見出し画像

CADDi マーケティング(MKTG)の1日

キャディでマーケティングを担当しています戸田です。
弊社コーポレートより、「キャディにご興味を持っていただいている方(そうでない方も)に向けて、各組織で具体的な1日を追い、どんなことをやっているかを発信しましょう!企画」がスタートしました。

既に「品質物流マネジメント」「コストアルゴリズム担当」「プロダクトマネージャー」「プロダクト開発」「エンプロイーサクセス」の1日も公開されております。ぜひ詳細はキャディの1日をご確認ください。
※社員目線でも「あ、そんなこともやってるのか」が具体的にわかり、とても面白いです

自己紹介

私はキャディで5社目、前職はリクルートグループで業務設計組織のマネージャーをやっておりました。キャディには2020年4月よりJoinしております。入社エントリ+実際に入社して感じたことなど、以下に記載しておりますので、ご興味あればぜひ。

キャディ:マーケティング担当の1日

主なミッションとしてはデマンドサイド:顧客創出/リレーション強化、サプライサイド:パートナー創出/リレーション強化を担っており、そこにWebやブランディングも掛け合わされるため、顧客営業(GTM:Go to Market)やSCM、デザイナー、PR等複数の組織と連携して業務推進しています。

以下、年始のとある1日を貼り付けてみました。マーケティングは施策実行タイミングが命!なものもあり、会議もToDoも一緒にカレンダー管理しています。

結構ゴチャついてしまっているため、これ全部に言及しているとキリがない…というのもあり、いくつかピックアップして具体的にどんなことをやっているのかお伝えいたします。なお、マーケはリモート勤務が主で、この日もwork from homeでの1日となります。

画像1

業務開始前
前職では早朝3:30(もはや深夜)に起床して思考が必要なタスクを朝に寄せるスタイルだったのですが、現職ではだいたい6時ごろに起床しています。
長女(4歳)+次女(0歳)がおりまして、全員で朝食を取り、家事を妻と分担してこなし、保育園送り出しが完了したら業務開始します。毎日ドタバタしてますが、娘はかわいいし楽しい家族です。

MK Kickoff
年始につき、前四半期の詳細な振り返りを踏まえて、チームメンバーと今Qの方針や計画・具体的なアクションについて認識合わせをしました。

チェックイン(朝礼)
キックオフから繋げて日次の朝礼になります。高頻度で連携するデザイナーやサポートスタッフさんも含めて、1日のタスク確認や協議・共有事項連絡などを行っています。

架電ブロック
複数のお客様(装置メーカー様)への電話時間を集約して確保しています。
この日の電話理由は、インサイドセールス/商談日程調整/ウェビナー(※)ご参加者様へのアンケート回答を踏まえたヒアリングなど様々です。顧客接点やVoCをもとにマーケティング施策に還ってくる気づきを得られることも多く、大切にしている業務です。
※下記参考:無料のウェブセミナーで、社内(一部、他社様との共催)登壇者を擁立して情報発信を行っています。私もたまに登壇しています。

Web商談
前述のウェブセミナー、インバウンドでの問い合わせ、メールやDM・FAX等での顧客接点、ご紹介等々、様々なマーケティング施策により獲得した商談に、前述の技術営業:GTMと陪席して参加します。
1日の終わりに「事前ブリーフィング」予定もありますが、GTMメンバーが持ち込む資料や会話内容の大事な前提情報となるため、事前に会話した内容やコンタクト履歴・事前リサーチ情報も細かく連携しています。
商談後はすぐに参加者で気づきを振り返り、GTMは商談内容やトーク・持ち込む内容の最適化に。我々マーケはターゲティングや各種施策・ナーチャリング精度向上に向けた学びを言語化します。

顧問面談・ヒアリング
業界に精通している・複数の人脈やネットワークをお持ちの顧問から業界や個社情報を入手したり、時には顧客をご紹介いただいたりしています。私が直接面談し、我々のミッションから事業概要までご説明したうえで協働し、必要な情報連携を行っています。

家事ブロック
夕食を家族で取り、食器やら絶望的に散らかったおもちゃの片付け、娘のお風呂や寝かしつけ等々をまとめて確保しています。これが終わった後、残った業務を片付けてようやく1日が終了です。

業務終了後は、読書や自宅or自宅隣のジムでトレーニングする等、自己研鑽&体調維持に努めています。ムーンショットな目標達成に向けてハードな毎日ですが、意識的に時間を確保するようにしています。

仕事のやりがいとこれから

デマンドサイドの一丁目一番地を担っていることもあり、ひとつひとつの自部門のアクションが事業インパクトに直結していることと、顧客接点が多く・手触り感のある中での課題解決はとてもやりがいがありますし、何より燃えます。
重ねて、冒頭触れたミッション「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」と照らした時に、業績という意味でも勿論、顧客やパートナーのお声を頂戴する中でも、着実にそこに近づいていることを強く感じられます。私は転職してキャディで5社目(!)になりますが、入社1年経たないうちでも、それを強く実感する場面が何度もありました。

最後に:一緒に働く仲間を募集しています

キャディではマーケティングに限らず、あらゆる職種で共に当社ミッション「モノづくり産業のポテンシャルを解放する」を実現する仲間を募集しています。社員はどんどん増えていますが、やりたきこと・実現したきことから考えるとまだまだアーリーステージにおります。ぜひ以下の採用サイトからエントリーください。カジュアル面談や、さらに深ぼって詳細をお話しすることも出来ますので、DMでのコンタクトもお待ちしています!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
17