2022年8月31日のNEWS

立秋

たとえ世界が今すぐ温室効果ガスの排出をやめたとしても、グリーンランドの氷が解け、少なくとも25センチの海面上昇が起きることは確実とされる。
これは、過去100年にグリーンランド、南極大陸での氷融解と、海水の熱膨張によって上昇した分を全部合わせた幅にほぼ等しいという。

https://www.cnn.co.jp/fringe/35192555.html

ドイツ政府は欧州ガス価格への上限設定を検討することに前向きで、複数のイタリア紙によると、ハーベック独経済相が欧州の各エネルギー担当相にテキストメッセージを送り、9月9日の会合でガス価格上限設定を提議する可能性を示唆したという。

https://jp.reuters.com/article/europe-energy-idJPKBN2Q01NG

国防相会合後、記者団に対し、「多くの訓練計画が進行中だが、その必要性は膨大であり、これらの取り組みの一貫性を確保する必要がある」と指摘。「全ての加盟国が、ウクライナに対するEUの軍事支援団のパラメータを定義するために必要な作業を開始することに明確に合意した」と述べた。

https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-borrell-idJPKBN2Q01M2

インフレは来年に2.5─3%に達する可能性が高く、フェデラルファンド(FF)金利が3─3.5%のレンジでは景気にブレーキをかけることも、刺激を与えることもない可能性を示唆していると指摘。「実質金利を中立に近づけるだけでなく、需要と供給を一致させるために、(3.5%を)幾分上回る水準に引き上げる必要があるというのが私の基本的な見解だ」と語った。

https://jp.reuters.com/article/usa-fed-williams-idJPKBN2Q01HV

南太平洋の島国ソロモン諸島のマナセ・ソガバレ(Manasseh Sogavare)首相は30日、軍艦艇に対する入港許可の手続きを見直す必要があるとして、すべての外国軍艦艇の寄港を一時停止したことを明らかにした。同国では先週、米沿岸警備隊の船舶が給油のための入港ができない事態が発生していた。
 ソロモン諸島は近年、中国との関係を強化しており、アジア太平洋地域における中国の影響力拡大をめぐる懸念が強まっている。

https://www.afpbb.com/articles/-/3421350

近年、インターネット上には他人の著作物を許可なく無断でコピー、配信する違法な海賊版サイトが数多く存在し、著作権者などに大きな被害を与えている。
 こうした状況を踏まえ、3月に文化審議会著作権分科会がとりまとめた中間まとめ「国境を越えた海賊行為に対する対応の在り方について」では、海賊版対策の取り組みをより一層強化するため、相談窓口を新設することが提言されていた。

https://japan.cnet.com/article/35192525/
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!