Ryosuke Kawato

基本的には無職。イラストや文章で日銭を稼いでいます。 1年の半分はアメリカの山中を徘徊しています。 いつか、鳥貴族と仕事をするのが夢です。
  • 商品の画像

    SK3TCHミドルウェイトパーカー

    シルクスクリーンで山脈をプリントした10オンスのスウェットパーカー。 ボディーカラーはオリーブで綿100%、裏地はパイルです。 すっきりしたシルエットなので、ゆったり着たい方はサイズUPしてみてください! Sサイズ 着丈62cm、身幅52cm、肩幅44cm、袖丈56cm Mサイズ 着丈66cm、身幅55cm、肩幅48cm、袖丈60cm Lサイズ 着丈70cm、身幅58cm、肩幅52cm、袖丈61cm XLサイズ 着丈75cm、身幅63cm、肩幅55cm、袖丈62cm
    7,590円
    SK3CH -Ryosuke Kawato-
  • 商品の画像

    シルクスクリーンイラスト ”Drakesbad"

    ロング・ディスタンス・ハイカーをもっとも興奮させるのは何だろうか? 絶景なのか、それとも異性との出会いなのか、 いや、それはBBQ食べ放題である。 実際に2015年にパシフィック・クレスト・トレイルをハイクした際に、ダラケスバッドの牧場兼リゾート地でハイカー仲間と大笑いしながら過ごしたBBQの時間が、 僕の中でとても強烈な印象で残っていて、その時の空気感とグレイビーソースの香りが漂うようなイラストを描きました。 今回はイラストをシルクスクリーンで、コットン紙に刷っています。 ソフトで温かな自然の肌合い、自然な素材感がある紙なので、そのまま壁に貼っても、額装しても優しく馴染みます。 用紙のサイズはB4です。 *シルクスクリーンで手刷りしましたので、商品ごとに少し差異がありますがご理解ください。
    5,500円
    SK3CH -Ryosuke Kawato-
  • 商品の画像

    Stickers in Hiker Box

    (ハイカーボックスの中のステッカー) アメリカ西海岸を走る4200キロのロング・ディスタンス・トレイル『パシフィック・クレスト・トレイル』 僕がスタート地点のメキシコ国境から歩き始めて、既に3ヶ月が経っていた。 トレイルからシャスタ山の麓の街へヒッチハイクで降りた僕は、ポストオフィスでポツンと置かれたひとつの箱をガサゴソと物色している。 ハイカーボックスと呼ばれるこの箱は、ハイカー達が不要な物を入れるもので、誰がこの中の物を取り出して使用しても良い。不要だから捨てられたものではあるが、それら自体の質は捨てたもんじゃない。 ジップロックに入ったラーメン、干し葡萄、ビーフジャーキーを発見し、バックパックの中に押し込む。 僕はこの時深刻な資金不足だった。会社を退職してアメリカでハイキングを始めたのは良かったが、日本政府からの住民税がカウンターボディブローのように僕の懐をえぐったのだ。 1ドルでも節約せねば…… その時、小さな袋を見つけて摘まみ上げる。中には数枚のステッカーが入っていた。誰がこんなものを入れたのだろうか。 箱に戻そうとしたが何か気になり、ポケットに突っ込むと、僕はその場を後にした。 その後無事に歩き終えて帰国した僕は、パスポートに挟まれたステッカーを発見した。何気なくトレイルの写真の上に、ステッカーをそっと置いてみる。 まるでステッカーが僕の代わりに、もう一度ハイキングをしてくれているように見えた。 そんな気持ちで4枚のステッカーを作りました。 サイズ 犬と少女:50×61mm 裸の女性:52×68mm PCTの印:102×97mm ゼロデイ:68×63mm 素材は塩化ビニルフィルムで、耐水・耐候性に優れています。素材は柔らかく、太陽光による色あせも少ないため、主に屋外用として使用できます。 つまり、だいたいどこでも貼れるということです! あんなところやこんなところに貼ってみては?
    1,650円
    SK3CH -Ryosuke Kawato-
  • 商品の画像

    パシフィック・クレスト・トレイル(アッシュ)

    『ハイキングで火照った足を雪解け水が流れ込む湖につけて冷やす。 明日はあの山を越えるんだな。 今日は麓まで歩いて、そこでテントを張ってチルな時間を過ごすとしよう。』 このデザインはもともとアメリカの三大トレイルのひとつパシフィック・クレスト・トレイル を管理するPCTAの公式Tシャツとしてデザインしました。 しかし、残念なことに2020年にショップが閉じることになり、 Tシャツの販売が終わったのですが、 PCTAからデザインは私の手元に戻ってくることになったので、 この度、個人で製作してめでたく復活です! コットン100% シルクスクリーンプリント Sサイズ 着丈63cm、身幅47cm、袖丈18cm Mサイズ 着丈68cm、身幅52cm、袖丈22cm Lサイズ 着丈72cm、身幅55cm、袖丈22cm XLサイズ 着丈75cm、身幅60cm、袖丈23cm
    5,280円
    SK3CH -Ryosuke Kawato-
  • もっとみる

暑くて臭くて 底抜けに笑う アパラチアン・トレイル

2019年のアメリカ東海岸のアパラチアン・トレイル 3,500kmをハイキングを山と道Jornalsで連載中です。 2015年パシフィック・クレスト・トレイル、2017年コンチネンタル・…

webで読める記事まとめ

2021/1/27更新 暑くて臭くて底抜けに笑うアパラチアン・トレイル(山と道Journals) 2019年アメリカ東海岸アパラチアン・トレイル3500kmの連載です。2015年PCT、2017年CD…

HIKER TRASH~CDTアメリカ徒歩縦断記~(container連載全11回)

anna magazineのwebメディアcontainerで連載していたコンチネンタル・ディバイド・トレイルの旅行記。 こちらに僕の記事一覧がまとめられています。 HIKER TRASH~CDTアメ…

塗り絵:旅行

*コンビニエンスストアのネットプリントで印刷できるようにしました。 ネットワークプリント(主にファミリーマト、ローソン、セイコーマート)は《ユーザー番号:2EGGH5…

家でも心はトレイル。

こんにちは、外出自粛が続く中、瞑想を続けている読者の皆様はそろそろ悟りをひらき、この世の理、森羅万象を理解し始めた方も多いのではないのでしょうか? しかし、いく…

コンチネンタル・ディバイド・トレイル放浪記

2018年~2019年の間にwebメディア山と道Jornalsで連載していた記事をまとめました。 この記事の舞台となっているコンチネンタル・ディバイド・トレイル(CDT)はカナダ国境…