ろっち

「わたしにできる限り何でもやる屋」 旅するデザイナー×ソーシャルワーカー | 各地に数ヶ月ずつ滞在しながらバイク旅 | 北海道→佐賀→熊本→愛媛→兵庫 | 愛車はレブル250(mc13) https://tabiji-design.com/

ろっち

「わたしにできる限り何でもやる屋」 旅するデザイナー×ソーシャルワーカー | 各地に数ヶ月ずつ滞在しながらバイク旅 | 北海道→佐賀→熊本→愛媛→兵庫 | 愛車はレブル250(mc13) https://tabiji-design.com/

最近の記事

バイクで事故ったという話

いろいろ旅先の話を書こう書こうと思いながらも、文章の神様に見放され、何も綴れずにいた間に、情けないことに表題の通りとなりました 事故内容としては、よくある車との右直事故 商業施設に入ろうと対向車が右折した際にブレーキが間に合わずバチコーン💫 とはいえ、大変有難いことに、車を運転されていた方がちゃんと警察呼んで下さったり、人体は98%無事で済みました 問題はうちの相棒🏍 知らない土地(※旅先)の知らないディーラーさんに運ばれて行き、電車やバスを乗り継いで打ち合わせに行った

    • 瓦屋根という文化

      先月の話になりますが、古民家ゲストハウス汐見の家の新規プロジェクトで島内の古民家を再生している最中、職人さんが瓦屋根を交換したり、内装を整えている現場に同席させていただいてました。 ある意味で歴史的瞬間(?)に立ち会っているのでは!? 北海道では瓦屋根に馴染みがなく大変珍しい。「瓦屋根=古くて立派なお寺でたまに使われているモノ」程度の認識。 旅行等で道外に出て、飛行機から降り、電車の車窓から瓦屋根の建造物を見かけるたびに「日本に来た!!!」と感動していたわたし。 最近で

      • 愛媛県の離島から

        現在地:愛媛県越智郡上島町佐島 昨夏に相棒(レブル250)とともに北海道を発ち、小樽〜舞鶴〜神戸〜新門司経由で佐賀県嬉野市へ。その後熊本県熊本市に滞在し、別府〜八幡浜経由で、現在は瀬戸内海に浮かぶ離島にいます。 故郷・北海道は災害級の大雪の最中、こちらは同じ日本とは思えない穏やかな気候で、エメラルドグリーンの海を眺めたり、ひじきを採ってみたり、現地で出来た知り合いの職場に顔出ししてみたり、みかんを毎日おなかいっぱい食べて、御縁に支えられながらのんびり過ごさせていただいてま

        • 九州 旅先の景色から

          大自然にふれて「美しい」「壮大」「自然の脅威を感じる」… 畏怖にも近い感動があったのは、熊本県の阿蘇地方。 地元・北海道も自然豊かだけれども、あちらで見慣れた自然とは全く違う類の美しさを感じました。 アイキャッチ画像(上部の見出し)に設定したものも含めて、以上5枚すべて阿蘇の写真です。ひとくちに阿蘇といってもただただ広くて、道を曲がるたびに新しい顔を見せてくれる。自然豊かな景色に飽きがこない。1度や2度訪問した程度では道も自然も網羅できない。 一度行けば大抵の道は覚えて

          このご時世に旅暮らしをはじめたキッカケ

          突然の職場閉鎖、転勤からの離職。旅をしながらフリーランスと住み込みの二足の草鞋(たまに単発アルバイトに従事)ふらりふらりと漂うように生きるようになって、はや半年。 おかげさまで2021年は様々な出会いと別れに恵まれ、一時は激しい大波に煽られながらも、概ね幸せで満足な1年間を過ごすことができました。感謝。 「 #2021年の出会い 」についていざ書こうとすると、思い出のひとつひとつがかけがえのない大切な出来事ばかりで、何を書いたらいいのかわからなくなりますね。今回に限らずゆ

          はじめまして

          相棒(レブル250/バイク)と一緒に旅をして暮らしています、ろっちです。 北海道出身。昨夏にこういう暮らしを始めてから、佐賀県と熊本県を経て、愛媛県の離島に辿り着きました。 元々Instagramで写真日記みたいなことをしていましたが、もっときちんと文章に書き残しておきたいと思うようになり、noteを始めることにしました。 今年の抱負は「自分が住む地域を定めて、拠点をつくること」 現在「タビジデザイン」という屋号で「わたしにできる限り何でもやる屋」としてデザイン等のお