見出し画像

むしろ、私が教えてほしい #noteのつづけ方

 だって、こうしてお題に助けを求めているのだから。

 

 

 ということで。

 どもです、御子柴です。


 実は私、先月末からテレワーカー。しかもタイムシフトも重なっておりまして、おかげで朝晩の出勤時間が消滅しました。

 だもんで、こうして朝のウチに記事を書いたり、自分の作品を書いたりできているわけです。

 ……ぶっちゃけ、手持ち無沙汰感が否めないですが、まぁそれはさておき。

 

 

 note 初心者(なにせアカウント作ってまだ1週間経ったくらい)なので、続け方は私が訊きたいくらいなのですが、敢えてこのお題をチョイスしたのは、

 やっぱり、気楽に続けたいからですかね。

 高校時代に「The・若気の至り」でケータイのホームページを作り(あれです、情報の授業でHTMLを習って気を良くしただけの典型的なヤツです)。

 何を置くか迷った挙げ句、当時いろんな人が書いていたギャルゲーの2次創作を読むのにハマっていたので、「だったら自分も!」となり。

 でも、2次創作とか怖い! って思った結果、1次創作を始めてしまうとかいう、わけのわからない変遷を辿った過去があります。

 大学入ってもしばらくは続けてましたが、書き始めた作品が超巨編になりかけて筆が進まなくなったこと(メフィスト賞出したかったんですもん、同時はまだ文章量の増減が無かった時期でして)と、論文書いたりするなど諸々が重なって忙しくなった結果、一旦そこで物書きがストップしてしまいました。

 

 ……今こうしてまた物書きをしている理由については、またいずれ書くことにして。

 

 結局、身の丈にあったペースでやっていって、できるようになったら文章量を増やすとか、写真を多くしていくとか、そんな感じで好いんじゃないかな、と思った次第です。


 実際、物書き再開した直後がそうでした。

 まずはおとなしく、指慣らしとアタマ慣らしの意味を込めて、短篇から書きました。

 まずは1500文字くらい。最初の3本くらいはそれくらいの文字数だったかな。

 でも、その内それが2000文字になり、3000文字になり(現在連載している作品は1話3000文字以上をベースラインにしてます)。

 もうそろそろかな、と思ったところで長篇に挑み始めたのが……(本当はその年の冬に書き始めたのがひとつあるけれど、それは未完のままなので一旦除外してw)……昨年のGWですね。学園・恋愛・青春のごった煮作品。

 この作品は現在も継続できてます。文字数は360,000を越えてきました。

001_クロスロード・カンタータ_春



 夏には長篇2作品に着手。

 ひとつは、初挑戦のキャラクター文芸系作品。大学の図書館が舞台なんですが、ちょっと不思議なんです。ここで働く人には条件があって、「本の声」が聞こえることなんです――――的なお話。

 小説賞に出すために1ヶ月半で無事完結。108,000文字くらいでした。

 ちなみに、その小説賞で優秀作品に選んでいただいております。ウフフ

画像2

  

 

 もうひとつは、幼なじみ2組が織りなす「いじっぱり」な学園恋愛モノ。

 物語のエンディングをクリスマスに、エピローグを初詣とすることを決めていたので、そのタイミングまで寝かせつつ無事完結。こちらは126,000文字。

 ちなみに、コチラの作品も特集記事に掲載していただいたり、執筆応援キャンペーンというコンテストで佳作に選んでいただいております。

001_私鉄沿線恋愛専科_春

  

 

 そして冬にも長篇1作品。

 SF(すこし・ふしぎ)な雰囲気の、学園モノ。

 冬のはじまりから冬の終わり・春の足音が聞こえるくらいの時期までのお話でしたが、昨年12月はじめに着手、1月中に完結。文字数は188,000文字。

001_海街マリアは春を待つ

 ……この流れで受賞の話が出来れば良かったんですけどねえw



 ほら。

 だんだん増えてるのよ。

 しかも、完結させられてるのよ。

 これ、自分でもびっくりしてるくらいなんだけどね。

 だって、昔書いてたときなんて、20,000文字くらいで「ぅああああ、書いたああああ!」って思ってたのに。

 やっぱりアレですよ。

 甲子園フリークとしてはあの校歌――済美高校の歌詞を引用したい。

 

「やればできる」は 魔法の合いことば

 

 これなんですよ、きっと。

 

 

 

 

 うん。

 何か話が脱線したみたいだけど、言いたいこととしては、

 できるように続ける、できることを少しずつ大きくしていく

 これでイイんじゃないですかね。

 

 

 

 あ、最後にひとつ。

 スクリーンショットになっている『宇津木麻衣は聴こえてる』以外の作品の表紙画像っぽいものは、すべて私の自作です。

 

 ではまた。

 

 

#noteのつづけ方

この記事が参加している募集

noteのつづけ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたしますっ……!

ありがとうございます。嬉しいですっ
8
北国生まれのネット物書き。案外多趣味。

こちらでもピックアップされています

ひごろの徒然
ひごろの徒然
  • 43本

ひねもすのたりな記事の集まり。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。