22卒内定者が「内定者歓迎の会」に参加してみて思ったこと
見出し画像

22卒内定者が「内定者歓迎の会」に参加してみて思ったこと

みなさん、はじめまして!GMOアドマーケティング22卒内定者の奥薗です。

私は、9月からスタートしたインターンシップアルバイト「Sakura Project」に参加しています。Sakura Projectを通じて初めて執筆する今回は、2021年10月8日に開催された「内定者歓迎の会」について書いてみようと思います。

2022年4月に入社予定の22卒内定者に向けた「内定者歓迎の会」。GMOアドパートナーズではさまざまなコンテンツやアイテムが用意されており、内容盛りだくさんでした。本記事では、私が参加した「内定者歓迎の会」を“内定者目線“で振り返っていきます。

開催にあたって届いたもの

内定式2

「内定者歓迎の会」開催にあたって、内定者全員の自宅にオリジナルグッズが届きました。自宅に届いた大きな袋には、オリジナルTシャツ、グラス、ノート、ハイチューなどいろんなグッズが入っていました。

採用メッセージが記されたグッズをいただくと、GMOアドパートナーズの一員になった実感がわいてきます!

内定式

中でも特に嬉しかったアイテムは、選考過程でお会いしたパートナーの皆さんからいただいた寄せ書きです。

選考中も私たち学生一人一人と向き合って下さり、親身になってお話をしてくださったパートナーの皆さん。改めて「この会社から内定をいただけて良かった」と感じました。

当日のスケジュール

「内定者歓迎の会」のスケジュールは以下の通りです。

スクリーンショット (3)

開会直前に採用担当の皆さんがオリエンテーションを実施してくださったおかげで、リラックスして参加することができました!

実際に参加した感想

内定式

終始、GMOアドパートナーズならではのアットホームな雰囲気で進んでいきました。

「歓迎の言葉」では、役員の方々がそれぞれ違った角度から有益なお話をしてくださいました。お話を聞いた上で、私がすぐに実行しようと決心したことは2つあります。

①働くモチベーションの柱を多く作る

入社後は楽しいこと・嬉しいことばかりではなく、壁にぶつかることが必ずあると思います。そんな困難な状況においても、モチベーション高く働き続けるためには、何のために働くのか(=働くモチベーションの柱)を明確にしておくことが重要です。そして、働くモチベーションの柱があればあるほど、常にモチベーション高く働くことができます。

この会社に、この仕事に、魅力を感じた理由を同期やパートナーの方と共有し、「働くモチベーションの柱」をともに作っていこうと思いました。

②自分の”好き”を見つける・磨く

自由に使える時間がたくさんある学生だからこそ、さまざまなことに挑戦し、自分の”好き”を見つけたり、自分の”好き”に没頭することができます。

また、社会人として仕事をする上でも、自分の”好き”が武器になることがあると思います。学生生活も残り半年を切りましたが、改めていろんなことに積極的に挑戦し、もっともっと自分の武器を作っていこうと思いました!

入社後の目標

画像5

「内定者代表挨拶」では、GMOアドマーケティング22新卒代表として挨拶をさせていただきました。当日宣言した通り、入社後は「徹底的にNo.1にこだわる」ことが目標です。

素敵な同期・パートナーの皆さんと一緒に働けるからこそ、周りの方の良いところをどんどん吸収し、何においてもNo.1を目指せる人材になりたいです。

今回は「内定者歓迎の会」を“内定者目線“で振り返ってみました!さいごまでお読みいただきありがとうございました。次回もお楽しみに!

Text & Directed by. Miku Okuzono

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
GMOアドパートナーズの内定者インターンを中心としたプロジェクトチームです。 会社の魅力やインターンの様子などご紹介していきます!