新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

僕がいま「スポーツテック」に注目するワケ

僕が「スポーツテック」という言葉を初めて聞いたのは、2018年頃だっただろうか。

「スポーツ」と「テクノロジー」を掛け合わせたこの造語を初めて聞いたときは「やっぱり出てきたな」と“やや斜め”からその言葉を聞いていたことを覚えている。

そう聞こえた原因は、スポーツ界では以前からテクノロジーの導入が進んでいたことを知っていたからだと思う。例えば、2008年の北京五輪で、フェンシングの太田雄貴さんが銀メダルを獲得した時に、その快進撃を支えたのがテクノロジーだったというのは有名な話だし、柔道やバレーボールなどのオリンピック競技でも、以前からテクノロジーの導入は進んでいたはずだ。

また私自身も、スポーツ業界でいくつかのシステムプロジェクトに関わらせてもらってきた経験があって、まさに太田雄貴さんがメダルを獲得した2008年ごろは、プロ野球球団や、Jリーグクラブ、バスケットボールクラブ(当時BJリーグ)など、複数のスポーツチームを担当し、様々なマーケティング課題を解決しようと取り組みを行なっていた時期だった。だから「●●テック」という言葉が出てこようがこまいが、スポーツクラブが社会の変化に対応していくのは当たり前の流れだと捉えている。

(もちろん、そのような言葉が社会からの注目を集めることになるし、そのような言葉があることの効果は否定すべきものではないと思っている)

2008年当時、サッカー界で最先端を走っていたクラブの取り組み

僕は以前から、ビッククラブの影に隠れるクラブの取り組みに注目してきた。その一つが大宮アルディージャだ。大宮アルディージャは、浦和レッズというビッグクラブの影で、いかにファン・サポーターを獲得するかに苦心し、ゆえに様々な工夫を凝らしていた。誤解を恐れずに言えば、大宮アルディージャは、浦和レッズが取りこぼした人たちを如何にして大宮サポーターにできるかに注力していた。それが彼らの生存戦略だ。NTT東日本という責任企業を持つ強みを活かし、主にマーケティング領域での差別化戦略を取りながら、スポーツ界でも先鋭的な取り組みを行なっていたのである。

現在は各チームが自前の統合システムをもつのも珍しくなくなったスポーツ界だが、それをいち早く導入し、おサイフケータイを活用した電子チケット入場を行うなど、当時から数多くの実験的な試みを行なっていた。このため、当時の大宮アルディージャのホームゲームには、毎試合のようにプロ野球球団やリーグ関係者が視察に来ていたほどだった。以下が、当時週刊サッカーマガジンに掲載された大宮アルディージャの取り組み。

画像1

さらにこの記事が掲載されたあとには、ポイント機能を追加して「スポンサーチケットの空席問題」を解決する施策も行なった。2015年に、ラグビー協会の主催の試合で、チケットが売り切れていたにも関わらず、試合会場はガラガラだったという事例があったが、そのような課題を2008年の時点で解決していたことからも、当時の取り組みがどれだけ先鋭性があったかが、わかるのではないだろうか。

当時の資料がないかを探していたところ、僕が作った資料が当時在籍していた会社のウェブサイトに残っていたので、懐かしみつつ掲載することにする(笑)。

上記の日刊スポーツの記事を読んだ後に、この図を見てもらえれば、未だに残るスポーツ業界のチケッティングの課題の一つがわかってもらえるかもしれない。

画像2

・それまでは、事前に原券(紙チケット)をスポンサーに納品していたため、観戦してもらえるかどうかわからない分まで招待券を配っていた。つまり、その席は確保しなければならないので、一般の人に向けて売ることはできず、当日に空席となってしまう課題があった。

画像3

・スポンサーへの紙チケット配布をやめて、あらかじめポイントを提供。スポンサー企業はスポンサー専用サイトから、必要な枚数分を保持しているポイントで確保してもらうシステムを構築。これにより販売して良い席が明確になり、試合の何日か前にはチケットを一般向けに販売可能となり、余分にスポンサーに招待券を配ることによる空席問題を解決した。

ITシステムの投資に必要なのは「グランドデザイン」

最適なITシステムの投資を行うためには、あらかじめ、ITシステム投資の優先順位を定めたグランドデザインを立てることが必要だ。

そのグランドデザインは、現実にもつ課題、そして経済合理性の上で成り立っており、「あったらいいな」と言うものではなく、経営にインパクトのある様々な「課題の解決」を目的として作られるべきだ。

一方で、僕がそれまで「スポーツテック」という言葉に対して感じていたのは、この優先順位の欠如だった。どのテクノロジーも、実現したらいいなと思うのだが、優先順位が低いソリューションが多いと感じていたのである。(もちろん全てではない。)

そんな先入観が根付いていたせいで、いくら質の良い製品・サービスであったとしても、いくらアイデアが素晴らしいものであったとしても、「それって、あったら便利かもしれないけど、本当に必要?」といつも疑問を持っていた。そのようなサービスは、はじめは話題になるが、大抵は広く普及することはない。世界中で生まれているスポーツテクノロジー系のソリューションの多くが、「プロダクトアウト」的で「テックドリブン(技術主導)」なものだったため、広く普及するイメージが湧かなかったのだ。

しかし、大きな変化が起こった。新型コロナウィルスの大流行である。

これにより、社会は一変し、スポーツ界は大きな変革を迫られることになった。以前は、リアルタイムで観戦することによる「熱狂」や「共感」、スタジアムやアリーナにおける感情の揺れ動きこそに価値があったが、目に見えないウィルスの脅威によって、スポーツのリアル観戦という醍醐味を味わうこと自体が難しくなってしまったのだ。

すると、リモート応援やリモート観戦、投げ銭などに活路を見出そうと、スポーツテックに頼る動きが一気に加速した。テクノロジーが、スポーツの熱狂をファンに届けたいという主催者、そしてスポーツの熱狂を味わいたいというファン、この2つのニーズを解決するツールになった。社会の変化によって、「プロダクトアウト」だった商品やサービスが一瞬にして「マーケットイン」に変わったのだ。

自ら体験を豊かにする工夫が楽しかったりする

サッカーや野球などのメジャーなスポーツの世界では、例えば「DAZN」に対して「放映権」が設定されているため、ストリーミング配信そのものに対する工夫は、スポーツクラブや個人では難しい。その中で、どうやって観戦者を楽しませるか、がクラブやリーグの動きの主流となった。

一方、放映権や配信権が設定されていない音楽業界では、一気にストリーミング配信を使ったライブが主流に躍り出た。

つい先日、我が家では、妻と娘が、あるアーティストのストリーミングライブチケットを購入したいと言い出したため、「これは体験するチャンス」と思い、好きでもないアーティストのライブを一緒に観た。同じチケット代を払うなら、より臨場感を妻と娘に提供してあげたいと、一昔前に構築していた5.1chのスピーカーシステムを引っ張り出して、自宅でライブを楽しめる環境を構築したりもした。「ライブ会場さながら」とは言わないまでも、即席ながら擬似的に楽しめる環境は整えて、自分たちの体験を豊かにする努力をしたのだ。

これは、感覚的にキャンプのようなものだとも感じた。自らの空間を自分で作り上げて盛り上がる。これから観戦体験は、より個人空間に特化したものになっていくのかもしれない。

新型コロナウィルスにより社会が一変し、スポーツ観戦のあり方も一変した。今後は、リモートでの観戦体験をより豊かにするために「スポーツテック」による課題解決が進んでいくはずだ。そうすると、ファンがリアルに近い没入感を得ることができるような、新たなスポーツ観戦スタイルが提供される日は、かなり近いのではないかという気がしてくる。僕はいま、スポーツテックに強い関心を持っている。


ただいま、スポーツを愛する人たちで繋がって、コンテンツ制作をゆる〜く楽しむ仲間を募集しています。7月11日にはサークルメンバーで集まって、第一回目のZoomイベントを開催予定です。詳細は、サークル内の掲示板で公開中です。






この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

瀬川泰祐の記事を気にかけていただき、どうもありがとうございます。いただいたサポートは、今後の取材や執筆に活用させていただき、さらによい記事を生み出していけたらと思います。

いつも「スキ」をありがとうございます。
106
東洋経済、ITメディア、OCEANS等で執筆中。HEROs公式スポーツライター、アスリートライブ編集長、ファルカオFC理事。取材テーマは「Beyond Sports」。社会との接点からスポーツの価値を探る。興行ビジネス歴20年。http://segawa.kataru.jp

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 17157本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。