夏目久生(Sakuraphon)

ピアノSPレコード研究家、マスタリング・エンジニア、作詞作曲。 バンドデビュー(BMGビクター)、アートディレクター(WEB企業)、DIW Classics(ディスクユニオン)を経て、19世紀ピアニズムの歴史的録音復刻CDレーベル「Sakuraphon」を主催。

夏目久生(Sakuraphon)

ピアノSPレコード研究家、マスタリング・エンジニア、作詞作曲。 バンドデビュー(BMGビクター)、アートディレクター(WEB企業)、DIW Classics(ディスクユニオン)を経て、19世紀ピアニズムの歴史的録音復刻CDレーベル「Sakuraphon」を主催。

    ストア

    • 商品の画像

      Willy Burmester : The Complete recordings ヴィリー・ブルメスター全録音集 (富士レコード社レーベル)

      Willy Burmester, a German violinist from the early 20th century who is now forgotten, alongside Kreisler. Here is a compilation of all his recordings left in his home country of Germany, his easy trip to Japan, and Denmark. World's premier!クライスラーと並び称されながら、今や忘れ去られた二十世紀初頭のドイツのヴァイオリニスト、ヴィリー・ブルメスター。本国ドイツ、楽旅先の日本、そしてデンマークに残した全録音をここに集大成。世界初!Executive Producer : Yasuhiro Soonda(園田 恭弘)Audio Conservation : Tadaatsu Atarashi(新 忠篤)Digital Remastering : Kiyoshi Tokiwa (常盤 清)Liner Note : Naoya Hirabayashi(平林 直哉)Design : Minoru Nishimoto(西本 稔)Special Thanks to : Takeshi Miura(三浦 武)、Hideki Ohnishi(大西秀紀)、Tomomi Itagaki(板垣 友美)、Naoki Aihara(相原直樹)、Michael H.Gray、Mac Sugisaki(マック杉崎)Cover Photo : Getty ImagesLabel : Record-Sha & Fuji Record-Sha , 富士レコード社、レコード社Product Number : F78-2Format : pressed Audio CD [MONO] with Japanese Liner Note.
      ¥2,750
      Sakuraphon Sound Store
    • 商品の画像

      Leo Sirota : Piano Recital Vol.1 / レオ・シロタ:ピアノ・リサイタル Vol.1

      💿 Leo Sirota : Piano Recital Vol.1 “One day, Beate Sirota Gordon, the pianist’s daughter, phoned to mention that she might have a tape of two from Sirota’s weekly radio recitals in St. Louis, broadcast live from 1951 until 1962, in which he covered much of the piano’s literature.” - Allan EvansIt was around 1998 that Leo Sirota's archived sound source began to be made into a CD by Allan Evans. Three Arbiter CD titles are a collection of Russian composers, a collection of Chopin, and a farewell concert at Hibiya Public Hall, were released one after another, which thrilled piano music fans.The Leo Sirota Archives CD series will be released by Sakuraphon, which is inherited from Allan Evans (Arbiter Cultural Traditions inc.).💿 [track list]01. J.S.Bach : Prelude and Fugue in C minor (WTK, Book II, No.2) , BWV 87102. Couperin : La Favorite, Chaconne à deux temps (Livre I, Ordre III)03. Gluck/Brahms : Gavotte in A major ~ Iphigénie en Aulide 04. Mozart : 9 Variations on "Lison dormait", K264/315d05. Beethoven : 1st mvt. ~ Sonata in C# minor, Op.27-2 "Moonlight"06. Hummel : Rondo Favori in E-flat major, Op. 1107. Schubert : Moment Musical in F minor, Op.94-308. Mendelssohn : Scherzo in E minor, Op.16-209. Chopin : Fantasie in F minor, Op.4910. Chopin : Écossaises, Op.72-3(🔈 https://youtu.be/YQLB6gyDWLU )11. Liszt : Sonetto 47 del Petrarca ~ Années de pèlerinage II, S.161-412. Schumann : Aufschwung ~ Fantasiestücke, Op.1213. Brahms : Intermezzo in B-flat minor, Op.117-214. Brahms : Capriccio in B minor, Op.76-2(🔈 https://youtu.be/QzlcAbHOJfw )15. Rachmaninoff : Polka de V.R.- TOTAL TIME : 74min 59sec.(broadcast recordings 1952-1962) First publicationAll tracks from Leo Sirota Archives (original master tapes).Transferred by Allan Evans (Arbiter of Cultural Traditions, Inc.), Remastered by Hisao Natsume (Sakuraphon).20 pages booklet (liner note with many photos) includes a newly-written short biography by James Irsay. *Previous released Leo Sirota's 3 CDs : Arbiter Cultural Traditions inc. (Allan Evans)https://arbiterrecords.org/💿レオ・シロタ:ピアノ・リサイタル Vol.1(1952〜1962年放送録音集)世界初復刻日本洋楽界の大恩人であるレオ・シロタのアーカイブ音源が世界中の音楽ファンから惜しまれながら逝去されたAllan Evans氏 (Arbiter Cultural Traditions inc.)* によってCD化され始めたのが1998年頃でした。ロシア作曲家集、ショパン集、そして日比谷公会堂の告別演奏会と3タイトルが次々リリースされ音楽ファンたちの胸をときめかせました。それらの音源は、シロタの娘さんであるBeate Sirota Gordonさんの住居地下室からアラン・エヴァンス氏によって発掘された膨大なマスターテープを元にしています。そのシロタの貴重なアーカイブを正式に引き継ぎ、Sakuraphonから順次リリースを行います。スタートを飾るこのアンソロジーは、レオ・シロタの魅力を伝えるためにバッハからラフマニノフまで幅広いレパートリーをラジオ放送録音音源から選びました。20ページのブックレットには、ピアニスト・音楽学者のJames Irsay氏によるライナーノートとご遺族から提供された貴重な写真を多数掲載しています。今後継続されるリリースにもご期待ください。(サクラフォン 夏目久生)*Previous released Leo Sirota's 3 CDs : Arbiter Cultural Traditions inc. (Allan Evans)https://arbiterrecords.org/
      ¥2,750
      Sakuraphon Sound Store

    マガジン

    • おとこらむ oto-column

      「音楽と鳥しんぶん」に連載されていたレコード研究家の音楽的日常のコラムが、noteマガジンでも登場!家人の夢の中で「あなたはレコードのマハラジャよ!」と美輪明宏さんに称賛された夏目久生の音楽日記。たまに「オーディオ夜話」やレコード研究家をめぐる4コマ漫画「ハートの人」も混入。

    • 夏目久生:随筆集

    • 商品の画像

      Willy Burmester : The Complete recordings ヴィリー・ブルメスター全録音集 (富士レコード社レーベル)

      Willy Burmester, a German violinist from the early 20th century who is now forgotten, alongside Kreisler. Here is a compilation of all his recordings left in his home country of Germany, his easy trip to Japan, and Denmark. World's premier!クライスラーと並び称されながら、今や忘れ去られた二十世紀初頭のドイツのヴァイオリニスト、ヴィリー・ブルメスター。本国ドイツ、楽旅先の日本、そしてデンマークに残した全録音をここに集大成。世界初!Executive Producer : Yasuhiro Soonda(園田 恭弘)Audio Conservation : Tadaatsu Atarashi(新 忠篤)Digital Remastering : Kiyoshi Tokiwa (常盤 清)Liner Note : Naoya Hirabayashi(平林 直哉)Design : Minoru Nishimoto(西本 稔)Special Thanks to : Takeshi Miura(三浦 武)、Hideki Ohnishi(大西秀紀)、Tomomi Itagaki(板垣 友美)、Naoki Aihara(相原直樹)、Michael H.Gray、Mac Sugisaki(マック杉崎)Cover Photo : Getty ImagesLabel : Record-Sha & Fuji Record-Sha , 富士レコード社、レコード社Product Number : F78-2Format : pressed Audio CD [MONO] with Japanese Liner Note.
      ¥2,750
      Sakuraphon Sound Store
    • 商品の画像

      Leo Sirota : Piano Recital Vol.1 / レオ・シロタ:ピアノ・リサイタル Vol.1

      💿 Leo Sirota : Piano Recital Vol.1 “One day, Beate Sirota Gordon, the pianist’s daughter, phoned to mention that she might have a tape of two from Sirota’s weekly radio recitals in St. Louis, broadcast live from 1951 until 1962, in which he covered much of the piano’s literature.” - Allan EvansIt was around 1998 that Leo Sirota's archived sound source began to be made into a CD by Allan Evans. Three Arbiter CD titles are a collection of Russian composers, a collection of Chopin, and a farewell concert at Hibiya Public Hall, were released one after another, which thrilled piano music fans.The Leo Sirota Archives CD series will be released by Sakuraphon, which is inherited from Allan Evans (Arbiter Cultural Traditions inc.).💿 [track list]01. J.S.Bach : Prelude and Fugue in C minor (WTK, Book II, No.2) , BWV 87102. Couperin : La Favorite, Chaconne à deux temps (Livre I, Ordre III)03. Gluck/Brahms : Gavotte in A major ~ Iphigénie en Aulide 04. Mozart : 9 Variations on "Lison dormait", K264/315d05. Beethoven : 1st mvt. ~ Sonata in C# minor, Op.27-2 "Moonlight"06. Hummel : Rondo Favori in E-flat major, Op. 1107. Schubert : Moment Musical in F minor, Op.94-308. Mendelssohn : Scherzo in E minor, Op.16-209. Chopin : Fantasie in F minor, Op.4910. Chopin : Écossaises, Op.72-3(🔈 https://youtu.be/YQLB6gyDWLU )11. Liszt : Sonetto 47 del Petrarca ~ Années de pèlerinage II, S.161-412. Schumann : Aufschwung ~ Fantasiestücke, Op.1213. Brahms : Intermezzo in B-flat minor, Op.117-214. Brahms : Capriccio in B minor, Op.76-2(🔈 https://youtu.be/QzlcAbHOJfw )15. Rachmaninoff : Polka de V.R.- TOTAL TIME : 74min 59sec.(broadcast recordings 1952-1962) First publicationAll tracks from Leo Sirota Archives (original master tapes).Transferred by Allan Evans (Arbiter of Cultural Traditions, Inc.), Remastered by Hisao Natsume (Sakuraphon).20 pages booklet (liner note with many photos) includes a newly-written short biography by James Irsay. *Previous released Leo Sirota's 3 CDs : Arbiter Cultural Traditions inc. (Allan Evans)https://arbiterrecords.org/💿レオ・シロタ:ピアノ・リサイタル Vol.1(1952〜1962年放送録音集)世界初復刻日本洋楽界の大恩人であるレオ・シロタのアーカイブ音源が世界中の音楽ファンから惜しまれながら逝去されたAllan Evans氏 (Arbiter Cultural Traditions inc.)* によってCD化され始めたのが1998年頃でした。ロシア作曲家集、ショパン集、そして日比谷公会堂の告別演奏会と3タイトルが次々リリースされ音楽ファンたちの胸をときめかせました。それらの音源は、シロタの娘さんであるBeate Sirota Gordonさんの住居地下室からアラン・エヴァンス氏によって発掘された膨大なマスターテープを元にしています。そのシロタの貴重なアーカイブを正式に引き継ぎ、Sakuraphonから順次リリースを行います。スタートを飾るこのアンソロジーは、レオ・シロタの魅力を伝えるためにバッハからラフマニノフまで幅広いレパートリーをラジオ放送録音音源から選びました。20ページのブックレットには、ピアニスト・音楽学者のJames Irsay氏によるライナーノートとご遺族から提供された貴重な写真を多数掲載しています。今後継続されるリリースにもご期待ください。(サクラフォン 夏目久生)*Previous released Leo Sirota's 3 CDs : Arbiter Cultural Traditions inc. (Allan Evans)https://arbiterrecords.org/
      ¥2,750
      Sakuraphon Sound Store
    • もっとみる

    最近の記事

    もっと良い音!SPレコードのカートリッジ再生①替針沼へようこそ

    カートリッジ沼のほとりで カートリッジは入門モデルから高級ハイエンドモデルまで、かなりの価格幅があります。 ただ、ハイファイなピュアオーディオから程遠いノイズと傷まみれのSPレコード再生に於いては、高価で繊細なモデルは必要ありません。ハイエンドといってもEMTやortofon辺り止まりです。どちらにしろ78rpm用替針のあるカートリッジはそれ程無いので、手に入るだけ全て試してみても良いと思います。 SONOVOXやDENON102SDなどは、STANTONやナガオカと大分

    スキ
    5
      • 意外と簡単❣️SPレコードの再生方法②

        SP再生用のカートリッジを選ぼう!入門編 78回転モード付きのターンテーブルをお持ちなら、あとはカートリッジだけでとりあえずのSPレコードの再生は可能になります。 オーディオテクニカは、SPレコード用のカートリッジをずっと発売し続けてくれている良心的なメーカーです。手軽な価格ですが、扱いやすく、針交換も安定供給が期待できるので入門編として安心してお勧めできます。付け加えますと、良い音を求めるならばやはり上位モデルの方をお勧めします。 LP用カートリッジ、SP用カートリッ

        スキ
        8
        • 意外と簡単❣️SPレコードの再生方法①

          SPレコードってなんじゃらほい?そもそもSPレコードって何?といいますと、皆さん映画などで観たことがあるラッパ型のホーンスピーカーを持った、あのレトロな蓄音器でかける専用のレコードなんです。これはLPレコード(12インチ ヴァイナル)が一分間に通常33.3回転(33.1/3rpm)するのに対して、SPレコードは78.26回(78rpm)もの高速で回転するのです。 通常のアナログ盤がヴァイナル=Vinyl盤と呼ばれる通り、ビニールを原料として割れにくい性質に対して、SPレコー

          スキ
          12
          • ピアニストと戦争〜ショパン国際ピアノコンクールと悲劇の女流ピアニスト

            ショパンの祖国であるワルシャワで、第1回ショパン国際ピアノコンクールが開催されたのは1927年。 世紀の大ピアニストであるアレクサンドル・ミハウォスキ(1851-1938)をアイコンに、J.ジュラヴレフとZ.ジェビエツキの両教授が、ショパン演奏の更なる繁栄を掲げてのスタートでした。 もう一つの目論見として、ポーランド・ピアニスト達を世界に発信したい、という想いがあったはずです。しかし、実際に優勝したのはロシア・ピアニストのレフ・オボーリンであり、これを発端として、国家を背負っ

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • おとこらむ oto-column
            夏目久生(Sakuraphon)
          • アート
            夏目久生(Sakuraphon)
          • 夏目久生:随筆集
            夏目久生(Sakuraphon)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            アヴァンギャルドな元ベルギー王女   マリー・アントワネット・オーセナック・ド・ブロイの奏でる嫋嫋たるショパンの一部始終

            マリー・アントワネット・オーセナック・ド・ブロイ王女(Princess Marie-Antoinette Aussenac de Broglie, 20 July 1883 - 31 October 1971)という、ポルトガルの貴族出身のピアニストがいた。ジャック・ド・ブロイ王子と結婚したことによって、1933年に離婚するまでのおよそ7年の結婚の間、王女となった。 オーセナック・ド・ブロイは、出生地ポルトガルでフランツ・リストの高弟であるホセ・ヴィアナ・ダ・モッタ(Jos

            スキ
            5

            偏愛的ワンピースのドリームキャスティング(随時更新中)

            🏴‍☠️【麦わら海賊団】 ルフィ:ローラ ゾロ:加瀬亮 サンジ:綾野剛 ナミ:長澤まさみ ロビン:黒木メイサ ウソップ:大泉洋 チョッパー:神木隆之介 フランキー:アントニオ猪木 ブルック:佐藤タイジ(ex.シアター・ブルック) ジンベエ:マツコデラックス ☠️【最悪の世代】 トラファルガー・ロー:松田龍平 ユースタス・キッド:うじきつよし キラー(鎌ぞう): ウルージ : ピエール瀧 カポネ・ベッジ:せんだみつお スクラッチメン・アプー:所ジョージ ジュエリー・ボニー

            スキ
            5

            夏目久生・未刊随筆全集

            ーーーー 目 次 ーーーー あなたのトカゲです 春巻きトカゲ イモフカシテル男爵(嘘つき芋🥔) 寝てる時より眠い ご声援ありがとうございます 5000円ありがとうございます (相撲の勝利インタビューにて) 身体がシフォンケーキ ゴッドファーザー鬼塚 丁度いい音頭(温度) いい加減な人のダンス 嘘もベートーヴェン(嘘も方便) 本当のカニを知りたいだけ(U2的魂の叫び) → カニの味噌汁🦀 (神のみぞ知る) ねーでゲス(ラップ) オナラとは空砲である

            スキ
            4

            日本とワルシャワのショパンの1949年

            「眞木先生の音は可愛く激しく、独特な世界が聞こえる。まさに現代にピッタリ!」(綾戸智恵/ジャズシンガー) ショパン没後100周年である1949年。戦後4年、世界は戦争の惨禍からの復興の最中にありました。ナチスの侵略によって壊滅させられたショパンの故郷ポーランドのワルシャワでは、このショパンの記念的な年に、戦後初「第4回ショパン国際ピアノコンクール」を開催し新しい時代の幕開けを行いました。(このコンクールの優勝者は同率一位ということで、ハリーナ=チェルニー・ステファンスカ [

            スキ
            3

            ラヴェルと左腕のピアニスト

             パウル・ヴィットゲンシュタインは、実業家カール・ヴィットゲンシュタインとレオポルディン・マリア・ジョゼファ・カルムスの四男としてウィーンに1887年に誕生。第一次世界大戦中に負傷から右腕を失い、左手のピアニストとして成功を収めたことで知られています。また、高名な哲学者ルートヴィヒ・ヴィットゲンシュタインの兄にもあたります。  当時、ウィーンの上流階級であったヴィットゲンシュタイン家には、ブラームス、クララ・シューマン、ヨハン・シュトラウス、マーラー、ヨーゼフ・ラーボル、リ

            スキ
            8

            ニコライ・オルロフ〜ロシアピアニズムの継承者

            帝政ロシアに生まれたニコライ・オルロフ(1882-1964)は、モスクワ音楽院でピアノをコンスタンチン・イグムノフに、作曲と対位法をセルゲイ・タネーエフに学んだ。ピアニストとしてデビューを果たした1912年には、作曲者自身の指揮でグラズーノフ「ピアノ協奏曲」の初演も務め成功を収めている。ロシアの同世代ピアニストであるネイガウス、ゴリデンヴェイゼル等は祖国に残りソビエト・ピアニストたちを育てたが、オルロフは英国に拠点を移し世界を舞台に演奏活動を続けた。そして、ピアノの魔術師パハ

            スキ
            8
            再生

            ショパンの孫弟子による伝説のノクターン

            19世紀生まれのピアニストによる歴史的名盤⑤ ラウル・フォン・コチャルスキ(1885-1948, ポーランド ) ショパン「夜想曲第2番変ホ長調 作品9-2 (ヴァリアント付)」(1938年録音) ● ショパンの高弟カロル・ミクリにショパン伝統の継承者として育てられたサラブレットであるコチャルスキによる伝説的なSPレコード。聴き慣れないヴァリアント(装飾音)は、ミクリがショパン自身の演奏を聴いて書き留めたものと伝えられており、さらにはも別バージョンまでコチャルスキのさらに古いSP録音やミハウォスキの録音に残されています。 ショパンは即興的な装飾音を付けて演奏した例が幾つも伝えられていますが、これのレコードはそれを裏付けています。 コチャルスキが、どの程度ショパン自身の演奏スタイルを再現しているか、過大評価は禁物ですが師ミクリから多くの証言を得た事は確かです。このレコード以外にも「幻想即興曲」などの演奏は拍の取り方が違う楽譜を元に演奏されていて非常に興味深いものです。 ▶︎ コチャルスキは、晩年のライブ録音に、よりリラックスした本来の姿を見出す事ができます。(私にはレコード録音は、少し強張ったように聴こえます。)またピアノロールも数本残しており、こちらは余り知られていません。ショパンのクラコヴィアク Op.14や、独奏版のピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11などレコード録音されていない曲も多くあり、いつの日かCD復刻される事を願って止みません。

            スキ
            6

            巷に雨の降る如く〜ドビュッシーのピアノ

            ビュッシーのショパン演奏を聴いたことのある者たちは、ハンマーを意識させない程のビロード・タッチと、溢れ出る泉のようなその響きを生涯忘れることが無かったという。それもそのはず、ドビュッシーはショパンの弟子であったフレーヴィル夫人にピアノを習っている。ドビュッシーの才能が、この夫人からショパン演奏の秘密を多く吸収していた事は容易に想像されるのである。 確かにドビュッシーのショパン演奏なんて想像しただけでも目も眩むような話だが、残念ながら後世の我々には夢想する以外に忍ぶ手段は残され

            スキ
            16
            再生

            19世紀生まれのピアニストによる歴史的名盤④ フランシス・プランテ

            19世紀生まれのピアニストによる歴史的名盤④ フランシス・プランテ (1839-1934, フランス) ショパン「練習曲 ハ長調 Op.10-7」(1928録音) https://youtu.be/UOVs526XWJw ●ショパン自身のピアノ演奏を聴いたことがあるとされる唯一のピアニストによるショパンのレコード。この最晩年の演奏は、スイスの自宅までコロムビアが機材を運び込んだ甲斐もあり、愛用のエラールの響きによるプランテの伝説的な「フローティング・トーン」の実演に接する事が出来る訳です。このフローティング・トーンについては、こんな逸話が残されています。 「ええ、私も一音だけならプランテのタッチを真似する事は出来ますよ。でも一曲通して彼のトーンで演奏することはとても出来ません。」 プランテを聴くたびに思い出すのは、アンドレ・ジッド著「ショパンについての覚え書き」です。 ノーベル賞作家として記憶されているジッドは、幼少期にショパンの弟子に学んだアマチュア・ピアニスト。 この著作中で、コルトーのレコードも、ラジオから聴こえてきた名ピアニスト(誰なのか?)のショパンも、ダリウス・ミヨーのサロンで聴いた技巧的に完璧なショパンにも、ジッドは嫌悪の念を示します。 こういう事はなかなか明け透けに口にしない様にしてるのですが、実は僕も同じ想いを抱いています。そして、その対極にあって、ショパンの本質に迫る演奏は、プランテのレコードによって明示されていると考えています。 プランテの演奏は、音楽の構造的な美しさ、和声の精妙さ、対位法的な内声の明確化、フレーズ一音一音の音価をたっぷりと聴かせてくれます。如何に多くのピアニストたちが、ショパン音楽の魅力的な部分を早いテンポですっ飛ばしているかが良く判ります。 ▶︎プランテのSPレコードは、LPやCDで各社から復刻されており、現在でも容易に聴くことが出来ます。しかし、ハプフェルト社に残されたピアノロールは、あまり良い状態で採録されていない動画でしか聴くことが叶いません。レコード録音の少ないプランテの貴重な資料として、この分野の復刻が進むよう切に願っています。

            スキ
            6
            再生

            19世紀生まれのピアニストによる歴史的名盤③ モーリッツ・ローゼンタール

            19世紀生まれのピアニストによる歴史的名盤③ モーリッツ・ローゼンタール(Moritz Rosenthal, 1862-1946, ポーランド) ●ショパンの弟子であるカロル・ミクリと、フランツ・リスト本人に学んだポーランド出身でアメリカで活躍した伝説のヴィルトゥオーゾ。若い頃はその超絶技巧的な演奏が過ぎて、評論家から苦言を呈されるほどでしたが、成熟するにつれて詩情溢れるショパン弾きとして、パハマン、パデレフスキ、ブゾーニ、ゴドフスキ、ホフマン、ラフマニノフ、ザウアー、ダルベールなどと並んで、世界的に賞賛され大成功を収めます。 リストの弟子にはいろいろなタイプのピアニストがいますが、ローゼンタールはベートーヴェンの録音を残していない数少ない弟子です。リストといえば、ベートーヴェンの弟子であるカール・ツェルニーの弟子なので、その他の弟子たちは皆、偉大なベートーヴェン弾きであることが多いのです。 恐らく、晩年のリストよりも、ミクリやリストの弟子のヨゼフィ(リストに就く前に学んだ)から学んだことの方が多く影響しているのではないかと思います。 ローゼンタールのレコードは、ミクリ門下のコチャルスキや、リスト門下のザウアーなどと並んで、ショパン演奏を語る上でも欠かせない歴史的名盤の宝庫です。数ある名演盤から一曲をピックアップするのは非常に難しいのですが、ここでは僕が初めて聴いたローゼンタール盤のショパン「エチュード ハ長調, Op.10-1」を選んでみました。 当時、ポリーニの機械的に完璧なエチュードを愛聴していた僕にとって、ペダルを極力抑えたレガート、繊細で美しいタッチで演奏されるローゼンタールのレコードはまさに衝撃的でした。 https://youtu.be/13bZhjSo4Jc ▶︎ちなみに、若き日のヴィルトゥオーゾとしての片鱗は、ローゼンタール編曲のJ.シュトラウス「美しき青きドナウ」( https://youtu.be/IbDWpdFLdBw ) や、リスト「ハンガリア狂詩曲第二番」( https://youtu.be/SuFxcFlT3-I )、などの録音で聞くことができます。 また詩情豊かなショパン演奏として「ワルツ第7番嬰ハ短調, Op.64-2」( https://youtu.be/Rucq0tWGloY )も必聴です。リズムの取り方、装飾音のあしらい、トリオ部分の美しさなど、隅々まで繊細で美しい超一流の名演奏です。

            スキ
            3
            再生

            19世紀生まれのピアニストによる歴史的名盤② ピアニストとしてのセルゲイ・ラフマニノフ

            19世紀生まれのピアニストによる歴史的名盤② セルゲイ・ラフマニノフ(Sergei Rachmaninoff, 1873-1943, ロシア)� ●現在、ラフマニノフは大作曲家として親しまれていますが、当時は超絶技巧のピアニストとして高い評価を得ていました。 当時のラフマニノフ作品は、スクリャービンやストラヴィンスキー、プロコフィエフなどの同時代作曲家たちに比べて、チャイコフスキーなど全世代に連なる保守的で前時代的なロマン派音楽として高評価を受けませんでした。 そのラフマニノフが、尊敬するチャイコフスキーの「子守唄」を自ら編曲してピアノ演奏したのがこの未発売のSPレコード(1940年頃の録音)です。 原曲に比べてかなり内声がクロマティックに動き、和声もテンションが加えられ、部分によってはまるでマル・ウォルドロンのJAZZピアノのような哀愁漂う何とも得難い響きです。 ラフマニノフには自作自演を始め、バッハからスクリャービンまで様々な作曲家の演奏がレコード録音として残されていますが、中でも一枚を選ぶとしたら、何の迷いもなくこのチャイコフスキーを選びます。 ▶︎ピアニストとしてのラフマニノフは、親友のヨーゼフ・ホフマンと共にモダンピアニズムの先駆けだったことは興味深いところです。彼らは、いまではロマン派ピアニストとして崇められているホロヴィッツやモイセヴィッチといった若手を、自分たちの後継者として指名しました。現代的な観点からいうと、ロマン派と言っても差し支えない、いわゆるロシアピアニズムは、ホロヴィッツ辺りまでを指すのではと考えています。それ以降の多くのピアニストたち(オボーリン以降)は、むしろソビエトピアニズムであって、現代ピアニズムの始まりだったと定義しても良いのではないでしょうか。

            スキ
            3
            再生

            19世紀生まれのピアニストによる歴史的名盤① ウラディミール・ド・パハマン

            19世紀生まれのピアニストによる歴史的名盤① ウラディミール・ド・パハマン(Vladimir de Pachmann, 1848-1933, ロシア) ●ショパン存命中に生まれたピアニスト、ピアノの魔術師パハマンによるショパン「小犬のワルツ」の決定的名演奏です。 これのレコード、なんとパハマンによる前口上から始まります。 「最初は書いてある通りに、段々ゆっくりと弾いて、次はパガニーニのようなスタッカートで、そしてショパンのレガートで仕上げます。(意訳)」と、パハマンは冒頭で述べていますが、本人が得意げに言う以上の魅力的で想像を超える演奏が展開されます。 ルービンシュタインやリパッティに慣れていた僕にとってこの演奏はとてもショッキングで、まず左手と右手のズレが「合っていない」ということではなくて、左手の伴奏から独立して右手の旋律が滑り出していく、というような感覚にうっとりしました。 また、この曲が別名「一分間のワルツ」で呼ばれているとうり、通常はとにかく鍵盤の上をコロコロと早く指を転がして、さっさと終わらせてやろうというピアニストの演奏ばかりなのですが、パハマンはそんなことは御構い無しに悠然と優雅に奏でています。 そして、楽譜にはない洒落たコーダを即興してブラヴォーとなります。 このレコードとの出会いが、僕を歴史的ピアニストの世界へ決定的に引き込んだと言えるでしょう。 レコードマニアなら誰でも知っているレコードですが、まずは聴いてほしい奇跡的な一枚です。(因みに、のちにテイク違いが復刻されましたが、そちらもとても面白いレコードです。) ▶︎ちなみに、このレコードを僕が初めて聴いたのは高校の友人の部屋でした。復刻レコードのノイズが「オーディオの故障では?」と僕が思うのではないかと、しきりに「さっきまで普通にレコードなってたから!」と、愛機の無罪を訴えていたのを覚えています。

            スキ
            3