マガジンのカバー画像

【NEWS】リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜

213
社会について、思う存分語れる場所がありますか? いろいろな社会問題について知り、理解を深め、誰かとつながることによって、いま自分にできることを考える。 みんなの部活動「リディ部」… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

リディ部〜社会問題を考えるみんなの部活動〜 noteが始まります!

「リディ部」公式noteを立ち上げました! こちらの記事では、まずは自己紹介として、リディ部…

【#わたしの参院選2022】開票速報をみんなで見ながら話す会〜どんな気持ちで、どう過…

7/10(日)、21:00〜22:00に開催! ライブ勉強会シリーズ「”政治への無関心の打破”をめざして…

"コンドーム伝道師”と共に考えよう。性について伝えること【リディ部ライブ勉強会】2…

「コンドームというアイテムの重要性はよくわかりました。ただ、コンドームって一体どんなもの…

「なぜ君」「香川1区」大島監督と考える選挙・政治のあり方〜灼熱の選挙戦から見えた…

ついに先日公示となった、第26回参議院選挙。前回の第49回衆議院選挙の投票率は55.93 %と、投…

縄文時代から続く里山、石徹白には何があるのか?250人の集落で起こった「おだやかな…

都会で築いたキャリアと便利さから、向かった先は? 特定非営利活動法人地域再生機構 副理事長…

元BLOGOS編集長とメディアの課題を考える会〜何が課題?解決するためには?〜【リディ…

2022年5月31日、LINE社が提供する言論サイト「BLOGOS(ブロゴス)」がサービスを終了。2009年…

「政治の話はタブー」?VOICE PROJECTから見えた”声の力”【参院選直前・シリーズ勉強会Vol.2】

6月22日に公示、7月10日に投開票が予定されている、第26回参議院選挙。前回の第49回衆議院選挙の投票率は55.93 %と、投票率の低さが指摘されており、政治への無関心が問題視されています。 一方で、「コロナ禍で政治と生活との関係を意識することが増えた」「自分は政治に関心があるが、周囲の関心が低いのが気になっている」という方も多いのではないでしょうか。 「政治への無関心の打破」をめざすシリーズ企画第2回目のゲストは、「VOICE PROJECT」発起人の一人である関根光才さ

スキ
1

みんなで観て、語る!『香川1区』オンライン上映会〜「政治参加型ドキュメンタリー」…

6月22日に公示、7月10日に投開票が予定されている、第26回参議院選挙。前回の第49回衆議院選挙…

忘れられない5つの◯◯〜あべとしきのルーツ大公開!〜【リディ部・マンスリー総会】2…

リディ部の部員一人ひとりがいま挑戦していることについて発表したり、その発表などから自分ら…

「ずるい言葉」って、なんだ?〜良心のかたちを点検する〜【リディ部ライブ勉強会】20…

「友達にいるからわかるよ」 「私には偏見ないんで」 「あれもこれも言えないとなるともうなに…

【特別ご招待】アート、自然、交流。子どもにとっての「体験」の意味とは?〜「旅する…

旅して、出会って、触れたもの。子どもたちが得た体験を聞く! 2022年4月、リディラバは「子ど…

【参院選直前】「政治への無関心の打破」をめざすシリーズ勉強会を実施します!

6月22日に公示、7月10日に投開票が予定されている、第26回参議院選挙。 前回の第49回衆議院選…

[ベテラン医療ライターに聞く!]取材から見えた女性の体の悩みと社会課題【リディ部…

「大山加奈が語る、不妊治療の末の双子の妊娠・出産『心音計を手放せなかった』」「余命宣告に…

人の尊厳を奪う、性暴力被害の実際〜プロセスと被害者への影響〜【リディ部ライブ勉強会】2022.6.2

いま日本の映画業界をはじめ、国内外で広まっている性暴力告発の声。今回リディ部では、改めて「人の尊厳を奪う」といわれる性暴力被害の実際に迫る勉強会を開催します。 ゲストにお呼びするのは、書籍「性暴力被害の実際ー被害はどのように起き、どう回復するのか」の著者である、齋藤梓さん(目白大学心理学部心理カウンセリング学科准教授)。被害者支援に関する教育と研究、支援団体での活動などをされており、現在行われている性犯罪刑法改正の会議では委員も務めています。 多岐にわたる性暴力の加害プロセス

スキ
3