日下諭

役者。高円寺K'sスタジオ代表。

日下諭

役者。高円寺K'sスタジオ代表。

マガジン

最近の記事

舞台「高円寺が踊る」無料配信中

私は2022年10月13日〜16日まで座・高円寺1で上演された舞台「高円寺が踊る」に出演しました。 この舞台は令和4年に区政90 周年を迎えた杉並区が、記念事業の一環としてプロポーザル方式で実施した演劇公演です。 芝居の内容は「高円寺阿波おどり」誕生の史実を下敷きに、高円寺で暮らすとある家族の親・子・孫の三世代の視点で昭和・平成・令和の3つの時代を跨いで壮大に描く高円寺的大河ドラマです。 出演者は杉並区在住者限定のオーディションで選ばれた22人と、作演出を担当した池亀三

    • 手塚治虫年表1933年~1952年

      2020年にFM宝塚で放送されたラジオドラマ「33-52 手塚治虫の宝塚」のシナリオ執筆のために作成した年表です。末尾にはラジオドラマ登場人物候補のリストも掲載しています。あくまでメモ書きなので乱文ご容赦下さい。 手塚治虫年表&エピソード集(年齢は満年齢) 1855年(安政2年)頃 手塚良庵と福沢諭吉の「遊女のにせ手紙」事件が起こる(空を越えて9頁)。 1927年頃(昭和2年) 父母明治神宮記念館で結婚。初めての男の子が死産(アーチストになるな2頁) 1928年(昭和

      • シェアハウスに住みませんか?

        土地勘のない場所への引っ越しはとにかく大変!私が地元、兵庫県宝塚市から初めて上京したのは2007年の春でした。 劇団の養成所の入所試験を受けていたのですが、実家に合格通知が届いたのが3月23日で、4月からの新生活のために、そこから大急ぎで家探しと引っ越しをしました。 初めての一人暮らし、しかも土地勘も時間もない中東京で家探しをするのは、今思い出しても本当に本当に大変でした。しかも家が決まったら決まったで、カーテンや冷蔵庫やハンガーや食器など最低限の生活に必要なものを買いそろえ

        • 演劇と配信について思うこと

          <この記事は約5分でお読みいただけます> 1.やっぱり演劇は生が一番?  演劇行為を成り立たせる最低限の要素は「場所」「演者」「観客」の三点だと言われています。つまり、観客が臨場しない配信公演などは本当の意味で演劇行為とは呼べないのではないか、という考え方があります。  また、どれだけ撮影技術や録音技術が進歩しても、劇場へいって生の演劇を観賞することから消費者が得る経験とのギャップをゼロには出来ません。  もしこのギャップをゼロにすることができるならば、演劇など、ただ古臭

        舞台「高円寺が踊る」無料配信中

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 演技のあれこれ
          日下諭
        • 日下諭の戯曲
          日下諭

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【日本初!マルチアングル視点切替視聴による演劇公演生配信】

           高円寺K’sスタジオでは2020年8月1日~10日まで「StayHome一人芝居at Theatre」という演劇公演を開催しています。これはManhattan96主宰、今井夢子氏の20本のオリジナル作品を4人の演出家と22人の役者で上演するという企画です。    ご存じの通り、新型コロナウィルスの影響で通常の形態での公演が不可能となり、客席はわずか5席、その代わり上演の生配信をするということになりました。    ここ数か月、演劇公演の録画販売、生配信の数は非常に多くなってい

          【日本初!マルチアングル視点切替視聴による演劇公演生配信】

          貸切キャンペーン延長します

          皆様こんにちは。高円寺K'sスタジオの日下です。前回の記事でコロナショックのため存続の危機に陥ったスタジオで期間限定のお一人様貸切キャンペーンを始めたことをお知らせしたところ、演劇人のみならず、音楽家の方や写真家の方など、とてもたくさんの方にスタジオを使っていただきました。おかげ様で何とか廃業せずに(とはいえ相当な赤字ではありましたが、、、)自粛期間を越えることができました。本当に本当にありがとうございます。 もともとは5月31日までのキャンペーンでしたが、感染拡大防止の観

          貸切キャンペーン延長します

          ※終演しました<カニカマ演劇祭>

          ※本イベントは終了しました。結果は 1位 アニメOPっポイヤツ~異世界ファンタジー編~ https://youtu.be/wF3aHMCVhuI 2位 通話劇「ひさしぶり」 https://youtu.be/d9WL4fqyl6o 3位 【オンライン演劇?】TEAM909『頼らざるをえないみたい』 https://youtu.be/fCixNTl4EQk おめでとうございます!! 高円寺K’sスタジオチャンネルプロデュース・オンライン<カニカマ演劇祭>開幕!全国から

          ※終演しました<カニカマ演劇祭>

          高円寺K’sスタジオからのお願いです

          ある日突然予約がゼロに!日下諭(くさかさとし)と申します。 2015年に演劇スタジオを作って、まもなく6年目を迎えます。 代表者が俳優なので演劇スタジオと名乗っていますが、演劇の稽古や公演に限らず、様々な用途でお使いいただいておりました。 それがご存じの通り、今回の自粛要請で3月から5月の予約が、ほぼ全て白紙になってしまいました。 もちろん自営業ですので、常日頃からある程度の利用減は覚悟していましたが、恥ずかしながら現状のような「全くゼロ」というのは想定していませんでした

          高円寺K’sスタジオからのお願いです

          高円寺K'sスタジオ<オンライン>カニカマ演劇祭・参加者募集!

          【高円寺K’sスタジオ<オンライン>カニカマ演劇祭開催のお知らせ】  現在、感染拡大防止の観点からほとんどの劇場公演が中止され、演劇人たちの表現の場が失われています。私たち演劇人は、人と実際に会うことで演劇を作り、そしてお客様と実際に出会うことで演劇を提供しています。その根幹である「人と会う」というプロセスを奪われた私たちは、さながら翼をもがれた鳥のような状態で家に籠っています。  このような状態でも、何かできることはないだろうかと考え、私たち高円寺K’sスタジオは、インタ

          高円寺K'sスタジオ<オンライン>カニカマ演劇祭・参加者募集!

          オーディション情報

          私は4月10日から5月5日まで足かけ約1か月東京から九州まで旅をしながら「ラン・フォー・ユア・ワイフ」という芝居に出演しておりました。  ご覧になった方はおわかりかと思いますが、相当に面白い芝居です。東京でも九州でも、大、大、大好評の出来栄えとなりました。ただの大好評ではありません。演劇関係者、演劇評論家、観劇ファン、一般のお客様、演劇を生まれて初めて観る人、みなさまから「面白い!」と言っていただけた作品でした。大げさではなく、そんなことは私の演劇生活の中で初めてのことです(

          オーディション情報

          高円寺K'sスタジオ<ドラマティック・コラボレーション>始動

           高円寺K’sスタジオは間もなく創立から4周年目を迎えます。これまでプロ・アマ問わず本当に多くの演劇関係者の方に利用していただきました。 多くの方が多種多様な企画をしてくださったおかげで、この4年間でスタジオには小規模ながら非常に強固な演劇的集合知が蓄積されてきました。  そこでこのたび、この集合知を何かの形で演劇界に還元することはできないだろうかと考え、<ドラマティック・コラボレーション>という企画を立ち上げました。  これは、ずばり「演劇的共同研究所」ということにな

          高円寺K'sスタジオ<ドラマティック・コラボレーション>始動

          大分県の皆様へ

          初めまして。私は役者の日下諭(くさかさとし)と申します。 このたび、ホルトホール大分で「ラン・フォー・ユア・ワイフ」という演劇を上演させていただくことになりましたので、ぜひ大分の皆様にご覧いただきたいと思い、筆を執りました。  また私自身、大分県を訪れるのが初めてで、とても楽しみにしています。(美味しいものと温泉がとても好きなので)どこか大分駅近郊でおいしいお店があればぜひ教えて下さい。  さてさて、皆様は普段、演劇をご覧になることがあるでしょうか。私は演劇の世界に身を置

          大分県の皆様へ

          マイズナー・テクニックのWSについて

           私が演技のワークショップを受けに行く理由は主に二つあって、一つは新しい芝居のDNAを求めて全然未知のところに行く場合、もう一つは、同じ演劇の神様(もしくは近い神様)を信じていると思われる人のところへ行って一緒に礼拝を捧げる場合です。  ペーター・ゲスナー氏、マイズナー・テクニック、モスクワ芸術座のセルゲイ、高泉淳子氏、ローナ・マーシャル、このあたりが私の演技のDNAになっています。  その中でも私が俳優としての自分自身の演技のDNAについて言及する時、必ず挙げるのがマイズナ

          マイズナー・テクニックのWSについて

          「演カツ」とは何か。

          私、日下諭が代表をつとめている高円寺K'sスタジオで2019年4月21日(日)に「第7回演カツ」というイベントをやることになりました。 主催者はひらたさおりさんで、今回が初めてのコラボとなりますが、とても画期的なアイデアだと思うので、ごく簡単にご紹介したいと思います。 ・「演カツ」とは?  「演カツ」とは、一言でいえば「逆オーディション」のようなイベントです。  通常のオーディションでは、一つの主催団体の元に役者が集まり、主催団体に対してPRを行いますが、「演カツ」

          「演カツ」とは何か。

          レイ・クーニー「ラン・フォー・ユア・ワイフ」の魅力

           レイ・クーニーという作家は、世界一ユーモアセンスがあると自負しているであろうイギリス人たちを半世紀以上にわたって抱腹絶倒させ続けている、いわばキング・オブ・コメディです。  レイ・クーニーの作品ってどんな感じ?と聞かれた時、「三谷幸喜さんの作品みたい」と言えばわかりやすいかも知れません。  それは、一口に言えば「ワンシチュエーションの中で登場人物たちがひたすら困った状況にあって、なんとか打開しようと右往左往するも、さらに状況が悪化してしまう」という作風です。  レイ・クーニ

          レイ・クーニー「ラン・フォー・ユア・ワイフ」の魅力

          セックスと芝居は似ているのか

          演劇界には、誰でも一度は聞いたことがある 「セックスと芝居は似ている」という手垢がつきまくった表現があります。 ようはちゃんと相手役と舞台上でコミュニケーション取りなさいよというだけのことなんですが、これは結局自意識の問題です。 性的神経症を治療するのに「脱反省」という技法があるんですが、「脱反省」というのは、本当に一言で言ったら自分以外の事やモノに没頭して「自分自身を忘れる」ことです。 なんでこの技法が性的神経症に効果を発揮するのかというと、これもまたざっくり言

          セックスと芝居は似ているのか