『 guardian of the past and future 』


かつて鳥だったかもしれないし
雲だったかもしれない
土の中で眠っていたかもしれないし
降り注ぐ光だったかもしれない

海の底に沈んでいたときも
数センチ浮いていたかもしれない

ため息や涙はあたたかく
傷や痛みは道しるべとなる

例え記憶になくても
姿形が変わっても
粒子の隙間に染み込んで
ひっそりと寄り添っていたい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!