見出し画像

WHO抜きでパンデミックは終わるのかー②米国疾病予防管理センター(CDC)とは何者なのか

この記事は、WHO抜きでパンデミックは終わるのか―①過去2回の事務局長選とWHO改革の続きです。コロナ流行以降、耳にする機会の増えた米国CDC。最近では「日本版CDCがあれば」などというフレーズで注目されるようになっていますが、CDCは感染症対策を包括的に担う「諜報機関」であることはご存知でしたか?中国やWHOにただ責任を問うだけの記事や投稿が目立つなか、問題を根本から理解するためにぜひ読んでいただきたい記事です。

米国疾病予防管理センター(CDC)は、疫学調査からワクチン開発、パンデミックやバイオテロ時の実務まで、感染症対策を包括的に担う「諜報機関」である。

この続きをみるには

この続き: 2,918文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
新型コロナウイルス流行中につき、現在はほぼ毎日記事を更新しています!

現在ほぼ毎日更新中。noteで私が発表する記事がぜんぶ読める基本のマガジンです。継続的に執筆を応援してくださる方、私の書いた記事はぜんぶ読…

いま新型コロナの記事で頻繁に記事を更新しています。ぜひこれを機会にご購読ください。

現在ほぼ毎日記事を更新しています。「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係…

または、記事単体で購入する

WHO抜きでパンデミックは終わるのかー②米国疾病予防管理センター(CDC)とは何者なのか

村中璃子 Riko Muranaka

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

実質無料の記事もありますが、正しい情報発信を続けていかれるよう、購読・サポートで応援していただけると嬉しいです。

スキありがとうございます。
13
医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。

この記事が入っているマガジン

文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
文系女医の書いて、思うこと。【プロフェッショナル】
  • ¥10,000 / 月

現在ほぼ毎日記事を更新しています。「文系女医の書いて、思うこと【プロフェッショナル】」では、執筆やメディア出演の舞台裏エピソードや医療関係者向けの特別記事や資料を「文系女医の書いて、思うこと。【スタンダード】」にプラスして書いていきます。引用の際には出典のご記載をお願いします。