な書籍です。サブタイトルの「なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか?」という疑問から、A

            スキ
            5

            どうも裕本恭です。

            どうも裕本恭です。 改めまして、私=深夜ガタンゴトンの紹介です。 ムトコウヨウと星さんの話と続き、そういえば、そもそも裕本って何だ?深夜ガタンゴトンって何だ?ってお話です。 ざっくり紹介 まず、裕本恭と深夜ガタンゴトンっていうのは、西川貴教さんがTMRevolutionと名乗るのと同じ認識で大丈夫です。 前身は劇団東京ペンギンでした。2010年〜2015年の約5年間、代表、脚本、演出を努めておりました。 解散後のソロユニットということで、深夜ガタンゴトンがあります

            スキ
            18

            実は星秀美が苦手でした

            さて、今日は星秀美の紹介です。 先日、サタンことムトコウヨウの紹介を書いたのですが、どうも当たり障りのないことを書いてしまい、反省しております。(エピソードはいろいろあるんですが、どれもコンプライアンス的にアウトで公開できませんでした笑) 星秀美をざっくり紹介桜美林大学出身、元レティクル東京座、女優活動に止まらず、読み合わせカフェやTRY-SYSTEMの運営を手がける小劇場愛好者。 読み合わせカフェに関しては一度noteでも紹介しております。 実は、星秀美が苦手でした

            スキ
            6

            ムトコウヨウという男

            すでにチケット販売開始しております。深夜ガタンゴトン3年ぶりの新作「消え残る」ですが、こちらのマガジンでは、作品の魅力についてお話していこうと思います。 第1回は出演者のムトコウヨウについてです。 一瞬で分かるムトコウヨウ劇想からまわりえっちゃんに所属するムトコウヨウ、写真だけ見るともうこんな感じです。 ゴツゴツした顔、笑いをとるためなら手段を選びません、ギャグ100連発朝飯前です、どんな状況でも盛り上げます、バンジージャンプやります、街頭パフォーマンスやります、変な髪

            スキ
            2

            深夜ガタンゴトンプライバシーポリシー

            ◆はじめに 深夜ガタンゴトン(以下、当カンパニー)は、個人情報の取り扱いにおいて、下記のように定めます。 以下のプライバシーポリシーでは、個人情報の取得・利用・管理について記載しております。サービス利用にあたり、個人情報保護方針をお読みになり、ご理解いただけますと幸いです。 ◆個人情報の取得 当カンパニーでは、ゲストの皆様の個人情報(氏名、住所、メールアドレス、電話番号など個人を特定できる情報)を取得させて頂くことがあります。 ◆個人情報の利用 取得した個人情報は、

            スキ
            1

            演劇は必要か不要かで言われたら必要だが、その役割は演劇である必要があるかどうかと言われたらそうではない。

            どうも裕本恭です。 SNSを見ると殺伐としておりますが、買い物にでかけると案外いつも通りだったりするので、そのギャップが急激な気圧の変化のようで、ああ、人間とはこうやって不調をきたすのではないかと考えております。 ある一点から考えれば、今、演劇は必要ない。これは金にならず、物質的な豊かさをともわない演劇なんて不要だという短絡的な話ではございません。 演劇の魅力の一つは、私は「舞台という虚構を通すことで、普段考えもしないことや自分の中にある感情と向き合うことができる。」と思っ

            スキ
            5

            いちごの害について レポ

            本日、久しぶりに新作「いちごの害について」をYouTubeにアップしました。 今回、「演劇の質感にこだわった」という今作。 創作の裏側や思いを書き記します まずは良かったら作品を観てみてください。 「おうち感のない、おうち演劇を創りたかった」オンライン演劇をいくつか見て感じたことは、まず最初に「家で台詞を話している人」にしか見えないなぁってことです。これは、舞台は「情報を積みあげるメディア」で映像は「情報を切り取るメディア」という特色の違いがあるからだと考えます。 そして

            スキ
            2

            新作一人芝居配信!

            どうも、裕本恭です。 GWずっと創作をしておりました。 やっとできたので、ぜひ観ていただきたいです。 お家でどこまで演劇の質感を出せるのかにこだわりました。 詳しくは追々書きますけど、10分だけご覧にいただけたら幸いです。 何気に5年ぶりぐらいに演じております。 いちごの害について あらすじ とある大学の先生が知人の代わりに講演を行うことになる。 テーマは「いちごの害について」 いちごがとにかく嫌いな偏屈な先生は話していくうちに、大事なことに気づく。 出演/脚

            スキ
            1

            2日間スマホの電源を切ってみた

            どうも裕本恭です。 ここ最近はテーマ性を持って文章を書いていたのですが、久しぶりに思っていることをそのまま書いてみようと思う。 タイトルの通り、2日間スマホの電源を切っていた。 デジタルデトックスとかそういう言葉があるみたいだけど、それに近い。 それで、久しぶりに電源を入れたら別にそんな連絡なんて来ていないし、今、有益な情報なんて増えてないし、別に大した影響ないじゃないかと感じました。 天気も良くて、何なら世間がコロナウィルスで大変だということも忘れていた。 コンビ

            スキ
            7

            未開の議場-オンライン版- 観劇レポ

            「PICK UP ACTION」第3回。今回は何度か紹介している「未開の議場-オンライン版-」の観劇レポです。 実際にどのような上演が行われたのか。そして、この作品には上演形態の面白さもさることながら、今、まさに世界が直面している問題を「会議劇」という形で見事に表しております。 ※本記事は観劇レポです。できる限りの配慮をしておりますが、ネタバレが気になる方はご遠慮ください。 オンライン配信だからできる面白さ上演を実際に見て、今回の作品はオンライン配信を想定しつくられた遊

            スキ
            9

            20分で演劇界の情報を集めてみた

            どうも裕本恭です。 先週、「PICK UP ACTION」と題して、芸術・エンタメ界隈の取り組みを紹介しましたが、この1週間で状況は大きく変わりました。 さて、今週も何かとりあげようと考えましたが、もはや1個1個拾ってる暇はねぇ(こんな状況でも僕は、いつも通り会社に出社してます)ってことで、20分間でどれぐらい、今、演劇界で行われていることを拾えるかやってみました。 ※もう本当に20分間、Twitterと検索エンジンをフル回転させて、拾えたものを無差別に掲載しております

            スキ
            6