freeeからログラスの一人目人事になった話と今後の人事キャリアの話
見出し画像

freeeからログラスの一人目人事になった話と今後の人事キャリアの話

rika

初めまして。りかです。「いつかおしゃれな人事note書くぞ!」と思ってはや半年、気づけば2021年もあと半月しかないことに気がつき慌ててnoteを開きました。1年も本当にあっという間ですね。(ガクガクブルブル)

先月まで、freeeという中小企業の経営プラットフォームを目指す企業にて人事採用として働いていました。そもそもfreeeには骨を埋めるつもりで入社しており、特に採用担当であるエンジニア事業部とは毎週飲みに行っていたぐらい楽しい日々を送っていたので、「転職する」と周りに伝えた時はいろんな人に驚かれました。

多くの方からご質問いただくので、この記事で

・なんで転職を考えたのか
・なんでログラス(シード期ベンチャー)なのか
・今後の人事のキャリアどう考えているのか

についてお話ししていこうと思います。

その前に

「そもそもあなた誰やねん」とお思いのあなたに向けて、3秒でわかるりかさんを記載してみます。

この人です。初めていいねが900件を超えて、あと少しで1000件です。
iPhoneが鳴り続けて、壊れたのかと思いました。

なんで転職を考えたのか

正直にいうと考えていなかったです。全く。
そもそもログラスと初めて出会ったのは今年(2021年)の頭で、その時も「他社の採用ってどうやってるんだろうな?」と思い社外の人と会う頻度を増やしていたときでした。

最初に面談した時もCTOの坂本に「私今本当に(転職を)考えていないので、それでもよければ・・」とまで言ってカジュアル面談したのを覚えています。(よく会ってくれたな・・)

で、そこから半年以上定期的に連絡をくれ、「なんでりかさんじゃないとダメなのか」もお伝えいただき、だんだんと自分の今後のキャリアについて考え始めたというのが経緯でした。

freeeは本当に大好きな会社で「また戻ってきます!」と別れの挨拶の時に伝えているぐらいなので(これ初めて外に出したので、今きっとログラス社員は驚いているでしょう)、会社のカルチャーも社員も本当に素敵でした。

ただ、
freeeでは採用人事として入社しており、今後も採用のお仕事がメインであることや、スカウトでの採用が中心であり日々スカウト活動に奮闘している時に、「自分は今後何になりたいんだろう」と考えたのがきっかけでした。

私自身は人事としてのゼネラリストやマネジメントを中心としたキャリアを歩みたいタイプだったので、その時にログラスの「一人目人事」の提案が胸に響いたのかもしれません。

スクリーンショット 2021-12-14 18.34.11

※2020年のWantedlyアワードを受賞した写真。かなりスカウトコミットしていました。

なんでログラスなのか?

そんな中、なぜログラスを選んだかですって?ポイントは3つです。

・シード期ベンチャーで成長スピードが速い
・ドメインのポジショニングや会社の目指すミッションが魅力的
・社員の採用への意識やコミットが強い

シード期ベンチャーで成長スピードが速い

私のオファー面談の時に、ALL STAR SAAS FUNDの方がログラスの成長を絶賛されていたのが印象的でした。
特に

ほとんどのSaaS企業がプロダクトのACV(年間契約金額)で1,000万円を超えるのに4〜5年かかる中、ログラスはたった3ヶ月で達成した。

という前田ヒロさんのコメントやこの1年でのログラスの数々の受賞歴が物語っているなと感じた点です。

私自身、IPOして株価も順調に伸びているfreeeから出る決断だったので、今後の成長や市場からの評価は非常に慎重に見ており、Factや受賞歴、PMFなどは注意深く見ておりました。

ドメインのポジショニングや会社の目指すミッションが魅力的

ログラスが目指すミッションが「テクノロジーで、経営をアップデートする。」であり、予実だけではなく今後経営に重要な「ヒト・モノ・カネ」の未来を見通すプロダクト開発を目指しています。

経営管理領域は私もあまりが経験がなくピンときていなかったのですが、
実は財務会計周りよりも市場が大きく、ドメインペインの経験を持っている方が少ないので、実はこのミッションを掲げていてこのドメインポジショニングをしているのは、ブルーオーシャンだったりします。

スクリーンショット 2021-12-14 17.36.50

私自身、さまざまなフェーズや業界の企業の経験を経てやはりドメインのポジショニングが大切だと痛感していたこともあり、ログラスのドメインやミッションに興味を持ちました。

社員の採用への意識やコミットが強い

ログラスは「全社採用」に取り組んでおり、毎朝全社員での採用活動から始まります。
それも、皆自分の事業部を超えて「この人どうでしょう?」とお互いコミュニケーションしながら「今ログラスに来ていただきたい方」を一緒に探しています。

ちなみに、よくスカウト媒体から社長名だけど人事がスカウトを送っているあるあるがあると思いますが、ログラスは本当にCEOの布川がスカウト送ってます。

スクリーンショット 2021-12-14 17.52.50


※朝からスカウト頑張るCEOと私が入社してできた「りかさん」スタンプ

特に選考の時にCSの矢納から
「私たちはこれからも採用にコミットしていきたいので、事業部と連携した採用活動をしてくださいますか?」と質問された時に衝撃が走ったのは今でも覚えています。

全社での採用達成に向けて、人事としてみんなが伸び伸び採用活動ができる環境を整える仕事は、一つの手法を極めるのではなく、採用の全体設計にコミットできるので私にとても向いていたなぁと思いました。


今後のキャリアについて

大前提、ログラスが前職をこえて国内メガベンチャーになる未来に向かって私も全力で走っていきます。
今後大きな企業になって、より多くの企業の時価総額や日本経済に大きな貢献をしていくためです。

また、私個人の今後のキャリアとしては
会社の看板なしでも「りかさんに頼みたい」と言われる人事としてのブランディングと実績
をテーマに進んでいこうと思います。

最近様々な企業の方とお話をして、
ベンチャー企業やスタートアップでより採用や制度設計にお困りのお声を実感しています。

また、日本は今後更なる少子高齢化と働き方改革で労働人口と労働時間がシュリンクしていくので、より採用はどの企業もぶつかる課題になっていきます。
それでなくても採用や人事は答えがない領域なのに、毎年採用手法はアップデートされ新しい方法も出るので、どれだけ多くの知見を持った人事になれるかが分かれ目です。

今月も早速ATSの導入やpodcastデビューを果たしましたが、今後も前例の少ない手法へのチャレンジや、実績が出る手法の体系化を進めていきます。

最後に

色々と書きましたが、私の入社前に一気に採用が決定したようで
入社したらすごい数の採用目標数になっていました。
日々答えがない中でいろんなチャレンジをしているので、かなり脳の筋力もつくなぁと新鮮な気持ちで働いています。

興味を持ったそこのあなた、会社のフォームでも私へのTwitterでもなんでもお気軽にご連絡ください。

自分で言うのもなんですが、かなり面白い会社だと思います。
社員の経歴もキャラも濃いので、楽しい時間になることは保証できると思います!

じゃあ、カジュアル面談でお会いしましょう!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
rika
りかさんです。 シード期スタートアップ企業で一人目人事をやっています。 好きなお酒はサッポロと一番搾りで、好きなタイプは川上洋平さんです。