見出し画像

road to the genuine music geek! #2 ZeddとGaga様

いまだにノートの書き方が分からず使いこなせておりません。エディターガイドを見てはいるけどよくわかりません。笑
ただ、改行がシフトとエンターキーであることを学びました笑

さて、前回に引き続き、Zeddについて語りたいと思います。今回はZeddとGaga様について書きたいと思います!Gaga様は私の人生にとって大事な大事な方なのでまた別の機会に彼女に焦点を当てて書きたいと思います。

*GAGA様っていう呼び方、鬱陶しい!って思うかもしれませんが私なりの彼女に対しての敬意のつもりです。。。

どうしてZeddとGaga様なのかというと、Gaga様の三枚目のアルバム"ARTPOP"の多くの楽曲のプロデュースを手がけたからです。というのも、その前から親交があり、Zeddが"Born This Way"をリミックスしたり、"Born This Way Ball Tour"のオープニングアクトをしたり、ガガ様のお気に入りだったようです。

"ARTPOP"のアルバムでは、"Applause"が先駆けてシングルカットされ、mvも話題になったと思います。が、Zeddが提供した楽曲はその曲ではありません。意外にも。私が確認してる範囲で彼のプロデュースは以下の通りです。(もしかしたら他にもあるかもしれません。時々正確にクレジットされていなかったりする時もあります。なぜか。)

Aura
G.U.Y.
Donatella

3曲だけだった。あれ。ですが、この3曲をじっくりと聞くと「Zeddの音だ」って思います笑特に"Clarity"のアルバムに収録されている"Shave It Up"や"Lost at Sea"の音に似ている、共通する部分があるなあと感じます。この3曲がZeddプロデュースだと知った時、すごい感動しました。1人で。勝手に笑

その中でも私の一番お気に入り"Donatella"の音源をここに貼っておきます。どの曲もシングルカットされず、MVもないのがとても残念です。特にAuraとかすごい豪華なMV作れそうな感じの楽曲なのに。。。


ちなみに、日本での”ARTPOP tour"にZeddは後ろの方で鑑賞していたのです。ソニマニでZeddも来日していたのです。私は彼が見にきてた日にちょうど行ってました!直接は会えず、インスタで知ったのですが笑
あ!でもけみお君には会えました!とても背が高くてカッコ良かったの今でも覚えてます!(脱線しすぎ)
(このコンサートについていろいろ思うことがあります笑会場がサマソニと同じで、次の日からサマソニだったので。。。)

ということで今回はここまで。まだZeddの記事は続く予定です。

それではまた。
Tschüss! 


この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくださってありがとうございます!好きがこぼれ落ちます!!
1
洋楽がひたすら好き。好きすぎるけど共有する相手がいないので始めてみました。文章を書くのは下手なので読みづらいかもしれないけど内容は濃い(つもり笑)なので読んでくださったら好きがこぼれ落ちます:) 投稿頻度はゆっくりです。すみません。やることか山ほどあって。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。