見出し画像

フリーランス/業務委託のPdMに関する市況感

はじめまして。株式会社riplaで取締役をしている張田谷(はりたや)と申します。
弊社は、お客様のプロダクト成長における課題を、プロダクトマネジメントを含む、開発の上流工程から支援する「プロダクト開発ラボ」事業を運営しています。

株式会社riplaのサービス内容

今回は、様々なお客様のプロダクトマネジメントを”クライアントワーク”という形で支援してきた私から、フリーランス/業務委託のPdMに関する市況感について
・お客様の課題感
・フリーランスのPdMに求められるスキル
・案件の流通状況
の3つの観点からお伝えしたいと思います。

PdM自体がまだまだマーケットに多いとは言えない中、クライアントワークやフリーランスのPdMは一層マイナーな立場ではありますが、何か役に立つ情報を提供することで、PdM×外部支援のマーケットの啓蒙に繋がればと思っています。


お客様の抱える課題感

こちらについては、お客様の置かれている状況が
・新規事業なのか、既存事業なのか
・社内にPdMがいるのか、いないのか
によって、大きく変化する印象です。

①新規事業×社内にPdMがいない場合

このケースは
・ボードメンバーにPdM経験者がいないITスタートアップ
・初めて自社プロダクトを立ち上げる非IT企業
でよく見られます。

初めてのプロダクト立ち上げのため、必要な機能の洗い出しや精査の仕方が分からなかったり、エンジニアとのコミュニケーションの取り方に自信がなかったりといった課題を感じていることが多いです。

②既存事業×社内にPdMがいる場合

こちらは比較的わかりやすいケースです。

いわゆるPO・PdMの役割を担える人材はいる一方、プロダクトが順調に成長し、実装したい機能の数に比べて、アイテムの磨き込みができるマンパワーが不足している場合が多いです。

2人目以降のPdMを採用したいが採用ができない・間に合わないという、幅広い企業で見受けられる状況です。

③既存事業×社内にPdMがいない場合

こちらは、①の状況に置かれていた事業が、プロダクトマネジメント未経験のメンバーが我流・独学で課題を解決し、なんとか成長してきたというケースです。

機能を作っても思ったように成果が出なくなってきていたり、ビジネス・開発メンバーとのコミュニケーションがうまくいかない組織不和が起きている場合が多いです。

フリーランスのPdMに求められる業務・スキル

こちらについては、事業会社のPdMに求められる業務・スキルと本質的な差分はないように思います。

どの企業でも共通して求められるのは
・顧客の要求を、リサーチを介して要件に落とし込む作業
・UI/UXやエンジニアリングの知見を生かした、デザインや開発のディレクション
です。

一方、社内にPdMがいなければ、プロダクトの指標やロードマップの策定といった、より上流の業務を担う場合もあります。

とはいえ、いきなり外部から参画した業務委託のメンバーが、事業の根幹となるプロダクトの戦略を決めるとなると、元からプロダクトに携わっていたメンバーから不信感を感じられるケースもあります。

そのため
・先方社内にPOを立てて、POの意思決定を補助する形で支援する
・ビジネスメンバーの要望を丁寧に拾い上げながら、情報を整理していく
といった進め方の配慮であったり、手始めに小さくても成果を出して信頼を獲得するような、いわゆる「クイックウィン」の心持ちも大切です。

新規事業の場合は、また違った難しさがあります。
新規事業においてよく見られるのは、成果の不確実性が高い中で、社内から予算達成を求められているが故に、「とにかく焦ってプロダクトを作り始めてしまう」ケースです。

一方で、ユーザーの課題を把握・反映しきれてないプロダクトは、結局のところ顧客に受け入れられず、使われなくなってしまうことがほとんどです。
そのため、新規事業責任者の心境を汲み取りつつも、リーンに検証を回していく体制づくりを粘り強く構築していくことが重要です。

フリーランスPdMの案件獲得方法

仕事柄、たくさんのフリーランスPdMと接するのですが、案件の獲得方法については「知人の紹介」と回答される方が圧倒的に多い印象です。
(これはPdMに限らず、多くのフリーランスの方に当てはまることかもしれません)

さらに言えば、PdMという職種自体が、世の中全体から見るとまだまだ浸透しきっていない部分があり、「PdMのフリーランスを探しています!」という事例がそこかしこにあるかというと、決してそういう状況ではないです。

そのため、顔の広い一部のフリーランスPdMと、PdM不足という課題に気づいた一部の企業の中で、仕事のやり取りが行われていることが多いように感じます。

一方で、多くの企業は「機能を作っても、なぜか成果が出ない」「デザイナーやエンジニアとのコミュニケーションがうまくいかない」といった課題を抱えており、PdMが市場に求められていることについては間違いありません。

そのような、「課題は顕在化しているが、解決策は見えていない」という企業に対して、プロダクトマネジメントという手法をもっと啓蒙していく姿勢が、フリーランスのPdMにも求められているように感じます。

最後に

つらつらとフリーランスPdMに求められることについて書いてはみましたが、もし我々からフリーランスPdMの皆様に何かできるご支援があればぜひさせていただきたいと思っています。

もしこの記事を読まれた方の中に
・目下の案件がなく、仕事を探している
・自分の成長に繋がる/興味のある案件を選びたい
・近しい仕事をしている同士、情報交換がしたい
というフリーランスPdMの方がいらっしゃれば、我々から案件のご紹介や情提供もさせていただきます。

こちらのお問合せフォームまで、気軽にご連絡ください。

ぜひ一緒に、「プロダクトマネジメント」という活動を盛り上げていきましょう!!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?