見出し画像

VERVE COFFEE ROASTERS@鎌倉【プロのコーヒーレシピNo11】

こんばんは。。35歳2児のパパで夫婦フルタイム共働きをしているサティーです。
東京を飛び出して週末は今回は鎌倉のカフェに遠征してきました。

この記事ですが『家飲みコーヒーで再現性のあるおいしさを出す』ことを目指して色々なカフェスタッフやロースターの方からノウハウを聞き出した情報を纏めています。

よろしければこの営みを始めるきっかけになったこちらの記事もご覧ください。

1.お店概要

画像1


【店名】VERVE COFFEE ROASTERS KAMAKURA(ヴァーヴコーヒーロースターズ)
【住所】〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1丁目10−8

画像2

【特徴】
鶴岡八幡宮への大通り若宮大路沿いにあるコーヒーロースター。結構すれ違う参拝客が同じロゴの入った紙コップ持ってるなーと思っていたらこのお店のやつでした。鎌倉駅からはちょっと歩きますが鶴岡八幡宮からは歩いて3分くらい。
アメリカ西海岸のサンタクルーズが発祥で2016年4月に『NEWoMan 新宿』に日本第一号店OPEN。2017年12月に鎌倉、2018年3月に3月に表参道と日本には3店舗あります。

公式サイトはこちら。

倫理と最高品質を追求するFARMLEVELという取組みを定義してフェアトレードで扱われたコーヒー豆を個別の農園からSTREETLEVELの一般消費者に届けるコンセプトで運営されてます。

(公式サイトより)
WE ARE BRIDGING THE GAP FROM FARMLEVEL TO STREETLEVEL

画像3

コーヒーサーバーとかカップ、アパレルグッズの陳列された棚にKARITAコーヒードリッパーのミニチュア置物が!これは売り物じゃないけど欲しくなりました笑。

2.飲んだコーヒー

画像4

中米中心のラインナップで来店時のオススメはパナマ産。コーヒー界では超有名な創業100年目の節目の年である2018年に、ゲイシャ・ウォッシュトとゲイシャ・ナチュラルとベスト・オブ・パナマのゲイシャ2部門で優勝、そして2019年に再びベスト・オブ・パナマのゲイシャ2部門で優勝するという快挙を成し遂げた農園です。

◆エリーダ ナチュラル
【国名】パナマ
【標高】1,950mあたりの
【地域】チリキ県
【地区】ボケテ地区
【農園】エリダ農園
【品種】カトゥアイ
【製法】ナチュラル

◆コーヒー豆の旅
パナマは中米で僕のが好きなアフリカエチオピアと緯度経度は似た位置にあります。近くにはコスタリカやニカラグアコロンビアなどコーヒー大国あり。

画像6

エリダ農園のあるボケテ地区はパナマ市よりだいぶ西側。

画像6

カリタのウェーブフィルターとドリッパーで抽出。カウンターに設置されてたスケールはブルーボトルコーヒーのやつと同じでした。カリタのウェーブシリーズやはり人気ですね。


画像7

ナチュラル製法のコーヒー豆らしく独特のアロマがあるものの酸味は抑えめ、後味の甘みが余韻として残って美味しいです。パナマはゲイシャのイメージ強かったですか見かけたら買ってみようかと思う好みの味でした。

画像8

フードも充実してて鎌倉散策の合間におすすめです。

それでは良いコーヒーライフを☕️

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!😭励みになります!
5
はじめまして、35歳で5歳娘と2歳娘のパパです。入社11年目・転職歴なしでしたが病気療養をきっかけに30代後半アラフォー時代の働き方・過ごし方を模索中。福島・愛媛・山梨・神奈川に居住歴ありで今は東京在住。