見出し画像

ノーベル平和賞候補になったというWHO

昨日、これまで一度も取材を受けたことのない大きな新聞から、「WHOがノーベル平和賞になっているので、もし受賞したら識者としてコメント取材をしたい」と連絡をもらった。

WHOがノーベル平和賞候補にあがっているというのは初耳だった。

毎年のように「ノーベル賞候補」とメディアに書かれ、2018年についに本当にノーベル医学生理学賞を受賞した本庶先生からも、ノーベル賞は候補に上がっていることを本人にすらはっきり知らせることはないと、受賞以前から聞いていた。

それなのに、なぜこの新聞はノーベル平和賞候補者を知っているのだろうか。

この続きをみるには

この続き: 1,307文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
最近は新型コロナときどきワクチン、その他あれこれで、頻繁に記事を更新しています。これを機会に是非ご購読ください。

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医…

新型コロナウイルス流行中につき、現在、超高頻度で記事を更新しています!

noteで私が発表する記事がぜんぶ読める基本のマガジンです。継続的に執筆を応援してくださる方、私の書いた記事を大体ぜんぶ読みたい!という方…

わたしの書いた記事や科学・医学のニュースのまとめを適当にセレクトしてちょこっとお届けするマガジンです。わたしがnoteに書いた記事をぜんぶ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
11
医師・ジャーナリスト/ 2020年8月『新型コロナから見えた日本の弱点 国防としての感染症』を刊行しました

こちらでもピックアップされています

文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
  • ¥10,000 / 月

「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。引用の際には出典のご記載をお願いします。