見出し画像

人工知能(AI)を駆使した「噂の監視」

WHOは新しい感染症の発生に関する「噂の監視」を行っています。AIを駆使して行われるその監視システムによって拾い上げられる噂の数は月7000件。誰がこの監視に参加し、どのように行われているのか。資金はどこから出ているのか。国防問題としての感染症対策の基本となる「噂の監視」についてルポ。

テドロス氏とWHO改革
アメリカCDCとは何者なのか
WHOが中国に許した26日間のリード
WHO、進藤奈邦子さんの思い出
AIを駆使した「噂の監視」

この続きをみるには

この続き: 2,437文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】のバックナンバーです。定期購読していなかったけれど過去の記事をお得にまとめて読みたいという声に…

または、記事単体で購入する

人工知能(AI)を駆使した「噂の監視」

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです!

スキありがとうございます。
18
医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。

こちらでもピックアップされています

文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
  • ¥10,000 / 月

現在ほぼ毎日記事を更新しています。「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。引用の際には出典のご記載をお願いします。