見出し画像

訪問指導で在宅復帰と住宅改修を成功させるコツ

退院前訪問指導で何をどう見れば良いかわからない!

提案した内容で大丈夫か不安になる!

そんな声がスタッフからよく聞かれます。

建築知識もないし、福祉用具もあまり詳しくない、、、

手すりの設置場所はどうすれば良いのか、、、

そんな悩みを解決するために、ネット検索しまくったり、文献を検索するけれど、あまり詳しくは載っていないなんて事が良くあります。

在宅復帰においては、住宅改修だけでなく、日中や夜間を含めた生活全体を見据えたアプローチが必要です。

今回のコンテンツでは、特にリハスタッフが悩みやすいポイントについて、筆者の経験を踏まえながら、在宅復帰と住宅改修を成功させるコツを掲載しています。

購入後、コンテンツ内容に対する質問や他にもこんな事が知りたい、などがあれば、LINE オフィシャルアカウントに登録後、チャット機能で質問していただければお答えします!!!

ID:@zwz9644y

はじめに

目次

介護保険と住宅改修

「介護の必要の程度」の段階と住宅改修

介護保険利用で住宅改修できること

退院スケジュールと住宅改修

住宅改修を成功させるための情報収集と面接

トイレ動作における動作のポイント

縦手すり設置位置の検討方法

この続きをみるには

この続き: 489文字 / 画像28枚

訪問指導で在宅復帰と住宅改修を成功させるコツ

自分でできるボディワーク

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
総合病院に勤めている作業療法士です。 精神科、回復期、急性期、維持期、訪問、老健などで勤めてきました。 臨床実習で学生指導をすることが多く、どのようにすれば効率よく学生さんが伸びるかがテーマ。 資格:介護支援専門員、A-ONE認定評価者