見出し画像

映画「こはく」試写へ、


今日は

7/6〜全国公開される


映画「こはく」

の試写へ行かせていただきました。




朝ドラ「なつぞら」にも出演されている
井浦新さんと

ピン芸人でもある
アキラ100%こと、大橋彰さん

共演の家族の形を描いた作品。



幼い頃に突如、姿を消した父を探すため
長崎の地を兄弟で巡り''愛''を知ってゆく物語。



長崎県のとある街。
幼い頃に別れた父が残したガラス細工会社を引き継ぎ、なんとか経営を立て直した亮太。(井浦新)
ある日、定職につかず中年に差し掛かるのにも関わらず未だ実家暮らしの兄・章一(大橋彰)から街で偶然父を見たと告げられる。
そんな中、亮太の妻である友里恵から「妊娠した」と告げられる。
以前、離婚し子どもと離れ離れになった経験から父になる自信を失ってしまう亮太だが、真の''家族''を求め、兄の章一と父を探す決意を固める…



幼かった頃の記憶というものは
とても曖昧なものでもあるし
それでいて、とても繊細に覚えているものでもある。


特に、側にいた人間の言葉というのを
真っ直ぐに信じてしまう幼少時代のあの頃の記憶というものは


いくら大人になっても
月日が経って歳を重ねても

脳裏にこびりついて離れないものだろう。


離れ離れになる父が発した

「必ず戻る」

という言葉を信じて待ち続けた兄弟の
父へのやるせない感情と、どうしようもなく恋しい気持ちというものは

子どもにとって、兄弟にとって
永遠に忘れられない約束であるんだと感じました。





''家族のかたち''というものは
本当に、その家族それぞれのもの。


模範的なものなんてないし
正解もなければ
不正解もない。



母親がいないとか
父親がいないとか
子どもにとってはどうしても周りと比べてしまって、気になってしまう部分かもしれない。


幼い子どもにとって
親同士の詳しいいざこざや
離れてしまう理由を完全に理解することは
難しい。


いなくなってしまった方の親を恨んでしまったり。
マイナスな感情が生まれてしまうこともあるだろうし、
子どもの頃の「どうして?」を放ってそのままにしてしまう人の方が多いんじゃないんだろうか。



そんな中でも
この物語の兄弟は
父の失踪の理由やおぼろげな背中を追い求めて
時にはぶつかり合いながらも

自分たちの「父親」を探すために動いた。



そんな兄弟ふたりの姿は
とても健気でもあるし、父を探す中で
本当の「自分」を探しているようにも見えた。




波間に浮かぶ橙色の夕日と
兄弟のでこぼこな、たくましい姿。




本当に、綺麗な映画を観れたと思いました。
ずっと我慢して溜めていた涙がこぼれ落ちた時のあの感覚を、優しく教えてくれるような作品だった。




主演の井浦新さんは
穏やかで優しい雰囲気の中に、細やかな感情の揺れ動きを映像に通して見せてくれていた。

井浦さんの瞳のなかには色んなフィルターをかけられる機能、みたいなのものが見えて
俳優として、見習わなければいけない部分があるなと。


大橋彰さんの演技というものには
良い意味でとても裏切られた。

普段、芸人としてのステージからは想像のつかない情熱的で心が潤んでしまう演技には、驚いた。

兄・章一の不器用でちょっぴりずるい部分を持った人間をこんなリアルに表現できるんだと感動しました。




この物語は
監督の横尾初喜さんの地元・長崎での実体験に基づいてつくられたオリジナルストーリーということで


港町、長崎がつくりだす平穏さと
その中に生まれる人の温かさ


そして
そのゆるやかさに隠された
人と人の間にある我慢や鬱憤、疑念

というものを美しく、繊細に描かれていた。





この作品はオール長崎ロケだそうで
長崎県の人々の協力や温かさが映像からも伝わってきて、とても良かった。




6/21(金)〜
長崎で先行ロードショーされるみたいです。


7/6(土)〜
全国ロードショー



家族や自分を見つめ直していく、
あったかいきっかけになるのではないかと思います。皆さまぜひに、




さ、週末を楽しみましょう



では


#映画
#映画館
#こはく
#井浦新
#大橋彰
#アキラ100%
#長崎



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20
22歳、映画オタク。《ライター・タレント・俳優》映画「咲-Saki-阿知賀編」船久保浩子役・静岡明日テレビ「コピンクス2020〜港と僕とトリロジー〜」物語構成・「リクナビNEXT 転職のそばに」HP出演 ※ご依頼はこちらmanagement@lil.tokyo

コメント2件

ついこの間この映画の予告をユーロスペースで観たよ。井浦新主演ということで気になっていた。彼、若松孝二の作品やその盟友の足立正生の作品などに数多く出演していて、硬派なイメージがあり好感持ってる。若松プロを描いた「止められるか、俺たちを」では若松監督本人役だった。含みある演技が上手いよね。アキラ100%は役者としては知らないけれど、たまのこの映画評を読んで俄然興味湧いたよ。他、嶋田久作や寿大聡、鶴田真由、石倉三郎、鶴見辰吾、木内みどりなど脇も豪華。監督の奥さんエンクミも出ているんだね。
予告は夕日が印象的なセピア調で、どことなく懐かしくも優しい雰囲気が漂っていたけれど、映画の内容もそんな感じなのかな。

「万引き家族」をひくまでもなく近年”家族”を主題とした映画が数多く送り出されていて、一口に”家族”と言ってもたまの言うように様々な様態があるけれど、人の繋がりの基本となるものだものね。だからこそ難しくも奥深くもあるよ。

映画の公開楽しみにしてる!ホームグラウンドの一つユーロスペースなのも嬉しいな。
おはようございます。
最近、映画を観た際に自分が同様の立場だったら・・・なんて考えることが多くなり、このブログも「自分だったら父を探しに行くだろうか?」なんて考えながら読まさせていただきました。
でも兄弟は父を探す決意をしたんですよね。映画だからそのようなストーリーなのはわかっていても、実際を考えるともの凄く勇気のいることだろうなと思います。
人それぞれに理想の家族像があると思います。でもそれぞれの事情で理想とはかけ離れたりして・・・
「家族のかたち」という言葉で、ふと「湯を沸かすほどの熱い愛」を思い出しました。
それと大橋彰さん、大橋さんの演技はわかりませんが、芸人さんって己をさらけ出して人を笑わせるせいか、素人目線ながらどの方も演技上手いですよね。
私なんか遊びで演技しても、さらけ出せない性格な為か全然ダメで、なりきれてないとつっ込まれたことがあります(笑

それでは莉乃ちゃん、素敵な週末をお過ごしください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。