見出し画像

7ヶ月の内定者インターンで学んだこと

Sakura Project  by. GMO AD Partners

みなさん、こんにちは!GMOアドマーケティング22卒内定者の奥薗です。

私は内定者を対象としたインターンシップアルバイト「Sakura Project」に9月から参加しています。4月の正式入社に伴い、「Sakura Project」に参加できるのも今月末までとなってしまいました......。

そこで、Sakura Project参加期間中のラストnoteとなる今回は、内定者インターンを振り返っていこうと思います!


インターンに参加しようと思ったわけ

iOS の画像 (10)

まず、わたしがSakura Projectへの参加を決めた理由からお話します。インターンに参加した動機は大きく分けて2つです。

①採用広報にたずさわってみたかった

SNSが好きだった私は、学生団体で女子学生向けのトレンド発信を目的としたInstagramの運営をしたり、SNSマーケティング事業をおこなう企業の長期インターンに参加してクライアントのSNS運用代行に挑戦してみたりと、さまざまな形でSNS運営にたずさわってきました。

自社のSNS、それも採用を目的としたSNS運営は未経験の領域で、以前から興味がありました。なので、お話をいただいた時は二つ返事で「是非やらせてください!」と言ったのを覚えています。

②入社前に会社のことをもっと知りたかった

コーポレートサイトを何度もチェックしたり、noteをじっくり読んだりと、入手できるかぎりの情報を集め、会社のことを知りつくしてから、内定承諾させていただきました。

しかし、いろいろな企業での長期インターンを経験して感じていたのが、「外から見ているだけでは分からない、実際に会社に入ってみないと気づかないことがある」ということ。

社員として正式入社する前に会社のことをもっと知って、会社のことをもっとすきになりたい!会社のことをたくさん知った状態で入社できたら、正式入社後スムーズに業務がスタートできそう!という思いから、インターンへの参加を決めました。


インターンでおこなっていた業務

画像1

「会社と仲間を知って業界No.1の魅力発信をともにつくろう」をテーマに、Instagram、note、TikTokの運営を担当していました。

業務としては、大きく分けて以下の4つです。

①投稿内容の企画
②投稿に使用する写真や動画の撮影
③投稿するクリエイティブの作成
④投稿作業

詳しい業務やインターンの日の1日の流れはこちらの記事をご覧ください!

先輩がアドバイスやサポートをしてくださりつつも、最終的な決定は私に任せてくださったので、裁量をもって業務をおこなうことができました。

就活中に先輩から聞いた「年次関係なく、責任のある任せてもらえる」という言葉は本当にその通りだなと、入社後すぐに思いました。


インターンで学んだこと・気づいたこと

iOS の画像 (11)

7ヶ月の内定者インターンで、業務に関することはもちろん、会社についてもさまざまなことを学ぶことが出来ました。ここでは3つのことについて書いていこうと思います。

①GMOアドパートナーズ連結各社についての知識が身についた

会社の魅力を発信するためには、まず自分自身が会社についてきちんと知っていなければなりません。

そこで、インターン生として入社してからは、各社のコーポレートサイトやサービスサイトを何度も読み、企業や事業についての理解を深めたり、各法人に所属するたくさんの方のnoteを読んだり、実際にオフィスを周ってみたり、いろいろな方とお話をしてみたり......。

各社について知る機会をたくさん用意してくださった先輩のおかげで、就活生時代は知らなかった会社に関する知識をたくさん身につけることができました。

そして、実際にオフィスで働いたことで、各法人によって雰囲気や風土の違いがあることも実感しました。(外から見るだけでは絶対に分からなかったことですよね......!)

Sakura Projectのテーマでもあった「会社と仲間を知る」ことができましたし、私自身がインターンを始める動機の1つでもあった「入社前に会社のことをもっと知る」という目標も達成できたのではないかと思います。

②ともに働くメンバーを大切にする文化が定着していることを知った

GMOアドパートナーズには、GMOアドパートナーズ連結で働く仲間の日頃の貢献に対して、ボーナスを贈り合うことができる「ADPo」というシステムがあります。

スクリーンショット 2022-03-28 174415

このシステムを積極的に利用しているメンバーがとても多く、「感謝の気持ちを伝える」「ともに働くメンバーを褒める」文化が根付いている会社だなと思いました。

「ともに働くメンバーを大切にしている」と感じる瞬間は他にもあります。私が働いているGMOアドマーケテイングに所属する先輩方の話になるのですが、作業中に社内のメンバーから声をかけられた際は、どんなに忙しい時でも作業の手を止めて、相手の話を聞かれている方がとても多いです。

メンバーを大切にする文化があるからこそ、相手を尊重し、相手の話をきちんと聞く習慣がついてる方が多いのだと感じました。

③発信することの大切さに気づいた

内定者インターン期間に、Sakura Projectのnoteアカウントにてさまざまな記事を公開してきました。記事を公開すると、普段の業務で関わりのある方だけでなく、業務上で関わる機会がなかった方からも多くの反応をいただくことができました。

GMOアドパートナーズは連結各社で約700人ものパートナーが働いているため、普段の業務で関わる人は限られてきますし、グループ内の多くの方に自分のことを知ってもらうのは難しいと思います。

しかし、SNSやnoteなどを使って積極的に発信することで、たくさんの方に自分の存在や、担当している業務を知っていただけるキッカケになると思います。この学びを活かして、新卒入社後も自分に合った形で発信を続けていこうと考えています!


おわりに

7ヶ月間採用広報業務にたずさわり、さまざまなSNSで発信をおこなってきました。たくさんの方の協力がなければ、SNSでの発信はできなかったと思います。

いつも相談に乗っていただき、たくさんサポートしてくださった先輩、撮影やアンケートに快く協力していただいたパートナーのみなさん、本当にありがとうございました。

iOS の画像

最終出社日にはパートナーの皆さんからの寄せ書きをいただき、「恵まれた環境でインターンができたな」と改めて実感しました。

内定者インターンで学んだことを武器に、4月からの新社会人生活も自分らしくがんばります!さいごまでお読みいただきありがとうございました。

Text & Directed by. Miku Okuzono

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Sakura Project  by. GMO AD Partners
GMOアドパートナーズの内定者インターンを中心としたプロジェクトチームです。 会社の魅力やインターンの様子などご紹介していきます!