見出し画像

エステティック医療のススメ

私が美容医療に携わって数10年。美容医療は今なお発展し続けています。

そして携わる側だけではなく、人々の意識も大きく変わってきました。今では気軽に美容医療を利用する人が増えています。

クマを隠すコンシーラーがヒアルロン酸へ。アイプチが埋没術や二重切開術へ。鼻筋のハイライトがヒアルロン酸やシリコンへ。テープで皮膚を引き上げていたのが手術で挿入する糸へ。。。今までメイクで毎朝お直ししてきた事が数ヶ月間、または生涯に渡って保つことができてしまいます。

コンプレックスや機能的な不自由さを無くしたり軽減することで、不満感から解放される方々をたくさん見てきました。

とはいえ、なかなか一歩を踏み出せない人も多いのが現状。。。

私は友人達からよく美容の相談を受けます。そんな時に思うのが、美容医療は身近にはなっているものの、まだまだ情報は少ないのだということです。利用するのには勇気が必要で、本当はやりたい事があるのに手を出せないでいる人がとても多い事に気付かされます。
友人である私から得られる情報は安心感があるようで、細かくアドバイスをすると大抵の子がクリニックに来て施術を受けています。

この知識を世の人々にお伝えしたい♡

このnoteでは、私が美容医療に携わる中で得られた知識や情報を、友人や家族だけでなく世の中の人々に余す事なくお伝えしていこうと思っています。

エステに行くかのように気軽に美容医療を利用して(エステティック医療←私が考えた造語w)、皆さんがハッピーな日々を送れるようにサポートしていきたいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

美容医療に携わって数10年。今まで得た知識や最新情報をお伝えします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。