セトレカレー・ならまち編
見出し画像

セトレカレー・ならまち編

武田 芽生(takeda mei)

セトレオリジナル・スパイスカレーの5商品目の販売をはじめました。
ラストはセトレならまちの鹿肉のこくうまスパイス黒カレー。

奈良で鹿・・!?と思う方たくさんいらっしゃると思います。
もちろん、奈良公園にいる鹿さんではないですよ。ご安心ください。

企画したとき当初は反対され、あんまりいいコメントがない、と。
商品化される前、セトレならまちのお食事で鹿肉カレー提供してたんです。
そこで、残す方がいると。でも良く聞いてみると、その意見ってほんの少しの話を大きくしていただけで、一方では美味しくておかわりする人もいらっしゃいました。
今回は商品化の難しさを感じる経験でした。
万人受けしようと思って考えると、すごくありきたりな内容になってしまって、作ることにやる気が起こりませんでした。

なんで鹿肉にしたかったのか、それには伝えたい背景があったからです。


鹿と人との共生を目指して

画像1


奈良県は鹿は神様の象徴として大切にされてきました。一昔前までは狩猟をしてはいけない、というルールがあったそうです。そうすることで、鹿が増えていき、見えないところで苦しんでいる方々もいらっしゃるとお伺いしました。それは農作物の被害。丁寧にお野菜やお米を作っても赤字になってしまうという事態が続いていたそう。
そこで鹿と人が共存していくために捕獲がはじまりました。私たちはそんな状況に大きく手助けすることはできませんが、その背景を少しでも知ってもらう、そしてその命を無駄にせず大切にしていくことが重要だと考えました。


山のごちそうをいただく

画像2


鹿肉、ジビエ・・と聞いただけで苦手意識を持つ方もいらっしゃいますよね。鹿肉は、実は女性が喜ぶ栄養素が詰まってました。脂肪が少なく、高タンパク・低カロリー。そしてミネラル鉄分が豊富なんです。
今回は鹿肉をどう調理しようか悩みました。
ジビエ好きはあの独特な臭みがお好みだと思います。ただより多くの人に、奈良のことを知ってもらいたい、ということであえてローズマリーで臭みを消して、食べやすく仕上げました。そしてお肉はキーマにし、ルーは黒カレーでコクを出しました。一度召し上がってみてください。きっと苦手な方でもサラッと気にせず食べられます。

販売情報

画像3


鹿肉のこくうまスパイス黒カレー
1個 900円(税込972円)
SE T R E全店舗
セトレ公式オンラインショップ
でお買い求めいただけます。

この記事が参加している募集

私の仕事

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
武田 芽生(takeda mei)
株式会社 ホロニック |HOTEL SETRE|事業企画室|ホテル開発|商品開発|元ウェディングプランナー10年|麹クリエイター|私達が作る可愛い商品たち>>SETRE online SHOP:https://www.rakuten.ne.jp/gold/shop-setre/