見出し画像

必ずも常に持病のある人は春と秋との灸を忘るな - 養生やまと歌99

秋は体の方がまだ完全に冬モードに移行していないため、急な寒さが来ても対処できず、風邪をひいたり、体調を崩しやすかったりします。

そのため、江戸後期の『養生手引草』では、秋は冷えに対する抵抗力をつけるように、お灸をすべきだとしています。

ツボは足三里と曲池がおすすめです。10月中はこの2カ所に定期的にお灸をすえるとよいでしょう。

画像1

画像2

また、『養生訓』では特に胃の虚弱な方は、秋と春に以下のツボへのお灸をするとよいとしています。

天枢・水分・脾兪・腰眼・三里・京門・章門・胃兪

このツボの中から、ご自分でできるお腹のつぼを抜き出すと、画像にある3カ所となります。これに足三里も加えましょう。


画像3



*****

養生やまと歌とは
和歌形式の養生書、食物本草書、経穴書から、養生のキホンが学べる100首を厳選し、イラストを付けてご紹介していきます。

Twitter と Instagram でも更新中!
 https://twitter.com/seishindo89
 https://www.instagram.com/seishindo89/

養生やまと歌凡例
凡例や参考文献は第一首目の下部に掲載されておりますので、以下のリンク先からご覧ください。
 https://note.com/seishindo89/n/nf1741632a9

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
養生は明日のため
5
自作イラストつきの東洋医学的な養生法を主に投稿していきます。/ 成鍼堂の堂主(東京都練馬区の鍼灸院です) / 著書 :『江戸の快眠法』(晶文社) / 養生やまと歌 / 『月刊秘伝』で「温故知新養生法」を連載中!