仁尾智

猫歌人。『猫びより』『ネコまる』(ともに辰巳出版)で連載中。 2020/6/24『猫のいる家に帰りたい』(辰巳出版)を刊行。 https://t.co/DMCr1vCvgO?amp=1 公式サイトはhttp://kotobako.com
    • #枡野と短歌の話 11/29(日)第4回 新人賞落選の思い出
      #枡野と短歌の話 11/29(日)第4回 新人賞落選の思い出
      • 61本
      • ¥577

      いつもはゲストを招いて二人でお話する #枡野と短歌の話 ですが、今回は枡野浩一ひとりで話しました。

    • #枡野と短歌の話 10/16(金)第3回 #池上きくこ さん
      #枡野と短歌の話 10/16(金)第3回 #池上きくこ さん
      • 86本
      • ¥770

      #枡野と短歌の話 第3回ゲスト #池上きくこ さん(#葉ね文庫 店主) @tobiyaman 10/16(金)21:00〜22:30 無観客の葉ね文庫から生中継 翌10/17(土)11:00〜21:30 枡野浩一が葉ね文庫の一日店長になります。 note有料マガジンをご購入ください。当日、マガジン内でYouTube限定アドレスを公開します。 生中継後、アーカイブを残すかどうか、残す場合の期間をどうするかは生中継後に検討中します。

    • 2020年10/1〜2021年9/30の日記まとめ売り前払い
      2020年10/1〜2021年9/30の日記まとめ売り前払い
      • 131本
      • ¥5,000

      内容は、月700円で購読できるマガジン『毎日のように手紙は来るけれど』(https://note.com/masuno/m/m945bf3f6d99e)と同一です。「代金を12か月ぶん前払いしていただくことによって、8400円→5000円と、ちょっとお得になる」というサービスです。1日あたり14円。枡野浩一の誕生日9/23にちなんで、2020年9/15〜10/31の期間限定で販売します。枡野浩一のことをあと1年くらいは嫌いにならないかも、という予感のある人におすすめします。「月々700円払って、いつでも購読をやめられるほうがいい」「枡野浩一に少しでも多く課金したい」というかたは、https://note.com/masuno/m/m945bf3f6d99e をご利用ください。

    • すべてのマガジンを表示
  • 「三十一筆箋 −猫−」

    「三十一筆箋 −猫−」

    短歌集「三十一筆箋 −猫−」は、2枚一組で構成されています。 1枚めは猫のイラスト(絵:小泉さよ)の一筆箋。 その1枚めに一筆書いて誰かに贈ると、2枚めにはイラストの元になった仁尾智の猫短歌が書いてあります。 誰かに言葉を贈ると短歌が目に入ったり、次の短歌を読むために誰かに言葉を贈ったり、ちょっとズルして2枚めだけを先に読んだり、1枚目のイラストから次のページの短歌を想像したり、LINEスタンプのようにイラストに合わせて気の利いた言葉を添えて使ったり、気に入った短歌はそっと取っておいたり……。 「そんな読まれかたをしたら、幸せだろうな……」と思うものを形にしました。 短歌(五七五七七)の音数にちなんで、三十一首収録しているので「三十一筆箋」。 毎日誰かに贈っても、読み終わるまでに一ヶ月かかります。 一首ずつゆっくり読んでもらえたら、うれしいです。
    880円
    仁尾智の店
  • これから猫を飼う人に伝えたい10のこと

    これから猫を飼う人に伝えたい10のこと

    これから猫を飼う人に伝えたいことを10の短歌とエッセイで綴りました。イラストレーターの小泉さよさんがイラストを描いてくれています。 B6:本文22ページ/無線綴じ
    500円
    仁尾智の店
  • ブレスト短歌

    ブレスト短歌

    ポッドキャスト「僕たちだけがおもしろい」で配信した、複数人で1首の短歌を作る遊び「ブレスト短歌」の回(全7回)を、佐々木あららが文章に起こし、後藤グミがイラストを描いて冊子にしています。 A5:本文64ページ(モノクロ)
    500円
    仁尾智の店
固定された記事

6/24発売『猫のいる家に帰りたい』情報

2020年6月24日に『ネコまる』『猫びより』(ともに辰巳出版)で連載している短歌&エッセイが単行本として刊行されます。 書籍情報 タイトル:猫のいる家に帰りたい 著…

来年はいい年になれ いい年の定義は猫が減らないことだ

2020年は、5匹の猫が減ってしまった。嘘みたいだ。 どの猫も、持病があったり、高齢だったりで、「いつその時が来ても仕方ない」と思っていた猫だったけれど、こんなに同…

それこそが、最善手

これは、僕が誰かに言われたら、少し救われる気がする、ということを、僕が、そのときの僕に向けて書く、僕のための文章です。 猫が、健康上のっぴきならない状態になると…

プロと投稿

以前、NHKジャーナルの「ニュースで短歌」に投稿して採用されたときに書いた文章です。 いつもどおりNHKジャーナルの「ニュースで短歌」(お題:店)に下記短歌を投稿した…

枡野と短歌の話のときの事前メモ

「枡野と短歌の話」の第2回にゲストとして出演させていただいた際、事前に「こんなことを話せばいいのかな……」とレジュメというか、メモを作っていた。話すことに詰まっ…

短歌作成チェックシート

自分でもまっっっっったく忘れていた(Evernoteで「スランプ」という単語を検索したらたまたま出てきた)ストイックなチェックシート。 8年前に書いたものらしい。 かん…