男性保育士RyU先生の~叱らない保育論~

4

ピグマリオン効果とゴーレム効果【子どもの未来も限界も周りの大人が創り出す】

 はい、みなさんこんにちは!男性保育士のRyU先生です。子ども達の未来は無限に広がっている。有名な希望ある言葉ですが、保育士ほどその言葉を身近に感じられる職業は少ないのではないかと感じています。

 その半面で、子どもの限界を作ってしまうのは、子どもの無限の未来を願う大人になりうるという心理学的な研文があることを知っていますか?

 今日は子どもの未来を創造するピグマリオン効果と、子どもの限界を生

もっとみる
応援ありがとうございます!
6

良い保育者ほど、よく遊ぶ~消極的な遊びから積極的な遊びに移行しよう~

 はい、みなさんこんにちは!男性保育士のRyU先生です。現場保育士の皆さん「遊んでますか?」一応言っておきますがアフターファイブのことではありません。息抜きも大事ですけどね。

 日々の生活の中で子どもと遊んでいますか?

 「子どもと遊ぶことは「保育士の仕事の一環」なのだから、遊んでいるに決まっている!」 そう思っているあなたは要注意・・・・・・是非今回の記事を読み進めて欲しいです。

 結論か

もっとみる
スキが励みになります!
5

叱らない保育とはつまり「質の高い保育」そのもの

 叱らない保育というと”夢物語”のように感じる保育者もいるかもしれません。ですが、「限りなく叱らずに済むように”配慮する”保育」と言うと少し現実味が増してくると思います。ここまでくると、夢物語よりは”理想論”を声高に唱えている様に感じてきている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 では、もしもこの理想論を実際に行うことができるのならば、それは何と表されるのでしょうか?

 筆者個人の考えでは

もっとみる
大吉:RyU先生があなたをスキになるでしょう
3

叱らない保育論~前書き~

 はい、みなさんこんにちは!男性保育士のRyU先生です。僕の保育のモットー、保育観と言い換えても良いでしょう。それは「褒め伸ばす保育~叱らない保育論~」です。

 このマガジンは「教育・躾とは厳しくあるべき」という考えの方にこそ読んで頂きたいと思っています。勿論、新人の保育士さんや、自分の今の保育観に不安や疑問がある保育士さんの目にも届くことがあれば幸いです。

 さて、もう少しだけ僕自身の話にお

もっとみる
末吉:なかなか見ない名前ですね江戸っこでしょうか?
2