二宮佐和子 / SAWAKO NINOMIYA

刺繍アーティスト➰embroidery artist➰ 制作について、展示について、考えていることについて綴っていきます https://sawakoninomiya.com/

二宮佐和子 / SAWAKO NINOMIYA

刺繍アーティスト➰embroidery artist➰ 制作について、展示について、考えていることについて綴っていきます https://sawakoninomiya.com/

最近の記事

『網代漁港の網と縄』

網や縄はいくつもの糸が撚りあってできている。 そもそも糸も、いくつもの繊維が撚りあってできている。 撚り方は、用途や製造する会社によって違うようで 複雑な三つ編み(十編みくらい)になっていたりする物もあって 編み目はとても美しい。 10月に熱海を訪れた際、 「翌日の早朝に網代漁港へ行く」という人たちがいたので 直感的に、漁港といえば、網や縄があると思い、 私も連れて行ってもらうことにした。 7時から競りがスタートする。 鐘が鳴って、再び鐘が鳴るまでわずか10分。 無駄のない

スキ
2
    • 『ATAMI ART GRANT』 恵比須島

      恵比須島 「長い海底火山の時代の後、伊豆全体が隆起と浸食を受けたため  本来は地下に埋れていたはずの美しい内部構造を  直接見られるようになった。  恵比須島には海底火山の地層のほか、隆起と浸食が作った  地形が見られる。」 熱海について調べているうちに、上記の内容をネット上で見つけ、 恵比須島を自分の目で見て触れて歩いてみたいと思い、 伊豆半島の南部に位置する恵比須島へ向かった。 風の強い、小雨が降りつける日で天候は悪かったのだが 他に行ける日がなく、とにかく足を運ぶこ

      スキ
      2
      • 「PROJECT ATAMI」に参加しています

        熱海の魅力をアートで再発見することを目指したアートプロジェクト 「PROJECT ATAMI」に参加しています。 先日、下見で訪れた熱海は かつて海底火山の集まりであった伊豆半島に位置していることもあり 隆起と浸食によって形作られた独特の地形構造をしており その圧倒的な自然の造形美に魅了されるのと同時に、 温泉街として人々が形作った街並みのコントラストが濃く 短い滞在でしたが、すごく強いエネルギーを感じました。 その時に感じたものを、作品として制作しています。 私は”十の

        • SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of love 』

          10/29(金)より、福岡・警固にある 『TRESOL』にて、個展を開催します。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of love 』 2021.10.29 fri - 11.7 sunopen 18:00 - 5:00at TRESOL 福岡市中央区警固1-13-1 アーク警固3F https://www.instagram.com/tresol_jp/ ※ 社会情勢により営業時間が変更になる

          スキ
          3

          Your Name

          例えば好きな曲のタイトルを挙げただけで この人とは友達になれそうだと思ったり どうして私の心の中がわかるんだろうってくらい 今の気持ちを代弁してくれてたり 音楽は代名詞みたいなものでもあって 作り手はそれによって自身を救い 聞き手はそれによって救われる あらゆる時代、状況、環境、天候、季節、で奏でられる音楽は ずっと私やあなたのそばにいるもの 初めて名前を呼ばれたときのように 新しく強く体に残っていく光のようなもの

          スキ
          1

          『 a part of life 』 story telling

          目は口ほどに物を言い 口には果実をめいっぱいほおばる .......................................... some words for the work SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of life 』 2021.9.11 - 26 at TETOKA

          スキ
          3

          『 a part of life 』 『 a part of love 』 You and I

          触れた時に感じる自分自身の体温 あなたとわたしの間を彷徨いながら そっと逃さないように包み込む .......................................... some words for the work SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of life 』 2021.9.11 - 26 at TETOKA SAWAKO NINOMIYA solo exhibition『 a part of l

          スキ
          1

          『 a part of life 』 『 a part of love 』 sleep with flower

          自分が生まれた日のお祝いに花をもらった。 オレンジとサーモンピンクと緑と白でまとめられた花束は 夏らしく太陽のように明るく部屋を照らしてくれた。 毎日眺めていると、花は次第に枯れていく。 命を全うしていくどの瞬間も美しかった。 花を抱いてもしくは抱かれて眠るその顔は とても幸せそうだ。 .......................................... some words for the work SAWAKO NINOMIYA solo exhi

          スキ
          2

          『 a part of life 』 『 a part of love 』 space, air

          肉体は空間の中に存在し、空気を体内に取り込む 体は浮遊し、意識を心地よい方向へ飛ばす .......................................... some words for the work SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of life 』 2021.9.11 - 26 at TETOKA SAWAKO NINOMIYA solo exhibition『 a part of love 』

          スキ
          4

          『 a part of life 』 『 a part of love 』 fire, water

          形がなくて揺らいでいる 水は火を消し、火は水を気化させる 熱い、冷たい、あたたかい、生ぬるい 反対の性質を持ちながらどちらかが欠けることはできない 体温、消化は火の性質 体内の水分は水の性質 .......................................... some words for the work SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of life 』 2021.9.11 - 26 at TETO

          スキ
          3

          『 a part of life 』 『 a part of love 』 earth

          長い時間をかけて堆積した砂・小石・泥・火山灰・生物体などによって地層は形成される 植物は大地に根を張り土から養分を吸い上げる 重力によって物体は地面へと引っ張られていく 体の重さを感じ、今ここに居ることを確かめる 骨やミネラルは地の性質 .......................................... some words for the work SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of life 』

          スキ
          5

          『 a part of life 』 SN

          強く結びつこうとしながらも反発し合うことで放たれるエネルギーは 地球を一周して再び磁石のように引き合う わからないのはわかりたいと思うから 嫌いになるのは好きでいたいと思うから 寄り添いたいのは離れるのがこわいから .......................................... some words for the work SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of life 』 2021.9.11 -

          スキ
          3

          SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of life 』

          9/11(土)より東京・神田にある『手と花|TETOKA』にて 個展を開催します。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・  SAWAKO NINOMIYA solo exhibition 『 a part of life 』 2021.9.11 sat - 26 sun open 14:00 - 20:00 (LO 19:00) | closed wed at TETOKA 東京都千代田区神田司町2丁目16−6 㐧二小林ビル http://tetoka.jp/ ※ 社会情勢により

          スキ
          2

          post-vintageと作った『オリンピックキタイ』

          名古屋市大須にあるヴィンテージショップ「rhythm.war*p リズムワープ」の 大原奈緒子さんよりお声がけいただいて 2018〜2020年の2年間、post-vintageというプロジェクトに参加した。 ”過去と現在のイマジネーションの融合”をテーマに、 古着に”今”を吹き込み、30年後にも価値のあるものを送り出す というコンセプトで 次のヴィンテージになるように、 長くより愛着を持てるお洋服を提案していくというものだ。 アーティストが手を加えることでより価値のあるものに

          スキ
          6

          キメラトグラフ制作ノート的な デザイナーズボイス的な キメラトグラフに込めた想いとか

          このnoteは気軽なものにしようって決めたから 思いのまま書いてみることにします 新しいアイテムを作るとして 私は何を描きたいのか、どんな気持ちを込めたいのか考えた 誰かに頼まれたのでもなく、お題があるわけでもない 完全なる自由 そしてゼロから生まれるもの 思いつかなければ形にならず消えて無くなってしまうもの 常々、私は人と関わることが好きだ その時に生まれる化学反応みたいなものがたまらない とよく言っている いつからだろう でも、一人も好き 一人の時間も好き 中高

          スキ
          4

          Webサイトという場所

          かねてより、必要だと思いながらも後回しにしていた 自分のオフィシャルサイトがまもなく完成し、公開となる。 私はついあっちこっちしてしまうので、 というか方向性が一つでなかったり、 人との関わりによって生まれることを大切にしているので どうしてもまとまりがつかなくなる。 それらを束ねるプラットホームのようなものが必要なのだった。 作品や活動を見てもらう場所、 考えていることや残しておきたいことなどの言葉を綴る場所、 オーダーの相談を聞ける場所、 作品を直接販売できる場所、

          スキ
          7