コロナ時代の大学ゼミを渦中の学生目線で記す渾身のブログ      ~東京経済大学 関昭典ゼミ2020の軌跡~

新型コロナウイルス流行に翻弄される超国際協力系ゼミ。文科系ゼミでここまでコロナショックを受けたゼミも珍しいのではないか。当初計画が総潰れ、混迷を極めるゼミ。混乱・動揺する17名の学生と教員が、苦境を乗り越え、グローバルパートナーシップの道を必死に模索する様子を赤裸々に綴る。

「新たな仲間を加え、関ゼミ、いざ出陣の時まであともう少し🎌」

皆さん、こんにちは!東京経済大学関ゼミです! 前回は、関ゼミの快挙についてお話ししました。この進一層賞受賞も素晴らしいですが、もっと驚くべきことが関ゼミ内で起こ…

「止まらない、東経大関ゼミの快進撃!進一層優秀団体賞受賞!」

 皆さん、お久しぶりです!東京経済大学関ゼミでございますm(__)m  昨年はコロナウイルスの影響で毎年恒例の2週間海外ゼミ研修に行けませんでしたが、そのような状況で…

第12章「集客目標5000人!?!?」

9月、今年初めての対面授業、この日を皆待ちわびていた。初対面で感動しながら自己紹介的活動を期待していたことだろう。しかし、これが関ゼミの性なのか。いきなり先生の…

第11章「関ゼミブログ執筆の現場から」

 みう:サミットまで2週間ちょっとやばくないですか。目標人数に到達しないんですよね。  美和:毎日5人の参加者ゲットは正直大変ですね。  みう:50人に声をかけて…

第10章 「2020年度ゼミ生、波乱万丈の関ゼミを知る!」

ゼミ長トゥエ「国際交流学生サミットまで残り1ヶ月を切りましたね!そういえば、みんな関ゼミに入ってもう半年も経ってしまいました。zoomでみんなと顔合わせした半年前が…

第9章「ウルトラマンセブン凛のスマイルビームに救われたゼミ生たち」

メロサティ島でのネパール―日本大学生ジェクトは徐々に交流ムードから真剣SDGsモードに移行しつつあった。 ネパール学生の煌びやかなパフォーマンスや流暢な英語で…